Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 13/07/2017 16:28:50
法人番号:6010001030279

宮本工業株式会社

金型設計・製作から冷間・熱間鍛造で高い技術力

油絵の具用チューブを皮切りに筆記用サインペン、カメラ、弱電、OA製品、自動車部品などの製造を通じて関連する金型や熱処理技術などの内製化を進め、精密鍛造技術力を蓄積する。自動車部品分野では、二次サプライヤーの位置づけからスタート、インパクト製法という技術力に加えて産学連携などの実績などが評価され完成車メーカーとの取引も増えている。ホンダとは共同開発でエンジンピストンの量産化に成功し、防振ゴム金具等、2輪車、建設機械などの分野へ採用を広げてきた。

Inquiry

Other presentation

【企業の強み】
当社は創業以来88年、油絵の具用チューブを皮切りに、筆記用サインペン、カメラ、弱電、OA製品、自動車部品などの製造を通じて関連する金型や熱処理技術など含めて一貫内製化を進め、精密鍛造技術力を蓄積してまいりました。自動車部品分野では、二次メーカーの位置づけからスタートしましたが、永年培ってきたインパクト製法という卓越した技術力に加えて日頃の産学連携や同業者団体を通じた優れたコミュニケーション力を当社の強みとして、事業を進めてまいりました。

【事業内容】
宮本工業株式会社では、金型設計・製作、冷間・熱間鍛造、インパクト成形、サーボプレス成形などをおこなっております。鍛造・インパクト成形において何より重要なのは金型です。精度はもちろん、型寿命、工程設定、材質選定等、鍛造・成形に与える影響は計り知れません。当社では創業以来、鍛造品・インパクト成形品の金型を内製にて対応してきました。

【業種】
製造業(金属加工)

【製品・技術の強み】
現在の世界経済環境の厳しさ、グローバル競争の激化に対応するための生き残り策としては、情報収集、コスト、技術力のキーワードが重要になります。この3点をクリアするために、技術を磨き、営業が足で情報を集め、総合力でコスト対応してまいります。また、1社単独ではなく、いかにネットワークを構築し、対応できるかが重要となりますので、今後も新連携事業、サポイン、NEDOなどの国のプロジェクトに参画して、産官学連携により新分野への挑戦をして参ります。

【代表者メッセージ】
1918(大正7)年に創業以来、「技術志向」の開発型企業として、お客様の役に立つ製品を供給してまいりました。衝撃押出加工チューブを国内で先駆けて、量産化して以来、、産業機器、電子機器部品、自動車・二輪車関連部品を始め、多岐にわたる鍛造製品を生産販売してまいりました。競争のグローバル化時代だからこそ"原点回帰"し、技術・開発志向の提案型企業を目指し、ジェグテックを活用することにより、国内だけでなく海外へも当社の鍛造品を紹介してまいりたいと考えております。


【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
機械要素技術展、機械要素技術展、MF-TOKYO展示会などの展示会に出展し、当社の先端技術を紹介して、常にお客様のニーズを把握しております。今後も産官学連携事業で培ったネットワークを活かし、同業他社、材料メーカー、切削加工業者等と連携を図り、お客様に材料込みの提案なども行える体制を整えて、販路開拓に努めてまいります。

【表彰・メディア掲載】
2011年 アルミニウム鍛造技術賞受賞(アルミニウム鍛造技術会主催)、とちぎ産業活力大賞「優秀賞」受賞   
2015年 第4回 素形材連携経営賞受賞(主催:素形材センター)  
2013年 『日経ものづくり12月号』記事掲載(産総研中部センター殿との共同研究成果)

【証明・許認可】
1999年 ISO9001認証取得
2005年 新連携認定取得(関東経済産業局)

【知的財産】
特許5449754  エンジンまたはコンプレッサーのピストンの鍛造方法
特許5415739  鍛造用マグネシウム合金  
特許4290059  鍛造ピストンの製造方法および鍛造ピストン   など

【主要取引先:実績(国内)】
平成17年認定の新連携事業「高機能軽金属の鍛造品製造法の開発と事業化」においては連携コア企業として、連携体を結成し、販売面では佐藤金属(株)との連携し、技術面では国立大学大学院、公立技術研究所、ホンダ技研などとの連携により開発を行いました。

【主要取引先:実績(海外)】
大連市に法人事務所設立。タイSNC社と技術提携。

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 関東本部
Inquiry