Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 20/05/2020 09:19:40
法人番号:8070001020264

株式会社柳田鉄工所

海外展開を視野に入れる老舗・機械メーカー

1907年に創業した老舗・機械メーカー。一般産業機械をはじめ、自動車のカバーパーツを製造用するためのヘミング装置、溶接・治具装置、省力化装置などを開発、製造している。ドアやフードなどカバーパーツの端面をカシメる装置については「プレス方式」をはじめ、油圧を用いる「テーブルトップ方式」、カシメローラーをロボットに持たせる「ロールヘム方式」など、多様な方式を採用しており、実績を上げている。日産自動車との共同研究・開発実績あり。海外展開を視野に入れており、グローバル人材の育成に取り組んでいる。

Inquiry

【製品説明】 ロボットにヘムをカシメるローラーを持たせ、カバーパーツのヘミング加工を行います。従来の大型プレスを用いて行うヘム加工に比べ、設備投資が約50分の1に抑えることが出来ます。構成する設備はヘム加工下型、アウター及びインナーパネルを固定する治具とヘム加工を行うローラーを備えたロボットです。生産量に応じロボットを2台で同時に加工を行うことが出来ます。ロボットの自由度を活かし、型と治具のみを入れ替える事で、フード、左右前後のドア、バックドアのヘム加工を行うことが出来ます。従いまして、小ロット生産に最適で、モデルチェンジに柔軟に対応出来ます。

【製品説明】 当社の「テーブルトップ(T/T)へム」は、中ロットの自動車カバーパーツ成形に適しています。従来に比べ、わずかなスペースでのヘム加工を可能にしました。一般にヘム加工は大型のプレスを用いますが、プレス機と金型の設備投資が大きいこと、ロッド生産において型の交換に時間を要することが課題となっています。また生産打ち切り後も10年間カバーパーツの供給を行う必要があり、そのために型を保管するスペースを確保しなくてはなりません。これに比べ、テーブルトップ方式ヘム加工は、予備曲げ刃、本曲げ刃を持ったC型フレームに対し、下型にセットしたアウターパネルとインナーパネルを油圧で上昇させカシメるヘミング方式で、設備投資をプレス方式の約2分の1に収めることが出来ると共に、設備面積を大幅に縮小できます。

【製品説明】 当社が提案するプレスヘム加工方式は 大量生産に最適で、コスト効果を発揮します。カム機構を駆使し、1回のストンピングでプリヘム加工と本ヘム加工を行うもので、プレス工程を減らすことが出来ます。これにより、初期投資の型費の節減と、量産においては、プレス工程削減のコスト低減が可能となります。

【製品説明】 フィルムの製造工程では、柔らかい樹脂シートを0.0001mm程度の厚みになる様、徐々に左右に引張りながら巻き取ります。この時、樹脂シートを左右に引張る為にクランプされる部分や、巻き取り初期の規格外部分は廃棄物となります。この規格外フィルムを再利用する為にチップ状に裁断する装置がサーキュラーカッターです。弊社はフィルムを切断する刃の形状と刃のクリアランス確保のノウハウがあります。

【製品説明】 紙の厚みに柔軟に対応する排紙システム、高速運転、自動調整機構によるメンテナンスの軽減、デリバリーの紙積高さは1200mmまで対応し、生産性向上に貢献いたします。又、様々なレイアウト要望にお応え致します。

【製品説明】 溶接治具は3DCAD設計、オフラインティーチング、FEM解析を駆使し、高品質化を図っています。

Inquiry