法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2019/11/29 17:06:20
法人番号:2021001001990

藤沢機器株式会社

お客様にとって「価値あるもの」を作り続けたい。そんな想いを「形」にする。

長年培ってきた信頼性の高い技術で、魅力ある製品を作ることにより経営の安定を目指します。また、データを駆使した課題解決を行うことで、新たな価値の創造を目指します。

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

事業内容、製品・技術の概要などを紹介
事業内容、特長
弊社では、40年以上に渡り、原子力関連や防爆部品の加工・組付けを行っております。当然のことながら、安全基準が非常に厳しい製品であるため、使用される部品も高品質・高精度が要求されます。金属(アルミニウム、鉄など)だけでなく、特殊金属(チタンやNT合金など)や樹脂(プラスチック、テフロンなど)等、様々な材質の加工を得意としております。さらには、加工だけでなく、「材料調達➡加工➡塗装➡組付」の部品・製品提供にも対応可能です。お客様のご要望にお応えするため、創業65年かけて培ってきた古き素晴らしき技術・経験を生かし、そして、新しい機械や技術を導入にすることで、より一層の努力をしてまいります。
主要製品・技術の概要
システム開発・データ活用事業では、まち工場データ活用システムlaboQube(ラボ・キューブ)を提供しています。作業者に日々の作業記録(日報)を入力してもらうことで、様々な切り口でデータを分析・活用することができます。また、原価率の良い部品・悪い部品の整理や機械稼働率の可視化・数値化など、作業者の感覚や勘に頼ることなく、客観的に「データ・数字」で判断するサポートをいたします。
代表者メッセージ(今後の販路開拓に向けた取り組み、ジェグテックの活用意向等)
弊社は、昭和25年 9月 初代社長 安藤彰彦が創立し、戦後の藤沢の工業の中心的役割を担って参りました。平成に移り、時代の変化と共に仕事内容も変化し、アルミからステンレスにと幅広い素材への移行、そして今は、難削材にと取り組んでおります。三代目の私は、2000年7月に引き継ぎ、今ではazbilグループ初め、㈱荏原製作所さん、㈱古河テクノマテリアルさん、その他数社お取引頂いております。弊社の機械加工技術も素材の特性を生かし、加工技術向上に努力している今日でございます。特に難削材の加工は、技術的に高い評価を得ております。

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 関東本部
お問い合わせ