Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 18/03/2021 15:51:11
法人番号:9160001011542

カインド・ヒート・テクノロジー株式会社

熱処理・表面処理技術でオンリーワン目指す

熱処理・表面処理を通して、冷間塑性加工・熱間塑性加工・機械部品等の耐摩耗性を改善し、寿命延長による少エネとトータルコスト低減を可能にするオンリーワン企業を追い求める。独自の金属表面工科技術を有する。冷間塑性加工の融合拡散処理ではCVD・PVD技術の2~5倍、熱間塑性加工も現窒素拡散技術の2~5倍、切削・圧造加工においても50%~4倍の加工寿命を保持する技術を持つ。自動車メーカーや機械メーカーの納入実績も多い。

Inquiry
Main image

Other presentation

【企業の強み】
戦略的基盤技術の認定を受け冷間塑性加工や熱間塑性加工の金型に適応できる融合拡散処理技術・ステンレスの耐食耐摩耗性技術・アルミ等の耐溶損特性技術の開発を行っている。更に切削工具等の加工工具の寿命延長処理技術の開発等オンリーワンの技術開発を行っている。真空による焼入焼戻しの技術においても変寸歪みを押さえた技術を有している。

【事業内容】
熱処理・表面処理を通し材料特性を引き出すことで、冷間塑性加工・熱間塑性加工・機械部品等の耐摩耗性や耐食性を改善し寿命延長を行う事で少エネルギーとトータルコストを低減する技術を提供しオンリーワンの企業を追い求めています。

【業種】
熱処理・表面処理

【製品・技術の強み】
冷間塑性加工の融合拡散処理ではCVD・PVD技術の2倍から5倍、熱間塑性加工においても現窒素拡散技術の2倍から5倍、切削・圧造加工においても50%から4倍の加工寿命を保持する技術を有している。

【代表者メッセージ】
熱処理技術はノウハウの面が強い為、弊社で開発した新規熱処理技術を海外工場に展開する事は避けたい。しかしながら商社及び国内企業が弊社の技術を製品等に適応して外国工場に展開している事例は多く、今後も積極的な販路拡大を目指したい。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
豊富な知識・経験を有する技術スタッフが顧客の要望・仕様を把握して最適な提案を行っている。

【シェア・ランク】
金属表面硬化技術は他の手法でも実施されているが、弊社の硬化技術は他に例を見ないため、占有率はほぼ100%と推定。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】

【メディア記載】


【証明・許認可】
戦略的基盤技術(H20,H23年度)、新連携支援事業(H25年度)

【共同研究・開発実績】
*融合化事業 *独創的研究開発事業 *戦略的基盤技術支援事業(認定回数3回 現カインド・ヒート・テクノロジー㈱の設立以前の活動も含む)

【工場(国内)】
真空熱処理工場

【他主要拠点】
滋賀県近江八幡市末広町17-80

【主要取引先:実績(国内)】
ダイジェット工業(株)、DOWAサーモエンジニアリング(株)、日本スピンドル製造(株)、サカイ工機(株)

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 近畿本部
Inquiry

Similar Companies

We could not find a match or similar companies per your request.