法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2020/12/19 18:08:57
法人番号:9110001034044

株式会社楽々

バイオ分野のテックベンチャーです。既に展開のアグリ、更に研究を進めることでバイオマスなど展開を可能とする専用機のメーカーでもあります。

アグリ分野ではマニュアルを整備した菌床を販売し「安全・安心・おいしい・循環型農業が可能」である、天然物に代用できる品質の茸を生産できるビジネスモデルを展開し、生産者と共に同一他地域ブランドにて販売。副産物の生産にも着手。バイオ分野では副産物の精製・製品化を検討中。
最重要はBtoCと位置づけ、消費者満足度と付加価値を追求し、開発した技術をオープンイノベーションしていきたい。

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

コロナを機に変革する社会の健康対応・消費動向・環境意識に呼応する
自社防衛としての異業種参入により食品産業や農業産業へご興味がある場合
当社のコア技術であり、現在確立している「発酵菌床」は、これまでの日本的工業生産である茸産業と対極に位置し、微生物学的には最先端ともいえる菌の集団的状況「菌叢」を活用し、「茸」という人間が食することができる成果物を得る技術です。この菌叢があるからこそ、使用後の菌床は大量の細菌により速やかに分解され、豊かな有機たい肥として土耕農業に転用が可能です。一方、菌床は植物工場での使用等も可能なものです。植物工場(閉鎖型、太陽光型)については、技術進捗は素晴らしいですが日本、地球全体の必要食料はカバーできず、品種の適性の有無もあり、現段階では葉物やトマト等が多く生産されていますが、人間の必要とする食料は穀物・根菜などまだまだ植物工場での生産ではロットや技術が賄われないところが多く、畑作は決してなくならないでしょう。この畑作について、様々な研究と技術開発が行われていますが、昨今より健康的な生産法を求める消費者は増加の傾向です。しかし畑作は手間がかかり、天候リスクや年間の稼働性変動から人的な投資に限界がある割に、相場変動も大きく経営難易度が高いのです。そこで当社の菌床を既存所有設備(ハウス)を活用し、人的稼働を補い売上補填をしていただくことに活用。最後はたい肥として活用いただきたいと考えています。植物工場を運用される企業も、畑作との併合型にされそれぞれのニーズにあった生産物を複合的にブランディングし販売していくことも可能かと思います。
このように、サーキュラーエコノミーを実現し、SDGsやESG投資にもマッチした技術であり、運用されたい企業様や農家様のIRにも素晴らしい効果を上げるものと思います。
環境と人にストレスフリー
当社の製造方法は「発酵」。
少量の水道水、電気で賄われ、殺菌するための窯や石油ボイラーは不要です。
地球にすむ、微生物たちの適性を利用して キノコという人間が食べて健康になる成分を多く含む微生物による生産物を生産し、生産した糟も農耕地にかえすと、土壌も豊かになるという 環境にも、人間にも、健康的な生産方法です。
コロナウィルスという未知の病気も、地球温暖化による各地での災害も、極めて人間よりの工業化による関与が少なくはないことは皆さんが知っていることです。
「このきのこ、環境に優しい方法で作っているんだって」
「このきのこを作っているひとたちも環境に優しいんだって」
「競争」ではなく「共創」が、これからの環境と健康を守るキーワードになるのではないでしょうか。
当社のきのこは「ストレスフリー」。安心で安全でおいしくて食べ方を選ばなくて。そして地球環境にとってもストレスフリーです。
免疫力強化
含まれる成分の用途(精製、そのまま加工等)により、茸の種類、天日干しや機械乾燥等の一次加工等を変更し、原価計算を行い、加工品や成分抽出を展開できます。
ビタミンDはひらたけを天日干しすれば、機械乾燥品の50倍以上検出できますし、エルゴチオネイン等の高価な成分も多く含まれるたもぎたけも、簡易設備で多くの収穫量を得ることができます。
「免疫力強化」にキーワードをおいた、食品や加工品、精製物質等をご検討される方は どうぞご検討下さい。
バイオマス
IOT化した発酵槽でバイオマスの研究をしませんか
当社開発の「マッシュファメンタ」は、設置室の環境。
槽内部の温度、攪拌、送風等を随意にプログラムできる機械です。好気、嫌気、温度、水分量、原料状況などを更に工夫したり、センサーを増設することで高度な発酵も行うことが可能です。また、その実施中の様子については遠隔からデータを取得することも、監視することも可能です。
バイオマス等への展開も期待できるところであり、共同研究等ご希望の企業様、研究機関様等、是非お声がけください。

カタログ・パンフレット・提案資料

A3ちらし_ページ_1.jpg

A3ちらし_ページ_2.jpg

その他のアピール

【事業内容・特長】
専用実施権を所有する特許技術を更に進化、発酵技術を専用機にてIOT運用し無人化。
これらの技術を現在は茸の菌床を食品抽出廃棄物(飼料レベル)を使用し、無添加・無農薬にて多種キノコ栽培に成功。更に使用後の菌床を有機堆肥運用。完全な炭素循環型農業を構築。使用エネルギーは少量の電力と水道のみで一切の化石化燃料等の燃焼は不要。

【主要製品・技術・商品・サービスの概要・活用事例】
各種知財に基づき、個別契約による。
一般的には 培養完了後の菌床を農業者に販売。菌床より収穫した茸を統一ブランドにて地産地消、循環型農業を実現。
その他人工栽培に適さない茸を生産、エルゴチオネイン等が多量に含まれることから原料又は健康食品として販売も検討。

【知的財産(特許・実用新案等)の出願・取得】
専用実施権 登記済み 1件
出願中特許      2件

【証明・許認可取得】
有機堆肥製造
堆肥販売

【表彰実績・メディア掲載実績】
日本経済新聞 新潟版 

【大手企業との取引実績・開発実績】
株式会社京成バラ園芸
住商アグリビジネス株式会社

【代表者メッセージ(今後の販路開拓に向けた取り組み、ジェグテックの活用意向等)】
当社はスタートアップです。知財の価値を認めてくださる企業との協業を期待しています。

お問い合わせ