Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 02/05/2020 18:24:01

岡山工業

小さな町工場の製品ですが、粉体、粒体をお取り扱い企業様のコストダウンに大きく貢献する「アッと驚く」全く新しいタイプのジョイントです。食品衛生法にも適合し、シンプル、フレキシブル、耐摩耗性に優れ、丈夫で長持ち、安価、国内外に於いて「オンリーワン」の特許製品です。目覚ましいハイテクの時代、グローバル的な激しい競争の中で企業のコストダウンに貢献する素晴らしいジョイントです。

ウレタンジョイントの最も大きな特徴は皆様が継続して御利用下さる事です(最長メーカー様は20数年間の実績)この事は製品の素晴らしさを表していると自負しています。現在 日本を代表する多くの企業様を含め約78社(2020年3月現)の粉体関連メーカー様に納品、安心して御利用戴く為に御希望サイズで無料の「お試し」ができます。試作品を御利用の場合でも、本発注に至らなくてもお気使いは不要です。

Inquiry

ウレタンは耐摩耗性、引き裂き強度、耐減摩量等の機械的強度はシリコンを含めたゴムの中では飛び抜けた強さがあります。ウレタンと言えば「耐摩耗」と返事が返ってくる程です。特に「エステル 1㍉ 硬度70°品」はフレキシブル性にも優れ、振動フルイの付属品として最適!自身を持ってお勧め出来ます。色は「黄色」ですが食品メーカー様を含め最も多く利用戴いており、ジョイントの80%を占めます。当初 色を気になさる方もいらっしゃいますが、耐摩耗性に優れますので問題はありません。それでも気になる場合は「エーテル 0.5㍉ 硬度93°」を御利用下さい。色は乳白色、強度は「エステル 1㍉ 硬度70°」と肩を並べる程の強度があります。「エステル 1㍉ 硬度90°」は少し硬く振動フルイ向きではありませんが機械的強度は70°品より優れますので、振動の少ない工程では大きな力を発揮します、色は半透明です。

この製品は耐減圧、耐加圧用として利用できるジョイントです。硬線の数は工程の状況で増やす事ができます。写真は丸形ですが、「フランジ付 角ジョイント」でも加工でき、それぞれの製品のテーパー品でも多くの実績があります。写真の素材は「エステル 1㍉ 硬度70°品」ですが耐水性に優れた「エーテル」や厚み、硬度等いろいろな組み合わせができます。

写真の様な食品工程で利用する場合、食品衛生適合品としては「シリコン製」が考えられます。シリコン製品は素晴らしい製品ですが高価です。食品衛生法の必要が無く、耐摩耗性等機械的強度を必要とする工程では天然ゴムの利用も考えられます。天然ゴムの機械的強度はウレタンと形を並べる程の強さはありますが、耐摩耗性に付いてはウレタンの方が勝ります。ウレタンは耐摩耗性等の機械的強度はいずれの素材よりかなり優れています。ウレタンは丈夫で長持ち、フレキシブル、そして安価です。

【製品説明】 ウレタンジョイントを開発し、販売を始めた頃「四角形のジョイント出来ますか?」とのお問い合わせに、頭の中が真っ白になりました。それまで筒状のジョイントばかり加工していましたので、考えた事もありませんでした。あれこれ考え、思った以上の製品が完成しました。実はこのお客様のお蔭で、技術が大きく前進しました。今では様々な形の「フランジ付角形ジョイント」が加工できるようになりました。やっぱり「お客様は神様」です、大きなヒントを下さいます。写真の製品は「エーテル 0.5㍉ 78°品」で軟らかく写真撮影の為、白い紙で形状維持しています。その他様々な素材での加工が出来ます。

