Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 27/05/2022 08:13:55
法人番号:6011301023798

株式会社 Lightblue Technology

東大発AIスタートアップ Lightblue Technology

Lightblue Technology は、人にフォーカスした画像解析AI『HumanSensingAI』によってリアルの現場の安全管理や工程管理、おもてなしなど、人間が目で見て判断している仕事の機械化・省人化に貢献します。

Inquiry

人にフォーカスした画像解析”Human Sensing AI”は、骨格解析、顔向き推定、周囲にある物体検出、顔認識、属性判定、トラッキング、OCRなどのAI画像認識技術を組み合わせることで、人の動作・行動・状態を認識・分析し、人間並みの判断能力で現場の状況をリアルタイムに把握できます。 【業務効率化&安全性向上のご提案】  近年、人手不足が深刻化し、業務の効率化に対応することが強く求められています。Lightblue Technologyでは、現場作業者の作業内容を、AI(人工知能)により、工程毎、作業者毎など、細かく分析&数値データ化し、見える化することにより、業務の効率化を実現し、人手不足の問題解決に対処することを提案いたします。  これまでは、業務効率化の方策として、作業員が 「1日に何をどのように行っているのか」 など、具体的な手順と所要時間を書き出し、作業者の動作を観察、記録、分析して、「必要のない作業」、「手待ち作業」、「人によって時間に大きな差のある作業」などのムリ・ムダ・ムラがないか等を、人手によってチェックするといった方法が多く取られてきました。しかしながら、製造現場や建設工事現場において、工程毎、作業者毎に、作業の詳細内容や、手順、所要時間などを観察し、記録するには、膨大な時間と労力が必要になり、また現場管理者の負担も非常に大きく、なかなか思うように進まないといった現状・問題点がありました。  そこでLightblue Technologyでは、AI技術を導入することによって、この問題を解決し、「現場の管理をシンプルに!」を具現化し、短期間で、かつ容易に、現場の業務効率化を実現することを可能にしました。  Lightblue Technologyが今回自社開発した「ヒューマンセンシング AI」では、カメラで撮った現場の動画像を用意するだけで、その動画像から様々なデータを認識・分析し、現場での作業状況をリアルタイムに「数値データ化」できるようになるので、現場作業の「見える化」に要する時間を大幅に短縮することができます。これまでAI導入にあたり負担になっていた、大量の画像データを用意するといった作業の必要もなく、AI導入を極めて容易に、かつ短期間で実現することが可能です。  また、建設現場などでは、作業者の周囲でたくさんの工事用車両や重機が動いていたりし、思わぬ事故が起きる危険が潜んでいますが、「ヒューマンセンシング AI」は、人の動きと同時に、工事用車両や重機などの物体検知もできるので、危険物が作業者に接近していることを検知してアラームを出す!といったことなども可能で、現場作業の安全性向上にも貢献することができます。  さらに、姿勢推定、顔向き推定、感情推定などのLightblue Technology のAI技術を組み合わせることで、作業員の健康状態なども把握することが可能であり、様々な業種において、幅広くお使いいただくことができます。 【お問合せ先】   J-GoodTech担当  E-mail:info@lightblue-tech.com

 「文書検索AI」 は、情報抽出に特化したAI自然言語処理技術を用いて、ドキュメントの管理を行うことができるAIソリューションです。  法律文書や取扱説明書、WebやSNSなどからの情報検索や、チャットボットなどにおける自動応答を可能にし、調査・検索時間の大幅短縮を実現し、業務の効率化を支援します。  「文書検索AI」 は、新たな情報収集の手段を提供し、新しい働き方を演出する全く新しいサービスです。 【特徴】  ●事前学習を用いたモデルを採用することで、Q&Aに関する教師データは少量で学習可能  ●質問に対する答えを端的に抽出。また答えの根拠ページの提示も可能  ●5W1H型の汎用的な質問に広く対応可能 【学習モデルの作成】  大量に文書データによって事前学習されたBERTモデルと、本文に対する質問、回答データセットを教師データにして最終的な学習モデルを作成しています。(下図参照)  ※当社の情報抽出精度検証において、高精度の情報抽出能力を確認済みです。 =========================== 【お問合せ先】株式会社Lightblue Technology   J-GoodTech担当  E-mail:info@lightblue-tech.com  URL: https://www.lightblue-tech.com/ ===========================

Inquiry