法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2021/07/20 17:32:52
法人番号:1340001001994

三州産業株式会社

鹿児島から世界へ

当社は、培われた熱管理技術を製品開発に生かし、農作物の温湿度管理・冷暖房機器を製造します。

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

蒸熱処理装置
蒸熱処理装置とは
蒸熱処理(Vapor Heat Treatment)とは、海外産青果実の条件付き輸入解禁に必要な植物検疫処理法の一つであり、主に東南アジアから日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、EUへ向けてマンゴーやパパイヤ、ドラゴンフルーツ等の青果実を輸出する際に行われる処理方法です。

 蒸熱処理装置(VHT: Vapor Heat Treatment System)は青果実に寄生し、輸送先で甚大な被害をもたらすミバエ類の卵や幼虫を薬品を一切使わずに、蒸気と熱の力で青果実の品質を保持しつつ殺虫消毒するための装置です。

 三州産業の蒸熱処理装置のシステムは「差圧式処理システム」と呼ばれています。本装置は搭載された果実の間の全ての隙間に蒸熱を均一に通過させ、効率よく熱を行き渡らせて循環させるために差圧を利用しています。

現在、日本へ輸入されている蒸熱処理された青果実のほとんどは差圧式処理システムで検疫処理されたものです。
世界シェアナンバー1!
弊社の蒸熱処理装置は世界シェアトップです!
納入実績
台湾、フィリピン、タイ、ベトナム、カンボジア、マレーシア、インドネシア、インド、スリランカ、パキスタン、オーストラリア、コロンビア、ペルー、アメリカ

カタログ・パンフレット・提案資料

会社案内.pdf

食品乾燥機カタログ.pdf

干し芋乾燥機カタログ.pdf

ハウス暖房機 カタログ.pdf

CTVTカタログ.pdf

その他のアピール

【事業内容・特長】
三州産業株式会社は葉たばこの乾燥機メーカーとして昭和23年に誕生して以来、たばこはもとより施設園芸や世界中の様々な分野の農水産加工用製品を開発しユーザー様に、ご活用いただいております。主力製品の葉たばこ乾燥機は全国一のシェアを誇っています。葉たばこ乾燥技術の開発で培った熱管理技術をベースに、世界中の様々な分野の農林水産加工用製品を開発しています。

【主要製品・技術・商品・サービスの概要・活用事例】
「モジュール型青果物用蒸熱処理装置」(特許第5816304号)は、従来の蒸熱処理装置にできなかった部分的運用や処理容量の拡大を実現したものです。これまでは一度にトン単位の大量の果実を処理するものでしたが、部分的な、モジュール毎の制御・運転が可能となり、運用時の無駄な電力、水の使用を抑えるだけでなく、設置後に処理容量を拡大できるシステムとなっています。

海外の産出国からマンゴーやパパイヤ等の熱帯青果物を日本に輸出する際に、輸出国で検疫処理に使用される殺虫処理装置で、農薬などを使用しないクリーンな処理方法は環境に優しく、食の安全を守り、果実の見た目も食味も損なわず品質保持ができるのが特徴です。

【知的財産(特許・実用新案等)の出願・取得】
青果物用蒸熱処理装置 (特許第5816304号) 等 100件以上

【表彰実績・メディア掲載実績】
平成16年特許庁長官賞受賞、平成29年度 九州地方発明表彰「中小企業庁長官賞」 等

【大手企業との取引実績・開発実績】
実績あり

【海外企業との取引実績・開発実績】
実績あり

【代表者メッセージ(今後の販路開拓に向けた取り組み、ジェグテックの活用意向等)】
基本姿勢の三現(現地、現物、現状)主義をモットーに、時代や産業界のニーズに対応する、市場に選ばれる技術を皆様へお届けできるよう、これまで培ってきた熱管理技術を利用した幅広い分野での新製品の開発を目指したい。
今後、ジェグテックを通じて更なる販路開拓や連携先を探索していくことで、弊社の持つ技術力や製品等を様々なお客様に広めていきたいと思います。

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 九州本部
お問い合わせ