Corporate
Profile

Failed to register as Favorite Page
Failed to cancel as Favorite Page
This page is already registered as a Favorite Page
You can't add your company to your favorites.

Latest update: 21/01/2020 13:02:45
法人番号:7070001006099

株式会社アドテックス

高精度自動制御技術を軸に事業展開

高精度自動制御では、関連技術で4件の特許を取得。微小信号処理では、生体信号を処理できる技術を確立し、産業機器や脳波・心電等を扱った医療機器を開発。さらにこれら技術と、エレクトロニクス機器の開発で培った電子回路・組み込みソフトウエア・メカトロニクス技術を結びつけて、さまざまな医療機器やFA機器、半導体関連機器を開発している。今後は新たな技術「パワーエレクトロニクス」で新時代を見据えた開発していく。

Inquiry
Main image

Sales Pitch

マッチングに向けて
企業の強み
当社は、コア技術の「自動制御」にエレクトロニクス・メカニカル技術、 ソフトウェア・ファームウェア技術を有機的に結合し、自動制御装置やメカトロニクス機器を開発しています。近年では、自動制御を応用した先端医療機器に進出しました。2010年5月にISO13485(医療機器品質マネジメントシステム)、2014年6月には群馬県医療機器製造販売業許可を取得しました。最先端のその先へ-。私たちはこれからも新しい発想と最先端自動制御技術で、新分野を創出してまいります。
販路開拓・海外展開に向けた社内体制
グローバル化する企業環境に適応するため、「継続発展のための組織/基礎固め」を経営方針掲げ、①新技術の開発、②「生産管理システム」の充実、③生産性向上を目指した設計の負荷(リソース競合)軽減のための「開発管理システム」、④品質管理の強化に積極的に取り組んでいます。また、当社の得意とする分野・技術で海外先発進出企業との連携強化をすすめ、他社に真似の出来ない製品を開発・供給して行きたいと考えています。
代表者メッセージ
創業以来、アドテックスは「新技術とは現在の技術の延長線上にはない。新しい発想から生まれる」を合言葉に、新しい自動制御技術の開発を進めてきました。 時代は大きく変化し、グローバル化の進展やエコ、クリーンエネルギーが脚光を浴びています。まさに、第3次産業革命とも見える一大転換期に、アドテックスは、コア技術の自動制御と微小信号処理技術、そして第三のコア技術「パワーエレクトロニクス」で、この新時代を見据えた技術開発型企業を目指します。
主要製品、技術等の紹介
医療機器、半導体関連機器、FA機器 』の技術開発型企業です!
当社は群馬県からベンチャー企業育成制度『群馬県創造的中小企業創出支援事業』の適用第1号を受けた技術開発型企業です。コア技術の自動制御、微小信号処理、パワーエレクトロニクスを駆使し、医療機器、半導体関連機器、FA機器を開発しています。なお、当社開発の自動制御技術は、(社)中小企業研究センターから「技術開発奨励賞」(現グッドカンパニー賞「新技術事業化推進賞」)、その他(特記事項記載)を受けています。
保有技術紹介
●高精度自動制御技術
 独自のADVANCED PID制御のほか適応制御やモデル規範制御(MRAS)などの現代制御理論の実用化技術があります。特にモデル規範制御は、これを使いこなす技術で特許4件を取得しています。
●微小信号処理技術
 心電・脳波・筋電などの人体信号に代表される㎶や㎂オーダーの微小信号を処理する技術です。その他、温度・湿度、光などの各種センシング技術を得意としています。
●パワーエレクトロニクス技術
 定電流電源、10KVA(AC400V入力AC200V出力)安定化電源、DCインバータ、各種モータコントローラ(センサレス誘導モータ:3.7KW等)、産業用IHインバータ等々。
●機械設計技術
 ①冷凍回路 ②精密メカニズム
開発製品例
●医療用各種制御基板
●回診支援ロボット Terapio
●レーザー用電源装置
●AC-ACコンバータ

Other presentation

【事業内容】
「自動制御で産業界に貢献する」を経営理念として、アドテックスのコア技術「①高精度自動制御 ②微小信号処理 ③パワーエレクトロニクス」を組み合わせながら、各種産業分野(①医療機器 ②FA機器 ③半導体関連機器等)で、多くのお客様や産学官との共同開発、そして医工連携を積極的に推進し、世の中に新しい価値を創造する研究開発型企業です。

【業種】
医療機器・FA機器の研究開発型企業

【製品・技術の強み】
お客様の製品に新たな価値と信頼を付加する技術が当社の強みです。
①高精度自動制御
独自のAdvanced PID制御のほか、制御値を予測して操作値を決定する  MARSモデル規範制御)を使いこなす技術「NACS」で4件の特許を取得しました。医療機器や半導体関連分野に必要な高精度の温度制御等をお客様と共に開発します。大企業を中心とするお客様に評価され、時には厳しいご指摘をいただき、日々改善し続けてきた技術の信頼と実績が強みです。
②微小信号処理
センサー信号処理やノイズ対策で培った処理技術をベースに、μV、μA単位の生体信号を処理できる技術を確立。各種産業用機器ほか脳波、心電、筋電等を扱ったME機器も開発しています。

【シェア・ランク】
工作機械用スピンドルの温度制御:シェア約50%(OEM)、他ニッチトップ多数

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】 
平成26年度、群馬県優良企業表彰「ものづくり部門_大賞」 New
技術開発奨励賞(現:グッドカンパニー賞「新技術事業化推進賞」)
群馬イノベーションアワード2013「ビジネスプラン・一般部門」入賞。 

【メディア記載】 
産学官連携ジャーナル「コアの制御技術を活用し医療機器に参入」(2012年7月号掲載)
中小企業白書2002年版「誕生、発展・成長する存在としての中小企業」
その他報道多数。

【証明・許認可】
ISO9001、ISO13485、医療機器製造販売業許可(薬事法)

【共同研究・開発実績】
太陽誘電、日特エンジニアリング、群馬大学、自治医科大学、福島県立医科大学、福島大学、東京都市大学、山形大学、慶応大学、国立極地研究所、物質・材料研究機構、防災科学技術研究所、ほか

【知的財産】
制御方法とその装置(特許第3309142号)をはじめ、特許9件、実用新案7件、商標6件

【工場(国内)】
装置工場(群馬県)、機器工場(群馬県)

【工場(海外)】
なし

【他主要拠点】
福島研究室(福島県立医科大学 ふくしま医療-産業リエゾン支援拠点 オープンスペースラボ1)

【取引形態】
量産化に向けた試作開発、ODM・OEM契約、ライセンス契約、共同開発 等

【取引条件】
別途ご相談

【主要取引先:実績(国内)】
大手FA機器、半導体関連メーカー様

This company is recommended by the following support organizations.

中小機構 販路支援部
新価値創造NAVI掲載企業
一般社団法人首都圏産業活性化協会
中小機構 関東本部
Inquiry

Similar Companies