Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 27/06/2022 16:34:12
法人番号:7050001006976

株式会社西野精器製作所

板金・機械加工から表面処理まで一貫して対応する短納期対応総合試作メーカー

板金・機械加工から表面処理・検査工程まで一貫した対応が可能です。加工のご依頼はもちろん1個から承ります。
試作に特化した生産体制を整えているため、短納期で高精度な製品をお届けいたします。
ご依頼いただく業界は、光学機器、半導体製造装置、自動車、コネクタ、医療機器など、多岐にわたります。あらゆる試作ニーズにお応えするため、常に技術動向をチェックし、最新鋭の設備を積極的に導入しております。
精密部品加工のプロフェッショナルとして、お客様の製品開発、技術開発に貢献いたします。

Inquiry

<ポイント> ・100個の短納期加工 ・精度穴の寸法の安定化 ・DLCコーティングエンドミル アルミ製品の加工事例です。 外形の寸法公差±0.02、中心にφ13G6(+0.006/+0.017) 位置度0.02の穴という加工指示があり、横方向からM3タップが2箇所開いている形状の製品を100個製作しました。 公差穴が外形を基準とした位置度0.02でしたので、クランプによる変形やズレの抑制のため、内径と外形を同じ工程で加工する必要があり、大きい材料から並べて削り出す方法で加工します。 この製品の加工では、DLC(Diamond-Like-Carbon)コーティングが施されているエンドミルを使用しています。DLCとは、ダイヤモンドに似た性質を持つ炭素膜で、ダイヤモンドとグラファイトの両方持つ非結晶構造のコーティングのことです。硬度がHV6000(HV=ビッカーズ硬さ)と高く、摩擦係数は0.1μmと低く、膜の表面粗さRa0.02μmと非常に滑らかです。また、耐溶着性にも優れており、アルミ合金の加工では良好な仕上げ面、寸法精度を維持できます。 これらにより、100個すべての寸法が均一になり、精度が安定します。

A5052で製作した板金部品です。図面がなく、3Dモデルのみで製作をしております。当社では3DCADソフトが充実しているため、様々なファイル形式への対応が可能です。 この製品は写真からもわかるように、複雑な形状をしています。S字に曲がっている箇所は内R0.5となっており、板厚1.5mmに対して曲げ同士の幅が狭く、型が入らないため、社内で製作した専用の簡易型を使用して加工しています。さらに、立ち上がりが短く、曲げ時に追従しない箇所がありましたが、捨て板を足して曲げ加工を行い変形なく仕上げています。 また、曲げ幅の狭い箇所の中心に切欠きがあり、先に形を作ってしまうと曲げた時に変形してしまいますが、曲げた後に削ることできれいに仕上げることができました。 板金加工×切削加工の複合加工は、西野精器製作所の得意としている加工のひとつです。製品の精度や納期などを見極め、最適な加工方法をご提案させていただき、短納期を実現しております。

真鍮で製作した薄板のプレートです。 ブランクはファイバーレーザーで加工しました。 φ0.95±0.02の穴がありましたが、この精度穴もレーザー加工で公差を満足しています。西野精器製作所では、2台のファイバーレーザー加工機を板厚に応じて使い分けており、薄板に特化した加工機では、上記のような高精度加工にも対応ができます。 4箇所の立ち上がり部には、±0.05の公差指示がありました。板金加工において、±0.05はかなり厳しい公差ですが、材料の特性などを熟知した技術者が曲げることで、実際は±0.03程度の精度で完成させています。 さらに、中心には絞りがあるため、型が必要となります。加工に使用した絞り型は社内で設計し、マシニングセンターで加工まで行っています。 社内で専用型を製作できることは、当社が高精度加工を実現できる大きな理由の1つです。このプレートは、型を作る工程も含めて、ご注文から7日目にお届けしております。設計→型製作→テスト加工を全て社内で行うことで、検証結果をすぐにフィードバックすることができるため、短い納期で高品質な製品をご提供することができます。お急ぎの加工でも是非ご相談ください。

Inquiry