Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 18/08/2022 17:28:39
法人番号:3020002089936

有限会社早川製作所

NC旋盤とマシニングの複合加工を得意とする金属加工業

非鉄金属、樹脂の加工メーカー。アルミニウムや樹脂のマシニング加工、NC旋盤加工を中心とし、多面加工品に対しては5軸加工機での対応する。加工が難しいとされている薄物に自身を持っている。独自に考案した取付手法や、真空ポンプを駆使する方法を融合することで、研磨工程なしで平面度や平行度の限界値に挑んでいる。その他では半導体装置部品のプレート接合面をNC旋盤で鏡面仕上げする加工や、3次元CAMを駆使した3Dデザイン彫刻など特殊な分野にも参入している。

Inquiry

Other presentation

【企業の強み】
小規模ながらも営業、生産管理、製造、仕上げ、検査までのポジションを確立し、少数精鋭で顧客ニーズに合わせた柔軟なフットーワークで対応させて頂いております。生産管理においては独自の管理システムを構築し、納期管理はもちろんのこと、瞬時にトレーサビリティの取れる体制も出来ております。現場スタッフにおいては専用機械の操縦だけではなく、設備共有を目指した社内レクチャーを定期的に実施して5軸や縦型・横型マシニング、NC旋盤と、あらゆる設備を駆使出来るメンバー構成になっていることが弊社の強みであります。

【事業内容】
アルミを主体とした非鉄金属、樹脂のマシニング加工、NC旋盤加工を中心とし、多面加工品に対しては5軸加工機での対応をとっております。その他ではワイヤー加工やレーザー加工の連携による複合加工から表面処理までの一連を行っております。顧客要望により、製図から組立までの一貫までも対応しております。

【業種】
精密金属加工業

【製品・技術の強み】
加工が難しいとされている薄物の加工技術には定評を頂いております。独自に考案した取付手法や真空ポンプを駆使した方法の融合により、研磨工程なしの平面度や平行度の限界値に挑んでおります。その他では半導体装置部品となるプレートの接合面をNC旋盤にて鏡面仕上げにする加工や、3次元CAMを駆使した、化粧品装置部品となる3Dデザイン彫刻等の特殊な分野にも参入しております。

【代表者メッセージ】
近年、お客様のニーズが多様化し、高精度化、小型化、形状複雑化など、加工難易度は上がるばかりです。その技術革新の渦の中、当社としても、同時5軸マシニング⇒横型マシニング⇒大口径NC旋盤と、最新の設備導入を推し進めて参りました。また、その加工技術を活かすためには厳しい検査体制も万全でなくてはいけないと考えます。当社では三次元測定機や画像測定器、その他 様々な検査工具を保有し、製品の精度保証にも常に努力しております。先述に加え、「工程管理」及び「品質管理」においては独自システムを構築し取り組んでおります。過去に納入した部品の問合せにおいても、即追跡が可能なトレーサビリティー体制も万全です。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
世間の動向に左右されない様に業界ジャンルを分散化することを目的とし、営業・技術2名の体制にて新規顧客開拓に取り組んでおります。電話アポにて訪問する時には弊社の製品サンプルを多数持参して、実際に製品を手にとってクオリティーを実感して頂いております。また、営業・技術の1名は常に社内に残るようにし、新規顧客からの見積り依頼や技術相談にも迅速に対応しております。

【シェア・ランク】
半導体製造装置部品については半導体シェアNO.1のインテルが採用。化粧品装置部品については資生堂やコーセーが採用。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】

【メディア記載】
インテリアマガジン『コンフォルト』 2004年3月号に6ページに渡り掲載

【主要取引先:実績(国内)】
東京エレクトロン(量産 工程部品の供給 2014-現在)/ 三菱電機(防衛部品の供給 2000-現在)/ NEC(量産 防衛部品の供給 2013-現在)/ 他大手機械メーカー、化粧品メーカー等への部品供給

【主要取引先:実績(海外)】
インテル(米国)/ TSMC(台湾)/ サムスン(韓国)等(東京エレクトロン納入品)

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 関東本部
Inquiry