Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 17/12/2021 15:49:05
法人番号:8010105000820

富山高等専門学校

低エミッションを実現する高機能フッ素不溶化資材

低濃度フッ化物イオンを安定な鉱物として不溶化できる資材の開発しています。排水や汚染土壌中に含まれる低濃度(数mg/L)のフッ化物イオンを、天然に存在する安定な鉱物であるフッ素アパタイト(FAp)として鉱物できる、リン酸カルシウム(DCPD)をベースとした資材です。DCPDは食品添加物や肥料としても利用されている安全な物質であり、安全・安心な処理を可能とします。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

開発製品/技術について
特徴・ポイント
・pH4から10程度の広いpH範囲で、pH調整無しで資材添加のみでフッ化物イオンをFApとして不溶化します。
・FApは天然の鉱物として存在する安定な化合物であり、汚染土壌不溶化においては500年の長期安定試験をクリア。
 実汚染土壌においても3年以上の安定した不溶化を確認済みです。
・DCPD単体では実現できなかった高速処理等を、粒子表面にナノスケールの前駆体相を誘起させたナノハイブリッドとすることで実現可能になりました。
 フッ素以外にも鉛,カドミウム等の重金属類の同時不溶化可です。
・フッ素排水処理において、従来の凝集沈殿法に比べて、添加薬剤量、発生する汚泥量ともに少なく、汚泥の沈降・濾過性にも優れ、汚泥からのフッ素の再溶出も抑制することでエミッションの削減可能です。
・水処理において、従来法とくらべて30%のコストカットを実現可能です。
主な実績
・チヨダウーテ(株)からフッ素不溶化資材「Fクレスト」として製品化しています。
・フッ素不溶化資材として、国内外の特許登録完了(特許5584915号、米国特許8,333,908など)
NEDO事業の概要
平成16年度産業技術研究助成(若手グラント)「フッ素との特異な反応性を有するバイオミメティックナノ表面材料開発による、持続的資源循環ソリューションの構築」から、平成19年大学発事業創出実用化研究開発事業「環境浄化に適したリン酸カルシウムの製造技術と応用技術の構築」により、高機能フッ素不溶化資材を産学連携で継続して実施。平成20年に第3回モノづくり連携大賞特別賞受賞。
Inquiry