Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 19/11/2021 08:55:16
法人番号:5020001124659

Social Healthcare Design株式会社

Well-Being度(健幸度®)の測定及び個別最適化意思決定支援システム(特許取得済)

ココロ・カラダ・キズナの健康からWell-Being度(健幸度®)を測定し、更にパーソナリティを加味した個別最適化意思決定支援を自動化します。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

Well-Being経営支援事業
組織の幸せ(利益)と個人の幸せの両立を目指す
Well-beingな状態というのは、組織も個人も共にパフォーマンスが最大化している状態です。
二律背反でななく、両方を狙うためにどうしたらよいのか、まずはコンサルティングからご相談にのれます。

Catalogue/Pamphlet/Proposed

協業プロジェクトのご提案.pdf

Video

Well-being経営に必要不可欠な考え方
Last update:19/11/2021
ビックワードに振り回されることなく、正しく判断しましょう。

Other presentation

【事業内容・特長】
弊社では「一人ひとりに最適なヘルスケアを提供するプラットフォームを構築」しております。
未病産業全体において動機付けが最大の課題であり、現状は各企業で個別に多額のマーケティングコストをかけています。これを抜本的に解決するためには、興味関心が変化しやすい未病者に寄り添う為のプラットフォームが必要になります。寄り添いながら、動機付けしていきます。
弊社では日本でトップクラスの専門家らと共に2年半の基礎研究をすすめ、学術ベースで未病者全員に通用する動機付け理論を構築し、それに基づいたシステムのプロトタイプを構築するに至っております。特許も取得しております。
今後は協業パートナーを募り、理論の効果検証をしながら、ヘルスケアへの動機付けを個別最適化して行える地域軸でのプラットフォーム構築を目指しています。

【主要製品・技術・商品・サービスの概要・活用事例】
現在ネイティブアプリと管理画面のプロトタイプが開発されています。
アプリでは、最初に87問の設問に答える事で、ココロ・カラダ・キズナの健康と、総合的な「Well-Being度=健幸度®」、自分のパーソナリティを見える化しています。また、アンケートの回答に応じた個別最適化動機付けコンテンツも届きます。
管理画面では、アプリに答えてもらった人の状態を様々な切り口で把握するため表示機能だけでなく、パーソナリティやライフステージを加味した個別最適化動機付けコンテンツのディタもついています。
当該システムを活用する事で、未病者の興味関心に寄り添ったアプローチが可能になり、ココロ・カラダ・キズナの健康バランスの重要性へ意識を向けるきっかけを作っていく事が可能になります。
当該プロトタイプを活用し、オリジナルのアプリをカスタマイズして納品する事も可能です。

【知的財産(特許・実用新案等)の出願・取得】
<特許権:パーソナリティを加味した個別最適化動機付け>
特許第6450986号 「ヘルスケア支援サーバ、ヘルスケア支援方法、及びコンピュータで読み取り可能なプログラム」 発明者:亀ヶ谷 正信
<特許申請中:パーソナリティを加味した健幸度®の測定>
特願2018-246890 「サーバ装置、情報処理装置及びプログラム」  発明者:亀ヶ谷 正信、西根 英一
<商標>
「健幸度®」

【証明・許認可取得】
Pマーク

【表彰実績・メディア掲載実績】
相鉄高島屋アクセラレーションプログラム 2019採択(6社)
横浜市YOXOアクセラレーションプログラム 2021採択

【大手企業との取引実績・開発実績】
相鉄ビルマネジメント御中 他

【代表者メッセージ(今後の販路開拓に向けた取り組み、ジェグテックの活用意向等)】
弊社の立ち位置はあくまでも黒子として、未病者の動機付けを担っていく事で、ヘルスケアが自分事になる未病者を増やしたいと考えております。一方で弊社知見を活用した各企業固有のシステム開発受託も積極的に受けております。もし具体的にシステム構築をご検討されているようでしたら、是非、ご相談ください。ココロ・カラダ・キズナの健康に関わる、普遍的なフレームにのっとった新しいフレームを提供し、新たな視点、視野、視座を提供する事が出来ると考えています。

Inquiry