Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 19/02/2021 16:59:48
法人番号:2130001046416

株式会社パリティ・イノベーションズ

情通機構発VB、映像を空中に映し出す光学素子を開発

情報通信研究機構での研究成果をもとにスピンアウトしたベンチャー企業。「空中映像」という次世代映像技術の研究開発を行う。ただ置くだけで、液晶ディスプレイなどに表示した映像を何もない空中に映し出す光学素子「パリティミラー」を開発。センサーと組み合わせることで、空中に表示させた映像に指でさわって操作できる「空中タッチディスプレイ」も開発している。空中映像を生活空間に普及させることを目標に、パリティミラーの販売・レンタルや機器への組み込み設計、応用製品の開発などに取り組む。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

空中映像応用
非接触ユーザーインターフェース
空中に映像を表示することで、非接触スイッチ、非接触タッチパネルが簡単に実現できます。これらにより、不特定多数の方が操作するスイッチ、タッチパネルの非接触化ができ、新型コロナ等に対する感染症対策が可能となります。
現実拡張
空中映像は、視覚的に存在していますが実体を持たないものとして、現実空間に現れます。似たものとしてAR(Augmented Reality, 拡張現実感)あるいはMR(Mixed Reality, 複合現実感)と呼ばれる技術がありますが、これらは現実空間を拡張したように見せることができる技術として知られています。しかしながら、AR、MR共に、拡張した情景は、スマホの画面の上や、HMDの画面の中に限定しており、現実は何一つ変えません。一方、我々の空中映像技術は、現実世界に仮想物体を出現させることができるため、現実そのものを変えることができます。

Video

空中に映像を浮かび上がらせる「パリティミラー®」
Last update:06/11/2020
【投稿動画】
「空中ディスプレイ」はSF映画などで度々登場し、その現実化が期待されてきましたが「2面コーナーリフレクタアレイの研究」によって空中に実像を浮かび上がらせることが実現しました。液晶ディスプレイなど任意のものをただ背面に置くだけで、その映像を何もない空中に映し出す光学素子「パリティミラー®」
「株式会社パリティ・イノベーションズ」は結像光学素子レンズの樹脂成型に成功し製造をスタートしました。センサーと組み合わせることで、空中に表示させた映像に指でさわって操作できる「空中スイッチ」や「空中タッチディスプレイ」も開発しており非接触ユーザーインターフェースが構築可能となります。いま世界が直面している大きな課題の一つにウィルス感染がありますがウィルス感染を防ぐ有効な手段は非接触であり、「パリティミラー®」による非接触ユーザーインターフェイスが大きな効果を発揮すると期待されています。
空中映像が作る未来
Last update:09/01/2020
新価値創造展2019 出展者プレゼンテーションステージ
2019年11月27日
弊社は空中映像技術の研究開発と実用化を目指している(国)情報通信研究機構発のベンチャー企業です。ただ置くだけで何もない空中に映像を浮かび上がらせる、魔法のような光学素子「パリティミラー」の開発に世界で初めて成功しするなど、高い独創性と研究開発技術を持っております。
何もない空中に映像が浮かび上がるデバイス 空中映像デバイス「パリティミラー」
Last update:28/02/2019
「パリティミラー」というプラスチック板を一枚を置くだけで何もない空中に映像が浮かび上がる空中映像デバイスです。センサーと組み合わせることで「空中スイッチ」「空中タッチディスプレイ」も実現可能です。また、パリティミラーの下に液晶ディスプレイ等を置くだけで映像が空中に浮かび上がり、簡単な構成でSF映画のような高い演出効果が可能です。販促やアミューズメントでの活用や、空中映像に触れて操作するため、清潔性に優れていますので、手を汚したくない、或いは手が汚れている現場などで活用が可能です。

Other presentation

【企業の強み】
弊社は国立研究開発法人情報通信研究機構における研究成果をもとにスピンアウトしたベンチャー企業になります。新しい発想や独創的な発明を得意としており、特に光学系の研究開発に特化したファブレス企業です。
 理学系・工学系の博士号を持つ従業員が複数名おり、大学や公的研究機関、技術型のベンチャー企業とも多数繋がりがあることから、高度な研究開発を行える体制になっております。

【事業内容】
弊社は「空中映像」という次世代映像技術の研究開発を行っている企業です。ただ置くだけで、液晶ディスプレイなどに表示した映像を何もない空中に映し出す、画期的な光学素子「パリティミラー」の開発に世界で初めて成功しました。また、センサーと組み合わせることで、空中に表示させた映像に指でさわって操作できる「空中タッチディスプレイ」の開発にも成功しました。空中映像を生活空間に普及させることを目標に、パリティミラーの販売・レンタルや機器への組み込み設計、応用製品の開発など、様々な展開をしております。

【業種】
製造業

【代表者メッセージ】
これまで本技術による空中映像のデモ展示を行ってきましたが、これを見た多くの人に驚きを与えることができました。意匠・広告・エンターテイメント分野における全く新しい映像体験を提供することが可能であり、幅広い応用が可能です。空中映像はSF映画にも未来技術として多く登場しますが、この夢を実現できる技術であると確信しており、同じ夢を持っておられる方とマッチングできることを楽しみにしております。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
パリティミラーを用いた空中映像の製品化に向けてラインナップを充実させてまいります。まずはインテリアや小物など、意匠面で新規性・アート性に訴える商品の開発を予定しております。その後、空中映像とのインタラクションを可能とする「空中スイッチ」「空中タッチディスプレイ」の製品化を目指しております。
 生産体制や研究開発に関しては、パリティミラーの量産化、低価格化に向けた開発を最優先で進める予定です。同時に、パリティミラーの性能向上に関する研究開発を進め、明るさの向上、大面積化などを目指します。
 また、展示会や商談会への出展や、ベンチャー向けアクセラレーションプログラムの参加を通じてマッチングを増加させる予定です。弊社には博士号を持つ技術系の従業員が複数名おり、大学や公的な研究機関との繋がりも強いため、研究開発に非常に強い体制を整えております。共同開発のご提案なども随時受け付けております。

【表彰・メディア掲載】
第13回国際ナノテクノロジー総合展 独創賞受賞(株式会社SCIVAXと共同受賞)
国際ディスプレイワークショップ 2014、2015年連続でBest Paper Award受賞
INTERNET Watch CEATEC JAPAN 2016 イベントレポートに掲載(2016/10/6)
日経BP「フロントランナー」掲載(日経ビジネス2016年11月7日号 66~67ページ)
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト 取材内容放映(2016/12/14)

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 販路支援部
新価値創造NAVI掲載企業、新価値創造展2019出展企業
中小機構 近畿本部
Inquiry