【製品説明】 振動フルイには、いろんな種類があるようです。振動の大きな工程では布製、シリコン製は耐久性の上で問題があると思います。ウレタンは機械的強度の強い素材です。その中で「引き裂き強度」にも優れています。例えば、ウレタンシートの端をハサミで切って、その場所を両手で左右に思いきり引っ張っても人の力では、裂けません。「布性だけど、破れて困っている、交換の時間ももったいない」との相談を受けて開発しました。現在様々な粉体関連企業様で利用戴いています。

スパイスメーカー様の依頼で開発しました。上、下の伸縮、振動も大きい行程での利用です。又ジョイント内部の設備で粉が固まる事があり、定期的に「粉落としが必要」との事でした。この為 ジョイント正面に4角の窓が付いています。今まで 布製の製品を利用されていましたが、「機械的強度に優れた、ウレタン製」に替えたいとの相談を受けました。時々、水洗いもする為、洗い易く、乾きの早い、又 フレキシブル製に優れた「ウレタン製、厚み0.5㍉ 硬度90°」で加工しました。0.5㍉でも驚く程の耐久性があります。窓部分は、強力なマジックテープで加工しています。食品に直接接触せず、激しい動きに対応し、気密性、大きな吸着力になっています。

【製品説明】 硬線の数はお客様の御希望に合わせて加工します。厚みが0.5mmのため、フレキシブル性にも富んでいます。硬線はステンレス製で止め金具は落下防止の為の工夫があります。

ウレタンジョイントを加工するようになり、食品メーカー様を含め様々な粉体関連企業様で「布製ジョイント」が多く利用されている事を知りました。使い勝手が良く、安価だから?それとも適当な製品が無いから?御存知の様に布は食品衛生法に適合せず、耐久性に乏しく異物混入の危険性が最も大きい製品です。ウレタンジョイントは食品衛生法の適合商品で、耐摩耗性等の機械的強度に優れますので、異物混入の危険性が極めて少ない製品です。丈夫で長持ちしますのでお客様は予備品が一つあれば十分で、多くの在庫を必要としません。

テフロンパイプは完全に密封されていますので、補強材による異物混入の危険性が全く無く、安心して利用戴けます。テフロンは耐摩耗性、耐熱性に優れ、パイプは柔軟性もあり、適度の硬さ、反発力による復元力がありジョイントの「ねじれ」や「たるみ」等を緩和します。

製品は「エーテル 厚み0.5㍉ 硬度93°」です。ウレタンは耐摩耗性、引き裂き強度、耐減摩量等の機械的強度や耐油性に優れていますが、エーテル素材はさらに耐水性にも大きな特徴があります。この製品は厚みは0.5㍉ですが驚く程の力があります。機械的強度はウレタンジョイントの標準品で最も多く利用されています「エステル 厚み1㍉ 硬度70°」と肩を並べる程の強さがあります。

ウレタンの種類は特性により「エステル」と「エーテル」の2つに大きく分類されます。「エステル」はやや水分に弱い面があり、タップリの水分を含んだ製品が常時通過する様な工程には不向きです。多少の水分なら問題ありません。定期的に洗浄される工程では洗剤で洗い、エヤーガンで水分を吹き飛ばし、乾いた布で拭いて戴くとすぐ使えます。「エーテル」は耐水性に優れています。硬度78°品はフレキシブル性に富んでいますが、機械的強度は少し弱い面があります。振動フルイ等 動きの激しい工程での利用には不向きです。一方 澱粉関連メーカー様等継続して利用戴いているメーカー様も多くあり特性を生かして御利用下さい。93°品は少し硬くなりますが、機械的強度は驚く程の強さがあり、振動フルイの付属品として最も多く利用される「エステル 1㍉ 硬度70°」と同等の強度があります。工程に合わせて御活用下さい。

様々な工程に於いて耐圧用ジョイントは不可欠です。ジョイントの外側に強度の高いポリエステルコロスを加工しました。写真の製品は「エステル 1㍉ 硬度90°」を加工したジョイントです。クロス補強ジョイントは耐圧性が抜群です。製品の強みは①シンプルで安価②テーパー品を含め御希望サイズで1ケから受注③食品衛生法に適合④軟、硬、厚み等様々な素材との組み合わせによるジョイント加工が出来ますので工程に合わせた活用ができます。

