Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 01/03/2021 09:20:14
法人番号:7190001018033

株式会社前田テクニカ

精密プレス・板金加工のすきまニーズにお応えします!

当社は、プレス板金加工における顧客の「困った」「面倒くさい」「あったらいいな」といった課題を提案力、技術力、管理力で解決できる企業になることで、顧客からの圧倒的な信頼を獲得することを目指す「課題解決型プレス板金加工業」です。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

試作1個から対応する少量板金
幅広い産業分野の開発案件に対応!
電機・鉄道・宇宙・防衛・医療・食品・住宅設備・オフィス家具など、ご相談実績は多岐にわたります。他社ではなかなか対応がしづらい難加工材(ジュラルミン、バネ材等)の試作や1個からの少量ロットにも対応しており、月産800アイテムを超える製品を取り扱っています。
最新設備を活用し、安定品質、短納期対応!
約40年に及ぶレーザー加工の実績と積み上げた加工ノウハウに、最新のパンチ・レーザー複合加工機、ネットワーク対応型ベンダーを加え、安定した品質と最短1日からの短納期対応を実現。さらに内製金型で特殊形状の加工にも対応します。
ツインロール成形機による円筒加工!
モータのファンカバーなど、円筒形状に成形するものを多数取り扱っています。ツインロール成形機を活用することで、円筒加工の工数削減と品質向上を実現。溶接を含め1~10個程度の構造品にも対応します。
2桁ロットにも対応!小ロットプレス加工
ハイエンド、ニッチ、高精度の小ロットプレス加工
プレス加工では、数千~数万ロットでの生産量が多いかと思いますが、弊社では多品種少量生産の特徴を活かし、プレス加工では珍しい「2桁ロット」での対応を可能にしています(得意なロットは3桁です)。
大量生産を見込んでいないハイエンドもしくはニッチな機種の部品で、かつ、プレス金型を活用した高精度、安定品質を要求されるもので多くの実績があります。
「NCT(タレパン)で量産するにはロットが少々大きい…」
「順送プレスで量産するにはロット少々少ない…」
といった場合は、前田テクニカにご相談ください。
最短2分の高速段取りで特急対応も臨機応変!
弊社のプレス機は全て単発加工機で、多種少量生産に強みを発揮できるよう工夫しています。
45tプレス機はQDC(クイックダイチェンジ)仕様となっており、最短2分(概ね5分以内)で加工段取りが可能です。そのため、特急対応にも柔軟に対応しています。また。金型・治具を内製していますので、製造各工程で合理化を図ることができ、効率的な多種少量生産にもつながっています
小ロットプレス加工の切り札 QDC金型
QDC(クイックダイチェンジ)金型は、一般的に取り扱いされているものですが、所有プレス機の半分以上をQDC仕様にしているプレス加工メーカーは希少です。QDC金型は、構造がシンプルなため一般的なダイセット金型よりも安価に製作できます。さらに弊社では金型を内製することで金型製作、メンテナンスの効率化を実現しています。

Catalogue/Pamphlet/Proposed

会社案内ビラ(1枚)_ver20200904.pdf

Other presentation

【企業の強み】
金属の板を「切って」「曲げて」「くっつける」精密プレス・板金加工を行う金属部品製造業です。
■試作1個から対応する少量板金
■2桁ロットにも対応する小ロットプレス加工
を特徴とする多品種少量生産で、産業向け、民生向け、個人向けを問わず幅広いニーズにお応えします。
(実績のある業界)
・重電・弱電・鉄道車両・住宅設備・食品機械・宇宙・防衛・医療機器・自動車など
小ロット部品の多様なニーズにお応えするため、少量板金における汎用加工と、専用型による小ロットプレス加工それぞれの加工法を織りまぜて最適な加工を提案する「まぜプレ」、最短2分の金型交換で小ロットプレス加工を可能にするQDC(クイック・ダイ・チェンジ)金型、さらには、鉄鋼、非鉄を問わず難加工材の加工に挑戦しているのも特徴です。

【活用している支援機関】
中小機構中部

This company is recommended by the following support organizations.

公益財団法人三重県産業支援センター
中小機構 中部本部
Inquiry