Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 17/03/2022 10:24:17
法人番号:3010601012555

株式会社東京プロダクツ

ロールフィルムの巻癖カールを短時間で矯正

ロールフィルムに加工を施し、高付加価値ラミネートフィルム製品に仕上げる技術に特徴がある。ロールフィルムの巻癖カール矯正では、乾燥工程と熱ロール工程でカールを矯正し、流れ方向と幅方向を同時にカットし、短時間(数分)で最終製品にする一貫生産ラインで製造。新たに特殊溶着ラミネート技術を応用し、半田ディップ銅リボン絶縁ラミネート加工やセンサー保護用ラミネート加工製品、さらに自動車業界向けバインダー層の特殊形状溶着ラミネート製品に関する用途を提案している。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

材料のロールフィルムに様々な加工を施し、パッケージまで含めた最終製品にすることができる。
ラミネートフィルム加工技術
1.全自動ラミネートフィルムシール加工機使用により、シール部分がストレートで損傷が少ない
2.32~350μ、導電、静電気防止、UV99%カット、畜光、多重増反射高機能付与
3.特殊形状、積層、ポケット、穴開け、絶縁用ラミネート加工等特殊後加工
高付加価値スリットカット技術
1.巻癖カールしたロール原反からダイレクトにカール矯正を行い、流れ方向、幅方向同時にシートカット
2.透過型欠点検知機および目視により,塗工等による不良部分のみ除去し、製品仕上が可能
3.一枚ずつ加工のため、コーティングの厚いフィルムでも断裁面がきれいなため、後工程で重送しにくく、また台紙貼加工やミシン目加工、ブロッキング防止用パウダー加工がインラインにて可能
多彩な加工技術
1.フィルム加工全般(スリット加工、スリットカット加工、抜き加工(プレス、トムソン、ポンス)、ラミネート加工、溶着シール加工、アニール加工、断裁加工、シュリンク加工、光学フィルム専用リクレイム加工他)
2.パッケージ製品全般

Catalogue/Pamphlet/Proposed

pet.pdf

Video

東京プロダクツ 会社紹介
Last update:14/01/2021
【投稿動画】
プラスチックフィルムから様々な加工を施し、ワンストップソリューションにてパッケージまで含めた最終製品に仕上げます。フィルムの加工については何でもご相談下さい。
高機能プラスチック展➂
Last update:07/12/2020
【投稿動画】
2016.9.28~30 東京ビックサイトにて開催の高機能プラスチック展の出展風景です。弊社の最新加工技術を公開しました。
東京プロダクツ 製品説明
Last update:07/12/2020
【投稿動画】
ペットボトルリサイクルフィルムや70年のフィルム加工技術を結集して制作した様々な製品を紹介しています。フィルム製品について、何でもご相談下さい。
高機能プラスチック展➀
Last update:04/12/2020
【投稿動画】
2016.9.28~30 東京ビックサイトにて開催の高機能プラスチック展の出展風景です。弊社の最新加工技術を公開しました。
東京プロダクツ 加工技術説明
Last update:11/03/2022
ロールフィルムから様々な加工を施し、最終製品に致します。
巻癖のカールを取りながらシートにし、精密部品の抜加工、絶縁ラミネート、EV用空調シートの溶着等の加工をしています。

Other presentation

【企業の強み】
1950年創業以来培われたフィルム加工技術の元、66年勤務の蓄積された技術を保有する職人を筆頭に、ロールフィルムに様々な加工を施し、高付加価値最終製品に仕上げております。また、パッケージ部門を保有しておりますので、最終パッケージまで含めたOEM製品を製造販売することができます。

【事業内容】
OA機器メーカー、サプライメーカー、ステーショナリー、電子機器メーカー等にロールフィルムをコーティング等で機能性を付与し、スリット、またはスリットカットしてシートに仕上げ、カール矯正、ミシン目加工、パウダー加工、断裁、抜き加工、溶着シールカット加工、溶着シールプレス加工、アニール加工、欠点検知検出除去等を通して、高付加価値製品を開発製造販売しています。

【業種】
高機能フィルム製品加工製造

【製品・技術の強み】
ロールフィルムの巻癖カール矯正は、通常ロールフィルムを大きなシートに断裁した後、細かく断裁し、アニールルーム等にて長時間(数時間〜数日)加熱の後、仕上げ断裁を行いますが、弊社では独自の特殊技術により、ロールフィルムを機械に設置後、乾燥工程と熱ロール工程にてカールを矯正の後、流れ方向と幅方向を同時にカットを行い、短時間(数分)にて最終製品 にする一貫生産ラインにて製造しております。また、ブロッキング防止用パウダー加工、合紙入れ、ミシン目加工、コーティング等による不良部分の除去を同一工程内にて実施する技術をもっております。

【代表者メッセージ】
生活・環境優先社会にスピーディーに創造提案するオンリーワン企業を目指しており、社会のニーズを豊かな感性で受け止め、絶えず情報収集・加工技術研究・新製品開発に励んでおります。新素材、新規テーマに対しては、弊社の蓄積された技術を用いながら積極的に取り組んでおります。また、海外展開に関しましても、webや業務提携委託スタッフを準備し、展開を進めていく予定です。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
営業部、技術部、企画部より厳選されたメンバーによる新製品開発プロジェクトチームを結成し、販路開拓、新規需要に向けた社内体制を確立しており、各部門連携しながら、顧客の課題解決等に当たっております。また海外企業向けには英語によるホームページを開設しております。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
東レ「トレファン最優秀販売」

【メディア記載】
テレビ朝日「ネットパラダイス」、テレビ神奈川、毎日新聞、日刊工業新聞、日経BP社他

【証明・許認可】
ペットボトルリサイクル推奨マーク認定

【共同研究・開発実績】
千葉工業大学「高機能フィルムカット技術」、東レ「日本初OPPフィルム溶着製袋技術」

【知的財産】
特許登録「パウチフィルム5280572号」、商標登録「Solor Products 5363641号」他6件、特許出願公開中多数

【工場(国内)】
八千代工場(千葉県)

【展示会出展情報】
2019年Shenzhen International Cross-Boarde E-Commerce Trade Fair
2016年プラスチック高機能化技術展

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 販路支援部
新価値創造NAVI掲載企業
中小機構 関東本部
Inquiry