Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 13/07/2017 16:30:36
法人番号:2070001007069

三友精機株式会社

独自の回転電極放電加工機とPCD工具の販路開拓

アルミ、ステンレス、鋼材などの切削加工と各種産業装置の製作を手がける。いずれも多品種少量という完全個別ニーズに対応できるノウハウを強みに事業基盤を築いている。そのため単純な受託加工業というよりは開発型提案企業の側面のほうが強い。昨年には独自の回転電極放電加工機によってφ0.3㎜以下の極細PCD工具にめどをつけ、特許出願に至っている。この放電加工機を使い、今後は用途の広いφ4㎜~φ10㎜のPCDドリルやターゲットエンドミル、ボールエンドミルへの展開も視野に入れている。

Inquiry

Other presentation

【企業の強み】
弊社の加工部門は多種少量生産で短納期にも対応しております。また弊社で開発した放電加工機で現在国内外で製造販売されていないφ0.3㎜以下のPCDドリルの試作を行っています。PCDドリルは超硬ドリルよりも10倍以上の工具寿命があり、脆性材(セラミックや石英ガラスなど)やCFRP(炭素繊維強化プラスチック)などの加工に適しています。弊社は産業機械の部品加工から新たなる分野に挑戦し、技術開発を提供していきます。

【事業内容】
産業機械(自動車、電子部品自動組立装置)の部品加工をしています。材質はアルミニウム、ステンレス、鋼材などあらゆる材質の部品加工を行い、メッキ処理や検査などを行いお客様にお届けします。またマグネシウム連続鋳造装置やPCD(多結晶ダイヤモンド)切削工具製作向け放電加工機など新たなる装置開発を行い、開発型企業として常に新しい技術開発を行い、提供していきます。

【業種】
金属切削加工業

【製品・技術の強み】
PCD切削工具向けに開発した回転電極放電加工機の事業展開を行っていきたい。弊社では現在小径用のPCDドリルの試作を行っているが、利用頻度の高いφ4㎜〜φ10㎜位のPCDドリルおよびエンドミルやボールエンドミルの試作も行う予定である。小径用ドリルに関しては、スマートフォンやタブレットに使用されているプリント基板の穴加工、φ4㎜〜10㎜位までの切削工具は航空機や自動車に用いられている炭素繊維強化プラスチックの加工用として事業展開を行っていきたい。

【代表者メッセージ】
現在の市場環境は全体的な仕事量の減少により競合他社との仕事の取りあい状況であり、なおかつコストダウンなど様々な負の要因があふれています。弊社の開発した新技術を用いて今まで製作困難であったPCD切削工具が製作可能となりこの技術を皆様に知って頂く機会として、ジェグテックを積極的に活用し当社のアピールを行っていきたい。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
今後は特に開発した回転電極放電加工機とPCD工具の販路開拓を強化していきます。商談会や展示会などを活用して販路開拓を行い、海外での販路については回転電極放電加工機の製作にサポート頂いた日本エンギス株式会社のエンギスグループのネットワークを活用し販路開拓のご支援を頂く予定です。組織面では、この事業の担当者を新たに設け、関係部門との速やかな連動していける体制を構築していきます。

【表彰・メディア掲載】
群馬県「1社1技術」中川威雄技術奨励賞(2002年)  群馬銀行主催ぐんぎんビジネスサポート大賞2014奨励賞(2014年)  ぐんま経済新聞(2012年5月10日)

【証明・許認可】
サポイン認定

【知的財産】
特許出願「回転切削工具の放電加工方法及びそれを用いた放電加工装置」(特願2015-203764)他1件

【主要取引先:実績(国内)】
トッパン・フォームズ(事務機器受託生産、1986−1995)  日産自動車(打刻機 2000−2010)

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 関東本部
Inquiry