Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 01/04/2020 08:27:27
法人番号:4180001035008

オザワ科学株式会社

研究開発を支援する技術・情報の専門商社

様々な研究開発・試験・計測をサポートする、科学・試験・計測機器の商社です。商社でありながら、専門技術部門を設けており 技術コンサルタント的な役割や、自社ブランドで販売する計測・分析システムの開発を担当。東海地区(愛知、岐阜、三重、静岡)の各産業の担い手である研究開発者、生産管理者、経営者を支援する東海エリアNo.1専門商社。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

オリジナル製品
熱電特性測定装置本体
【概要】
弊社の熱電特性測定装置は、熱電変換材料の熱起電力(ゼーベック係数)と電気導電率を高温大気中(※注1)、真空下又は各種ガス雰囲気下で自動測定する 測定装置です。
ゼーベック係数測定では、試料の両端に温度差を発生させた時に発生する熱起電力を測定し(定常直流法)、導電率測定では、試料に直流の定電流を 流した時の電圧降下を測定する(直流四端子法)(※注2)。得られた測定結果(ゼーベック係数と導電率)から自動的に出力因子を求めることが可能である。

※注1:雰囲気制御可能
※注2:産業技術総合研究所シナジーマテリアル研究センターの技術指導により開発されたシステム

【特徴】
○試料温度を室温20~1000℃まで170ステップ(任意可変)にて測定可能である。
○酸化雰囲気、真空雰囲気及び各種ガス雰囲気下での測定が可能である。
○試料の形状として、バルク形状(角柱・丸柱)、薄膜形状(Thin Film基板)について対応可能である。
○導電率、熱起電力を同時に測定することが可能である。
○測定は完全自動化され、試料セッティング後に計測用ソフトウエアを起動する(スイッチ操作)を行うことで自動計測が可能である。
○測定結果は全てファイル形式(CSV)で出力が可能である。
○本装置は省スペース、省エネ設計(商用電源AC100V仕様)である。
パワーコントローラ
【概要】
大容量・高精度の温度コントロールユニットです。SCRによる高精度なコントロールを実現。パワーアジャストボリュームで各種ヒーターに対応しプログラム温度コントロールも可能です。BOX型電気炉、管状炉、恒温槽、マントルヒーター、ホットプレートなどの温度コントロールにもご利用いただけます。

【特徴】
1.SCRによる高精度なコントロール
2.パワーアジャストボリュームで、各種ヒーターに対応
3.2種類の安全保護回路内蔵
4.最大容量6KW
5.プログラム温度コントロール可能(プログラムタイプ)
鋳物砂熱膨張計
【概要】
今日の鋳造品には、寸法精度の向上・薄肉軽量化等が要求されています。その寸法精度には、鋳型の熱膨張量が大きく影響をおよぼします。
"信頼と実績で定評のあるオザワ鋳物砂熱膨張計" その長年の技術の蓄積とノウハウを活かし、熱膨張測定の高い精度と再現性をめざして開発したのが 〈EOS-3型オザワ科学 鋳物砂熱膨張計〉です。
コンパクトボディに多機能を満載。操作も簡単で熱膨張測定のご要望にお応えします。

【特徴】
○専用の石英試料ホルダーを採用することにより、試験片のセッティングが容易に短時間でセッティングする事が可能となり、優れた再現性をお約束します。
○常用温度1000℃の急熱、徐熱いずれにも使用できます。デジタルプログラム温度調節計による、オートチューニングPID定値制御の他、複数のプログラムパターンで測定が可能です。
○室温から1000℃まで12分の高速昇温が可能です。
○電気炉材にセラミックボードを採用し、省電力と高速昇温が可能です。
○計測時の振動を全てシャットアウトし、安定した計測を実現します。
○試験片の寸法は、Φ29mm、長さ50mmとし、長手方向(測定方向)の端面が平行且つ平坦な型とします。
 ※鋳物砂試験片(TP)焼成機をオプションでご用意しています。
○測定結果(膨張データ及び測定温度)をメモリハイコーダ(オプション)へ記録・印刷することが可能です。
 ※メモリハイコーダにUSBメモリを接続して、測定結果を保存する事が可能です。(PC等で解析用)
容積測定システム
【概要】
本システムは自動ビュレット装置、油回収ユニット及び光ファイバーセンサーにより構成されております。システムのスタートスイッチを押すだけで自動的に各種容積を最大999.99mL、分解能0.01mLで計測することができます。エンジンのチャンバー容積、ピストンの頂部容積測定の他、幅広いニーズに対応ができます。

【特徴】
1.省スペース設計を実現(従来製品に比べて)
2.測定時間の短縮を実現(ビュレット容量の拡張(従来製品50mL→80mL)対応による)
3.高精度(正確率±0.15%以内(80mL)及び高再現性(繰り返し精度±0.02mL以内(80mL))を実現(従来製品と同等)
4.測定誤差の要因となるシリンジ内への気泡流入の防止機能の追加
5.データ管理機能(PCを用いた測定データ及び設定データの管理)の追加
6.簡単操作で自動測定を実現(従来製品と同等)
7・複雑な構造のワークに合わせてマニュアル測定も可能(従来製品と同等)
8.幅広い応用性、幅広いニーズに対応できます(従来製品と同等
マッチングへの期待
当社で取り扱う製品領域(分析機器、計測機器、試験機器、顕微鏡/画像解析機器)での科学機器関連でお客様への新たな付加価値提案につながるユニークな技術、製品をご提案ください。特にバイタルセンサーなど新しいセンシング技術に関心があります。

Other presentation

【企業の強み】
商社でありながら、専門技術部門を設けており 技術コンサルタント的な役割や、自社ブランドで販売する計測・分析システムの開発をしています。その長年の経験やノウハウを基に、お客様専用の試験・計測・評価試験器や、ユーザーニーズから派生したオリジナル商品の製作・開発を行っています。製造・バイオ・環境エネルギー・材料分野などの研究開発にお役に立つように、提案営業を心がけております。

【事業内容】
科学機器・光学機器・環境機器・計測システム機器などを扱い、研究開発を支援する技術・情報の専門商社です。
主要取扱製品 : ■バイオ関連機器 ■分析機器・装置 ■計量・計測機器 ■汎用科学機器・装置 ■試験機器・装置 ■実験室設備

【業種】
卸売業

【代表者メッセージ】
我々中小企業の新製品開発・海外販路開拓においては、これまでのビジネスモデルとは全く違うノウハウが必要となることや、新たな投資が必要となり、このチャレンジには大きな壁が存在します。今回、実績・ノウハウのあるジェグテックの活用により、さらなるニーズにも対応し、着実に納入実績を上げることができる商品開発と販路開拓を行ってまいります。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
現在当社ではオザワオリジナルシステムの製品数を増やすシステム作りを進めています 埋もれたシーズを製品化できるよう進めてまいります。開発要員も増やし対応を始めました。

【表彰・メディア掲載】
2014年10月23日日刊工業新聞「産総研の企業連携&VB支援」

【証明・許認可】
ISO14001取得、サポイン認定

【知的財産】
還元糖測定装置 (愛知県との共同出願) 特許出願番号 特願2004-096950(特許第3992692号)

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 中部本部
Inquiry