Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 28/09/2022 13:13:03
法人番号:7030001062930

株式会社ブラウニー

「減築」の発想から生まれた接着技術。「オールオーバー工法」。

オールオーバー工法とは、携帯型IH加熱装置を用いて電磁波による接着と剥離が簡単に行える工法です。携帯型IH加熱装置は研究に研究を重ね、より軽量で安全性の高い製品に進化を遂げました。それによって使う人を選ばない画期的な工法が生まれました。オールオーバー工法は、無振・無騒音で養生不要!しかも秒単位で接着・剥離作業がスムーズに進められる効率的な施工・加工法です!「貼って」「はがして」「また貼れる」無駄が少なく環境にやさしく、操作が簡単で作業者にもやさしい工法です。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

オールオーバー工法は、無振・無騒音で養生不要!しかも秒単位で接着・剥離作業がスムーズに進められる効率的な施工・加工法です!
解体性接着工法の原理
施工原理プロセス
高周波電源より加熱コイルに電流を流すと、コイル周辺に磁力線(交番磁界)が発生します。
磁力線(交番磁界)が接着材料を透過して加熱材(金属板、アルミ箔)まで到達します。
加熱材の内部では、渦電流による発熱が生じます。
オールオーバーテープの加熱材はホットメルトを溶解温度まで加熱します。
接着材料が冷えるまで圧締をすると接着終了です。
オールオーバー工法の精度性能
1.標準接着時間
2.7mm 合板	接着 0.5秒
6mm 合板	接着 1秒~2秒
9mm 合板	接着 3秒
12.5mm 合板	接着 4秒

2.接着出来るもの
接着剤の選定により、金属・セラミックス・木材・樹脂・ガラス・窯業製品・布・各種シート段ボール・食器等が接着出来ます。

剥がす場合
上記秒数にプラス1~2秒で剥がれます。また修正も出来ます。
修正する場合
上記秒数にプラス1~2秒で修正も出来ます。
※注意事項
接着・剥がす前に試験体で照射時間のテストをして、照射時間を確認してください。
外気温により照射時間が1~3秒 ± します。
照射したら4秒前後押さえてください。
照射後30秒後に次の工程の作業が出来ます。
接着確認のため、試験体は手で剥がしてご確認ください。
オールオーバー工法のメリット
技術者不要
タイル張り、溶接技術などの専門技術が不要となり、誰にでも施工が可能になります。
失敗OK
再度加熱すると簡単に剥がせるので、何度でもやり直せます。
納期短縮
養生などの前工程、乾燥などの後工程が不要となり、短時間で施工できるため、納期が大幅に短縮されます。工場では生産ラインに接着が組み込めます。
軽量化
接着剤は軽量なアルムテープ式。コンクリートや金属を使わないのたま軽量化が図れます。それによって女性や高齢者など力の弱い方も作業ができるようになります。
安全
アイロン型ですが熱はありません。IHは下を向いているので人体にも安全です。
廃棄物を減らし、資源を再利用
大切な資源を壊さず、元の状態に戻せるのが本技術の最大の特徴です。
無騒音・無振動
養生不要
5分経過後、次工程の作業が出来る

Catalogue/Pamphlet/Proposed

弊社パンフレット.pdf

過去の実績.pdf

新聞記事掲載.pdf

Other presentation

【事業内容・特長】
「オールオーバー工法」
オールオーバー工法とは、携帯型IH加熱装置を用いて電磁波による接着と剥離が簡単に行える工法です。携帯型IH加熱装置は研究に研究を重ね、より軽量で安全性の高い製品に進化を遂げました。
・IH機器及びIH対応商品の開発と製造・販売
・開発商品の需要の創出とIH仕様指定の獲得
・依頼を受けた既存商品、既存施工物、既存構築物の解体・分離・剥がすシステムの開  
 発提供
・解体・分離・分別・剥がすシステムについてのアドバイス
・受託、家具、建材開商品化
・上記に付随する業務とアドバイス
携帯型IH加熱装置とは、IHコイルを内蔵した携帯用アプリケーターをアイロンのように当てて接着剤を溶かし、金属や木材、樹脂など幅広い素材を接着したりはがしたりできる装置です。接着場所に応じて形状が異なる加熱コイルに取り換えられるため、異なる材質のものを貼り合わせることも可能になりました。

