Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 28/02/2020 11:07:10
法人番号:2011801005358

株式会社アサヒ

キルティング製品の専門メーカーです。引越用品・包装資材はお任せ下さい。

株式会社アサヒは、昭和40年の創業以来、キルティング製品の専門メーカーとして、様々な業種の現場の方の意見をもとにそのニーズに合った独創的な商品を世に送り出してきました。当社のキルティング製保護材は「包装資材」「緩衝材」「養生材」として、引越しや物流の現場で広く利用いただいておりますが、近年ではホテルや学校の什器、F1レーシングマシンの車体カバーなど、多彩な現場でご使用いただいております。
国内の自社工場における製綿から縫製までの社内一貫生産が当社の強みであり、また20年以上共に働いてきた熟練の縫製工が多数在籍することも大きな誇りの一つです。この技術力と素材や品質にこだわった物づくりのスピリットをもって、他では真似のできない「満足度120%」のアサヒブランド商品をご提供していきます。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

Jキルト
Jキルトとは
◆Jキルトとは、日本国内で製造するアサヒのキルト製品のブランド名です。
◆ネーミングとロゴについて
アサヒのキルトは職人により1枚づつ手作りで製造されています。海外での大量生産品とは品質の面で大きく違います。品質においてアサヒが自信を持って製造しているということを日本語のカタカナに込めています。また、「64柄」という少々古く感じるかもしれない機械仕掛けの時代の柄をあえて背景に置くことで、半世紀以上作り続けてきてなお古びないさまを表現しています。このキルティングのイメージの縫い目をベースに用いることで、今では日本で製造している会社がほとんどない日本製のキルトを、現在ご利用いただいている引っ越しや運送などの業界を超えて発信していきます。
◆込めた思い
私たちが生産するのはあくまでもキルトを使った保護材です。我々はキルトメーカーとして、また日本のメーカーとしてプライドをもって製品を作っています。その思いをJキルトブランドとして世界に発信して行きたいと考えています。
Jキルトは我々にとって新たな挑戦です。
外工場による大量生産の時代になり、安価品が怒涛の如く市場に出回り、安さを武器に品質を置き去りにする歴史が長く続きました。そんな半世紀を振り返り、私たちは品質重視で自社生産にこだわり、人の手で作り触れ確かめることで、お客様に満足と安心感を提供し、現在のコーポレートイメージを作ることができました。
そして今、次の50年のモノづくりを見つめ、今までのノウハウの上に、さらに新たなチャレンジをしていきたいと考えています。日本の自社工場で生産される高品質キルトを用いて、
・世界のあらゆるものをスピーディーに保護できるプロユースの商品を作り出していきたい!
・日本の高い効率と品質を持った保護(養生)の文化、そしてゴミを出さないリユースの文化を世界に広めたい!
・そして、社員全員が夢と希望と勇気を持ち、限りなく品質の向上にこだわる誇り高き仕事をしたい!
それが「Jキルト」です。
製品ラインナップ
キルティング製品
■フィットカバー
「素早く、きれいに、らくらく梱包」
アサヒのフィットカバー(旧アサヒのハイパット)は発売から37年。引越資材の定番品として長年ご愛用いただいております。
◎製品の特徴
・形状や大小、重量に関係なく、かぶせるだけで簡単に梱包ができます。
・初心者でもプロと変わらないきれいな梱包が可能です。
・何回も繰り返し使用できるので、省資源で経費削減が可能です。
・カッターやテープを使わないので、ゴミが発生しません。
・スピーディーな作業で、時間の短縮ができます。
■製品例
・キルティング収納ケース、セーフティカバー(平あてぶとん)、ノンスリップマット、ソファーカバー等
ベルト、ロープ
■製品例
・角カンベルト、平ロープ、PPバンド・ストレッチフィルム、ベルトラッシング、エコバンド
包装資材
■製品例
・両面粘着荷札、再剥離ラベル、テープ、食器包装材、巻ダンボール・エアーキャップ、ダンボールケース、ハンガーBOX・ハンガーケース・プラダン式ハンガーBOX

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 関東本部
Inquiry