Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 02/04/2021 18:32:43
法人番号:6130001047245

株式会社ルネッサンス・エナジー・リサーチ

エネルギーの分野で高度な触媒技術とメンブレン技術を展開

バイオガス用の高性能CO2分離膜について、量産化可能な大規模成膜化及びミニモジュール化の開発に成功し、それらを用いて得られた膜性能で事業化を目指しています。
CO2分離膜をバイオガスに適用する事で、エネルギー消費の少ない小型・高効率で安価なCO2分離装置を開発・実用化することができれば非常に大きなビジネスチャンスになると考えています。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

CO2選択透過膜(促進輸送膜)によるCO2分離・回収法
開発製品/技術の概要
• バイオガスは、大量に含まれるCO2を除去すればメタン主体の良質な燃料になるが、既存CO2分離技術(膜方式以外)は高価・大型設備が必要であり、普及の障壁となっていた。
• また、エネルギー多消費型プロセスであるため、CO2除去の段階でバイオガスの優れた環境特性を損なっているのが実態であった。
• 本技術は、CO2分離膜をバイオガスに適用することでエネルギー消費の少ない小型・高効率で安価なCO2分離装置を開発し、バイオガスの有効利用を促進するものである。
特徴・ポイント
• CO2選択透過膜(促進輸送膜)によるCO2分離・回収法では、数十ミクロン程度の薄いMenbrane(メンブレン)を介してCO2の吸収と放出を行わせる。そのためCO2吸収時に発生するエネルギーが放出のエネルギーに利用できることから、外部からエネルギーを供給する必要がない省エネルギープロセスである点が特徴となる。
• 既存CO2分離技術である「化学吸収法(主に大型化学プラント向け)」や「PSA(主に水素ステーション向け)」と比較して、エネルギー消費が小さくなるだけでなく、設備サイズや設備コストの点からも優位である。
マッチング先として希望する業種/業界と連携することで想定される利点
[エンジンメーカー、 新電力発電事業者]
バイオガス専用エンジンより、同社CO2選択透過膜(促進輸送膜)によるCO2分離・回収法を採用したバイオガスエンジンの方が低コスト(イニシャル及びランニング)であるため、バイオガス発電事業への新規参入が容易になる。
[下水処理場]
現在の下水処理場をメタン発酵設備にすることで小規模化が可能。

This company is recommended by the following support organizations.

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
Inquiry