【主要製品・技術・商品・サービスの概要・活用事例】
オールオーバー工法は、「減築」の発想から生まれた接着技術。
「貼って」「はがして」「また貼れる」→ 無駄が少なく環境にやさしい。
工事の内容に応じて付け替えられるコイルの形状は無限。角形のコイルを使えば、直角の立ち上がりや壁と床の四隅にも当てられます。
①100v兼用コイル着脱IH機
(円盤型)
コイル着脱式01円盤型タイプ/電源:140×115×58/アプリケータ:92×150×84
コイル:92×92×18
(角型)
コイル着脱式02角型タイプ/電源:140×115×58/アプリケータ:92×150×84
コイル:180×40×25
②100v携帯用IH機
スタンダードな汎用タイプ/電源:140×115×58/アプリケータ:97×165×98
電源:140×115×58
③電池式IH機(コードレスタイプ)
女性、高齢者、仮付け、ご家庭での使用を想定/180×210×85
④接着用テープ

【知的財産(特許・実用新案等)の出願・取得】
電磁誘導加熱装置
電磁誘導加熱装置(アメリカ合衆国特許取得)
電磁誘導加熱装置(大韓民国特許取得)
オールオーバー
誘導加熱テープ
電磁誘導加熱取付方法及びその装置
過熱蒸気発生装置及び方法過熱蒸加工法
電磁誘導加熱装置接着方法及びその装置、加熱ヘッド
積層材製造システム及び方法と積層材
電磁誘導加熱装置、電源側ユニット加熱ヘッド
コンクリート面への部材取付方法及びそれを用いた吊り足場
電磁誘導加熱加工装置
電磁誘導加熱ヘッド及び加工装置
被加熱体の加熱方法及び加熱
着脱式電磁誘導加熱機

【表彰実績・メディア掲載実績】
・日刊工業新聞に掲載されました
 11月1日発刊の日刊工業新聞にブラウニーのIH式接着・剥離装置が紹介されました。
・日刊工業新聞に掲載されました
 日刊工業新聞2022年8月4日号に当社のIH接着・剥離装置が掲載されました。

【大手企業との取引実績・開発実績】
1.住宅公団(現UR)外公共住宅指定された組み立て式下駄箱・釣り戸棚・洗面化粧 
  台が公共住宅に採用
2.パナソニック生産ラインの熱源として採用
  暖房カーペットの生産の蒸気固定多段式プレス生産方式をIH加熱による非接触熱
  源でライン生産に切替えるため、パナソニックさんと共同開発しました。
3.ショーボンド建設との下水道工事法の共同開発
4.神戸製鋼所の自動車躯体・付属品等の取付法の開発
5.組立式木製ドア:埼玉県住宅供給公社で採用されました。

【海外企業との取引実績・開発実績】
1.電磁誘導加熱装置(アメリカ合衆国特許取得)
  特許 第 4155884
  東京電機大学、外と共同出願 IH機器

2.電磁誘導加熱装置(大韓民国特許取得)
  特許 10-0615275
  スマートコーポレーションと共同出願 IH機器

【代表者メッセージ(今後の販路開拓に向けた取り組み、ジェグテックの活用意向等)】
弊社は、
50年後の社会と子孫のために、優しい環境 を護り育て、後世に引き継ぐ技術開発とシステムを構築します。廃棄物の削減・再利用・資源化し、100年後の世代に感謝される製品・システムを創り、貴重な地球資源を後世に継承します。廃棄物の再利用・再資源化・無騒音・無振動による工法を提案し、家庭・老若男女問わず作業でき、後世に環境負荷を残しません。
「商品化の研究開発・商品化の基本工程」
解体・剥がす・分離・廃棄物の削減・再利用・再資源化が確立したものを再確認のうえ商品化します。
「共同開発者募集中」
弊社の基本理念を理解の上、この研究開発を一緒に遂行していく企業、開発者を随時募集しております。オールオーバー工法の普及と発展は地球環境に考慮し、多くの人々の生活の利便を図る大変やりがいのある技術者冥利につきる研究開発です。
高い志をもつ技術者、開発者の方をお待ちしております。

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 関東本部

SDG Actions

産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを
つくる責任 つかう責任
Inquiry