法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2020/02/14 15:59:39
法人番号:7080401001434

株式会社協栄製作所

冷間鍛造+閉塞加工は、パイプ両端を完全閉塞させるもので、パイプ強度590相当品にて月産1万本以上の実績があります。 近鏡面全剪断プレス加工は、従来のファインブランキング工法では不可能な鏡面に近い仕上げ剪断面により、約2.5倍の金属疲労延命が可能で、高張力鋼板590材で板厚9mmの製品を月産30万個以上の実績があります。独自開発の順送板金チューブ技術は、突き合わせ部に電着層を密着させ、突き合わせ部が開き錆が発生する事を回避します。ハイドロフォーミングによる塑性加工で意匠面の自由度に貢献。

お問い合わせ

その他のアピール

【企業の強み】
冷間鍛造+閉塞加工は、パイプ両端を完全閉塞させるもので、パイプ強度590相当品にて月産1万本以上の実績があります。 近鏡面全剪断プレス加工は、従来のファインブランキング工法では不可能な鏡面に近い仕上げ剪断面により、約2.5倍の金属疲労延命が可能で、高張力鋼板590材で板厚9mmの製品を月産30万個以上の実績があります。独自開発の順送板金チューブ技術は、突き合わせ部に電着層を密着させ、突き合わせ部が開き錆が発生する事を回避します。ハイドロフォーミングによる塑性加工で意匠面の自由度に貢献。

【事業内容】
オートバイ車体部品、四輪足回り部品など輸送用機器部品の製品開発、評価試験、プレス、溶接、機械加工、組立まで開発から製造まで一貫加工を行っています。具体的には、モーターサイクル部品(スイングアーム、リヤフレーム、タンクレールフレーム、ハンドル、カウルステーなど)、バギー部品(スポーツからユーティリティまでのスイングアーム、フロントアーム、リヤフレーム)、四輪自動車サスペンション部品を製造しています。新幹線のグリーン席や普通席の回転シート下側の脚台も製作しています。

【業種】
輸送用機器部品製造(プレス・溶接・機械加工)

【代表者メッセージ】
当社は、アルミ合金7000系のパイプハイドロ拡管率55%の加工技術や、丸テーパーハンドルを 曲げへん平率0.3mm以下としハンドルの外観品質を向上した丸パイプハイドロ加工技術、、また、引張強度275Mpa相当の高強度アルミ合金の絞り成形を可能にし鉄の代替で軽量化を実現するアルミ順送プレス加工、溶接加工技術など、様々な技術を持っています。これらを活かして社会に貢献していきたいです。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
技術開発を中心に、軽量化とコスト低減に向け市場ニーズと顧客ニーズを捕らえて商品を具現化し、その試作サンプルによる技術営業による販路開拓。顧客からの課題を入手し、計画的な技術開発で試作製品を提供させて頂きます。

【表彰・メディア掲載】
「試作から量産へ高い対応力 協栄製作所・石川泰博社長 」 (SankeiBiz 2015.5.12 掲載)

【証明・許認可】
ISO9001(輸送用機器の開発・設計、製造)、ISO14001(二輪・四輪など輸送機器部品の製造)

【知的財産】
サスペンションアームの構造及びサスペンション装置(トヨタ自動車との共同特許・特開2014-162327)、管材の管端クロージング加工方法(特開2013-255929)ほか特許多数。

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 関東本部
お問い合わせ

類似する企業はこちら