「パイプ用の丸いキャップを作って下さい」とお問い合わせ戴きました。丸い形のキャップの加工は難しい事を申し上げ、他社でシリコン製加工をお勧めしましたが、大変お困りの様子でした。価格が高い事が問題?「試しに作ってみます」とお答えし、容量の少ない頭であれこれ考え試作品が完成しました。ところが以外と好評でその後幾つかの追加注文を戴きました。見た目はスマートではありませんが、大いに役立っています。見た目より、機能が重要な工程で貢献できて小さな自信となりました。

特徴の多い大きなジョイントです。写真撮影の為クリップで形状維持しています。この製品は大手食品メーカー様で利用戴いています。中央部を2㍉のステンレスで補強しています。御希望で加工しましたので詳しい事は分かりませんが、サイズの大きい製品ですから補強、耐圧、形状維持等が考えられます。何れにしましてもウレタンの機械的強度はシリコンを含むゴムの中では抜群で目を見張るものがあります。他に食品衛生法に適合した製品としてはシリコン製が考えられます。シリコンは素晴らしい製品ですが、耐摩耗性、引き裂き強度、耐減摩量等はウレタンの方がかなり優れます。何よりも大きな差は価格です。シリコンは機械的強度を補う為、素材の厚みを2㍉、3㍉として対応しています。ウレタンジョイントは厚み1㍉で大抵の場合対応出来ます。見積で比べて見て下さい。ウレタンは丈夫で長持ち、安価です。

ウレタンジョイントは様々な粉体関連メーカー様で利用戴いていますが、工場内に立ち入りさせて戴く機会は多くありません。打ち合わせには十分時間を取って戴きますので特に問題は無いのですが、時々「どの様な工程で利用されるのか?」私達には分からない場合もあります。この製品の打ち合わせ時お客様が「ホッパー用に使いたい!」との事で購入して下さり、その後も他のメーカー様から似た様なサイズを受注しています。おそらく同じ用途ではないか?と考えていますが、定かではありません。似た様な工程での御利用にお役立てください。

始めに申し上げますが、ウレタンは耐摩耗性、引き裂き強度等の機械的強度に優れていますので、たいていの場合厚み1㍉品で十分対応出来ます。お客様から「2㍉での加工をお願いします」とお問い合わせ戴いた時、現在 どの様な素材をお使いですか?」とお聞きしますと、多くの場合「シリコンです」との返事が返ってきます。この様な時はまず、厚み1㍉の無料試作品での「お試し」をお勧めしています。御利用の場合でも本発注に至らなくてもお気使いは不要です。シリコン製品はとても良い製品ですが、機械的強度はウレタンの方がかなり優れています。この為シリコン製品は強度補強の為、厚みを2㍉、3㍉として加工している面があり、その分価格が高価になる原因にもなります。<ウレタン2㍉ 硬度70°品>は当然1㍉に比べ強度、耐圧性等が優れます。色は乳白色です。

ウレタンジョイントはウエルダー溶着ではありません。熱板による「面溶着」で溶着面の巾は5~7㍉あり、凹凸は全く無くジョイント内部に粉溜りが発生せず、カビ防止に繋がります。特許として認められた最大の特徴です。素材は耐水性に優れた「エーテル 硬度93°」です。厚みが0.3㍉ですからフレキシブル性抜群、一方 耐摩耗性、引き裂き強度等に優れていますのでビックリする程の耐久性があります。微粉を取り扱いのメーカー様には最適のジョイントです。その他の特徴は①1本から受注し全国にお届けします(3万円以下の場合送料¥1.000-必要です)②町工場から直接お届けしますので安価です。③日本を代表するメーカー様等多くの実績があり安心です。④無料試作品での「お試し」ができます(本発注に居たらなくてもお気使い不要です)

Inquiry