Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 07/03/2022 21:49:06
法人番号:4370001002178

フェニックスネットワーク株式会社

構内PHS用通報装置・FA用通報装置はお任せください

当社の構内PHS対応通報装置、FA用通報装置は、PLC直結/メンテナンスフリー/ロングライフ/大容量/多機能/カスタムメイド対応などFA現場に特化しています。

Inquiry

Other presentation

【企業の強み】
①自社「FAシステム事業」と「通信・通報事業」のシナジー効果で、工場設備と連動した「FA用通報装置」を製作する。一般的にはFA制御機器メーカは通報装置が苦手、通報装置メーカはFAシステムが苦手であるため、工場用のアプリケーションに特化した「FA用通報装置」で他社競合することが少ない。
②お客様個別仕様に合わせた特注通報装置をカスタムメイドで提供できる。
③通報装置メーカが殆どPHSから撤退した中で、弊社は構内PHS用の通報装置を作ることが出来る希少な会社である。

【事業内容】
「改善アプリケーションを製品化」するシステム開発会社である。主に次の3つの事業を行っており、通信通報事業の自動通報装置で他社差別化、事業拡大を図っている。
①通信通報事業: 自社製品として構内PHS用通報装置、安否確認システム、PHS機器、モデム通信ソフトなどを製造販売。
②FAシステム事業: 工場設備やプラントの制御や警報監視を行うシーケンサのプログラムの受託開発など。
③保守管理事業: マンション通報装置保守や不動産会社サーバの保守など。

【業種】
ソフト開発・通報装置開発

【製品・技術の強み】
・通報装置の受託開発を行ってきたノウハウから、通信技術を部品化し1品仕様でカスタムメイドできる通報装置の構造を確立。標準機種だけでなく、工場の規模や各種通報方式にもオーダーメイド対応できます。
・構内PHS用通報装置では競合が殆どいません。
・新製品の「構内PHSを利用した安否確認装置」では①内線電話網を用いた従業員の安否確認商品は(平成27年4月現在)競合がおりません。②災害で携帯電話が不通でも構内PHSと自家発電があれば内線で安否確認できます。③内線通話で利用している構内PHSを、従業員の安否確認へ有効活用できます。④安否確認利用以外に、平常時には工場設備故障通報に利用できます。

【代表者メッセージ】
安否確認通報装置の拡販・知名度アップのため、昨年11月より大型展示会に4会出展。自社ホームページを昨年12月改修して、ネット検索(SEO)も強化。商社の機関誌へ記事掲載(1月)。安否確認システムちらし製作11月。自社通報装置カタログ製作(3月)。業界誌ワンポイント広告(12月、1月)などで短期間に集中販促を行い、ようやく認知度も上がってきました。現在展示会のフォローを行っております。今後も、お客様のお役に立つ商品や技術をご提供できますよう努力して参ります。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
「自社製品による差別化」「ニッチ市場の開拓」「市販品の応用創出」を事業戦略とし、通信・通報装置事業の深掘りと、保守管理事業の新規保守契約の開拓を継続しております。現状マンパワーが足らないため、増員までは、商社と提携した拡販を行います。なお、構内PHSは日本独自の通信規格のため、現在の自社製品では海外は狙っておりません。

【シェア・ランク】
不明であるが、構内PHS用通報装置では競合が殆どいない状況にある。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】

【メディア記載】
スズデン株式会社機関誌BELL 2015年1月号掲載

【共同研究・開発実績】
特許出願「安否確認通報装置(特願2015-049083)

【主要取引先:実績(国内)】
構内PHS用通報装置に採用実績あり。公衆PHS通報装置では、UR都市機構設備監視通報盤570台(2002)、国立刀根山病院SPO2緊急呼出通報装置、搬送設備工場チェーブロック無人検査通報盤、など。 自治体向け浄水場−ポンプ場間専用モデム通信。 FAシステムでは、大手建材工場の電力監視システム・環境廃水処理プラント制御、フィルム工場溶剤供給プラント(防爆)、電力会社向け低抵抗測定装置など

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構東北本部
Inquiry