Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 27/09/2019 10:27:53
法人番号:8070001020124

株式会社宝泉製作所

工業用から住宅向け部材までステンレス加工の老舗 

食品、医療機器や半導体・液晶製造装置向けステンレス材の切削・溶接加工、継手・バルブ等の配管部材などを展開する。前身は1939年に創業した石川製作所で、中島飛行機向けの切削加工部品を手掛けていた。1959年から、現在の宝泉製作所になった。1ランク上の精度が要求される航空機部品を早くから手掛けてきた会社として、新しい素材や技術に取り組む気質があり、チタンやインコネル、ハステロイといった難削材の加工や表面処理の実績も多い。試作から量産、多品種少量生産まで対応できる。

Inquiry

Other presentation

【企業の強み】
株式会社宝泉製作所設立後、早くに習得できたステンレスの切削加工技術をはじめ、高真空に対応出来る溶接技術等、常に新しい素材、技術にチャレンジし、その潜在技術を高めております。生産体制においても、試作から量産と、多品種少量生産に対応出来るフレキシブルな体制を維持しております。現在、宇宙、航空機分野においてもその技術のもと、生産を行っております。

【事業内容】
弊社は1939年に石川製作所として創業致しました。当時の中島飛行機の部材を中心に切削加工部品を提供して参りました。戦後、1959年に現在の株式会社宝泉製作所を設立し、時代の新材料であった、ステンレス材の切削加工を習得し、耐食性の高い継手、バルブ等の配管部材、高真空に耐えうる溶接加工品を製作しております。現在はその技術を生かし、エクステリア、ガーデニング製品の設計、製造販売を行っております。経営理念の「さびない経営」のもと、ステンレスをはじめ難削材加工のオンリーワンを目指し、日夜研鑽しております。

【業種】
ステンレス切削加工

【製品・技術の強み】
元より、加工技術を高め、常に次代の難削材にチャレンジしております。食品、医療機器等に多く使用されているステンレスをはじめ、ロケット、航空機等に使用されているチタン、インコネル、ハステロイ等の量産加工を行っています。材料への知識を高め、切削に限らずより高い耐食性のための表面処理、部品単体だけでなく高精度の組立、それを保証する検査装置を管理運用致しました。常に最適な加工条件、加工手段を研鑽し高い評価を得ています。これは弊社技術の強みの根幹を成すものと考えております。

【代表者メッセージ】
弊社は1939年に石川製作所として創業し、1959年に現在の株式会社宝泉製作所を設立し、ステンレス精密部品の切削加工並びに溶接加工、バルブ等の配管部材の製造、ガーデニング用品の製造及び販売の分野で研鑽を積んで参りました。ステンレス加工企業が減少する現在、ステンレス加工のオンリーワンを目指して、日夜研鑽に努めております。これからも弊社しかできないステンレス加工部材の提供を50年100年と継続して参ります。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
行政や公的支援機関、金融機関その他が開催する展示会や商談会に参加し、来場企業のニーズや、市場の現状・課題を把握し、弊社から的確な用途提案を行えるように対応して参りたいと考えております。また、行政や、公的支援機関の支援メニューを活用し、弊社独自の技術向上を図るとともに、新製品・部材を開発し、新たな販路活用ツールとして展開して参りたいと考えております。

【シェア・ランク】
詳細なデーターは保有しておりません。納入実績から、一定の市場シェアを有していると考えております

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
ぐんま1社1技術

【メディア記載】


【証明・許認可】
2017年1月JISQ9001、JISQ9100認証取得

【主要取引先:実績(国内)】
パナソニック 株式会社、株式会社 小森コーポレーション、富士電機リテイルシステムズ(株)、三菱重工業(株)、セキスイデザインワークス 株式会社他

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 関東本部
Inquiry