Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 17/04/2020 17:14:17
法人番号:3120001030989

精密工業株式会社

摩擦接合なら41年の経験と実績の精密工業でコストダウン

摩擦接合技術(圧接)・摩擦圧接技術による異材継手や各種部品の製造やロールシャフトなど産業機械用部品の加工や研削・鏡面研磨を行っています。摩擦接合の技術と出荷数量では日本でも有数の受託加工業者と自負しています。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

摩擦接合
製品長所
小径から大径(φ8~φ120)の断面積まで摩擦接合が可能なのは日本に数社しか無いうちの1社です。
品質管理体制も充実(超音波探傷試験、Heリーク試験、破壊試験、加重試験など)摩擦接合機械の維持管理も早々にISO9001:2015版に移行して品質マニュアルに従い遵守。異材の継ぎ手強度は評価方法を国に提案して2016春にJISZ3175に登録完了し他社との差別化を計っています。
用途
同種の金属素材を大小接合してローラーボス(S45C+S45C)などを製作すると材料費+加工費の大幅なコストダウン。また、異種素材を接合することでコストを抑えたポンプシャフト(SUS304+S25C)を製作して性能向上。溶接困難なSUS304+A1070(極低温流体配管ジョイント)、A1070+C1020(電力用圧縮端子)
小径、薄肉の摩擦接合
【小径圧接】
φ4程度の小径品が圧接できるようになりました。 
小径品の圧接は従来のφ10程度の圧接に較べ、推力が過剰になりやすく、また回転数が不足する問題があります。
当社では設備改良、接合条件改善を行うとともに関係先のご協力を得ることで、φ4程度の小径品が圧接できるようになりました。

【薄肉圧接】
φ10×0.9tからの薄肉品が圧接できるようになりました。
薄肉品の圧接は従来の2t程度の圧接に較べ、推力やクランプ圧が過剰になりやすい問題があります。
当社では設備改良、接合条件改善を行うとともに関係先のご協力を得ることで、φ10×0.9tからの薄肉品が圧接できるようになりました。

Video

新価値創造NAVI-精密工業株式会社 異種金属の融合を摩擦圧接で実現!「摩擦接合」
Last update:25/02/2019
異種金属の融合を摩擦圧接で実現しました。片方の金属を回転、そこにもう片方の金属を接触させて圧力をかけることで、摩擦熱により金属内部の原子が溶出し、原子拡散という現象を起こし金属同士が接合します。直径8㎜から120㎜、長さは最大5mまで幅広く対応した接合機を保有しています。溶接でも接合が難しいとされるステンレスとアルミを摩擦接合により100%接合可能。また、圧接に不向とされていた鋳物について、ロストワックスで鋳造したS55Cと、S45Cの金属の丸棒を摩擦接合により接合し90度曲げに成功しました。今後「溶接で

Other presentation

ISO9001認証取得

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 販路支援部
新価値創造NAVI掲載企業、新価値創造展2017出展企業
Inquiry

Similar Companies