法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2022/11/07 11:33:00
法人番号:2180001021876

三幸電機株式会社

いまのEMSに満足していますか?
三幸電機は「モノ・ゴトづくりのEMS」でもうひとつ上のEMSを目指します。

当社は1951年の創業以来、「お客様に信頼され満足される技術を提供する」をスローガンに、
電子基板やワイヤーハーネスの受託製造(モノづくり)でお客様のニーズに答え続けてまいりました。
しかし、時代のニーズが「モノ」から「コト」へシフトし、モノの「機能」だけでは売れず、
モノの「効用」が「生活者」に伝わらないと売れない時代になりました。
この変化に対応するため、我々は時代のニーズに合った「コトづくり」のための提案・設計開発と、
従来の「モノづくり」を合わせた「モノ・ゴトづくり」に取り組んでいます。
EMSのもうひとつ上を目指す…。それが我々が提唱する「EMS+(プラス)」です。

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

EMS+の「モノ・ゴトづくり」を担う3つのSTEP
STEP-1:Connecting the Dots
「点」と「点」をつなぎ合わせて新たな価値・概念を生み出します。
世の中には商品そのものや、その機能が認知されているモノがありますが、それらの機能を「ほかの機能と合わせてみる」、「異業種同士の機能を合わせてみる」、「機能をサービスと合わせてみる」、「新しいテクノロジーと合わせてみる」その様な組合せを行う事で世の中のニーズにマッチする新たな価値をご提案を致します。
STEP-2:Start with why
STEP-1では点と点と合わせて新たな機能や価値を生み出しますが、無暗につないでも「意味」がありません。
その機能・価値を生活者が使うとどの様なコトが出来るのか、またどのような経験が出来るのか、つまり生活者がモノを買う「意味」を考えて企画提案を行います。
例えば、様々な点を組み合わせ新たな高機能のカメラを開発するとします。生活者に対してハイスペックカメラできれいな写真が撮れる、とモノの機能をアピールするよりも、「SNSでイイねが多く貰える写真が撮れる」といった、生活者が体験できる効用をアピールすることでより魅力に感じます。
STEP-3:Make a story
STEP-01と02で良い「コトづくり」が出てきても、それを具現化する「モノづくり」と両立しないと何も意味をなしません。
それを実現させる明確なストーリーを描くコトが必要となります。それにあたるのが「設計構想」となります。
物を作るための設計情報と、生活者のニーズを満たす設計品質を含めたものとなり、商品化する上での指針となるものです。 我々はこの設計構想に重点をおいて「モノ・ゴトつくり」を進めています。
「モノづくり」を担う技術力
創業69年の実績
当社は創業以来、電子基板・ハーネスの製造を行い冷熱機器、工作機械、医療用機械、自動車・二輪向け電装品等多くの電子機器部品の製造に携わって参りました。
お客さまや刻々と変わる時代のニーズにお応えするため常に進化を止めず高品質なEMSを提供しております。

◎高品質な製品づくりをワンストップで対応致します
 設計・開発、試作・検証、資材・部品調達、生産・検査、出荷・輸送まで一貫して提供しております。

◎多品種・小ロット生産も対応致します
 ご発注1枚からでも生産対応可能です。

◎最新設備による基板実装
 最新の表面実装機やAI学習機能付3D検査機等積極的に導入し、より高品質・高効率な生産体制を整えています。

◎高密度実装への対応
 電子ユニット・デバイスのダウンサイジングに伴う、電子部品の小型に対応するべく、実装技術・検査技術も磨いております。 0603等の小型部品の実装、BGAタイプのパッケージにも対応可能です。

◎ユニット組立にも対応
 自社製実装基板やハーネスを組合せ、大型制御ボックスから小型コントローラー・ユニットまで幅広く対応可能です。
IoTを取り入れたスマート工場
2016年より「競争力のある会社を実現するため、収益性の高い工場を構築する」とのスローガンの元改善活動をスタート。
働きやすい現場環境の整備、生産計画に基づいた安定した生産環境などの土台を構築した上で独自に開発したITツールを導入致しました。
当社現場のスタッフたちが試行錯誤を重ねて考案・開発をしたシステムで、タブレットを用いて工程・品質データ等の現場データを簡単入力。 またそのデータは即座に現場の大型スクリーンやPCによる工程進捗確認がリアルタイムに行えます。 またタブレット入力により現場でのペーパーレス化を実現しました。
工程毎の運用に合わせ現場でのお困りごとを解決すべく、アジャイル的に単独システムを開発し、その数は現在12システムのラインアップとなっています。
また日々の現場から採取したデーターは生産・品質レポートとしてアウトプット。 今後の現場改善のデータとして活用しています。 現場の「見える化」はもちろんの事、リアルタイムに展開される現場データから現場管理者が一歩先が見える様になり、問題の早期発見ができる「見通せる化」を目指しています。
スマート工場紹介ムービー公開中!:https://youtu.be/Ecyynygf2Y4

その他のアピール

【証明・許認可取得】
ISO9001取得 
ISO14001取得

【メディア掲載実績】
日刊工業新聞社発行(2020年10月)「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」  

【展示会出展情報】
スマート工場EXPO2020 2月 東京
スマート工場EXPO2020 10月 名古屋
スマート工場EXPO2021 10月 名古屋

【主要取引先:実績】
富士電機株式会社,三菱重工サーマルシステムズ株式会社,株式会社豊田自動織機,日本特殊陶業株式会社,アイシン精機株式会社

【活用している支援機関】
中小機構 中部本部

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 中部本部
お問い合わせ