法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2019/05/15 10:14:38
法人番号:1080002009691

有限会社技研産業

廃石膏ボードと再生プラで安価な難燃性建材を開発

プラスチックの加工メーカー。従業員は数人だが、小回りの利いた対応を得意とし、素材・技術開発に取り組んでいる。近年開発したのが、廃石膏ボードとリサイクルプラスチックを利用した「新木質系樹脂(PPC)ペレット」。難燃性を持ち、安価なのが特徴。耐震用基材や住宅用建材として、住宅業界などに納入している。また、廃石膏ボードと他の樹脂を混ぜて、放射線の遮蔽や遮熱、不燃化などの機能を追加したプラスチックも開発。今後も技術開発を積極的に進めていく方針。

お問い合わせ

アピールポイント

事業内容、製品技術等を紹介
事業内容・特長
【事業内容】
弊社は1972年創業のプラスチック加工業です。創業当時はプラスチックの加工のみを主に行ってきましたが、プラスチック製品の多様化や、樹脂素材の多様化に伴い、幅広いニーズが様々な産業から要望されるようになりました。その中で、特に建材加工に関しての業務依頼が増えてきたことにより、現在は耐震用基材・住宅用建材の加工・製造に力を入れて対応しております。また、耐火防災分野での製品機能向上への取組も高い評価を得ています。

【業種】
プラスチック加工業

【企業の強み】
従業員数人の零細企業であるが、同業他社よりも会社の方向性を決めるに当たり自由度が広く、時代のニーズに合わせたプラスチック加工業として44年間対応してい参りました。その中で、単なるプラスチック加工ではなく、付加価値のついたプラスチックも手掛け、企業内の技術力向上に努めて参りました。その結果として、数本の特許を取得し、市場ニーズに合わせた製品作りに対応出来ていることが自社の強みであると考えております。
製品・技術の概要
【製品・技術の強み】
平成24年度静岡県経営革新計画承認を頂き、廃棄処理に困っている「廃石膏ボード」を再利用した安価なプラスチックの開発に成功致しました。屋外用のデッキ材等の建材のみならず、「廃石膏ボード」と混合する樹脂等の種類・割合によって、放射線遮蔽・遮熱・不燃等の付加価値の追加機能が可能になりました。市場のニーズを捉え、積極的な技術開発を行うことが弊社の製品技術の強みに繋がっていると考えております。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
少人数で、効率良く効果的にニーズに対応してきた弊社の社歴に基づき、今後も市場が必要とする素材の開発や、技術の開発に取り組み、市場要求に積極的に対応して参りたいと考えております。また、「弊社でしかできない」との認識を持っていただけるように、様々な分野で解決困難なニーズに対して、社内一丸となって取り組んで参りたいと考えております。
マッチングに向けて
【代表者メッセージ】
1972年の創業時より、ものづくり県静岡で日夜研鑽を積んで参りました。時代の変化に遅れることなく、時代が必要とする製品開発や素材開発にも積極的に取組んで参りました。これからも、「弊社でしかできない」技術開発や素材開発に積極的に取組み、静岡県だけではなく日本のもの作りを支える企業として研鑽して参りたいと考えております。

その他のアピール

【共同研究・開発実績】
廃石膏と容リの配合による、更なる効果(断熱・不燃等)を、大手建材商社と共同研究開発中である。

【知的財産】
特許公開「2010?2092?37」「2010?2294?23」取得 「無機物と有機物の混合に於ける放射線遮蔽組成物」・「無機物と有機物の混合に於ける放射線遮蔽組成物の製造方法」は出願中

【主要取引先:実績(国内)】
特許特許を取得している廃石膏と容リを混合して成形したデッキ材の販売を、大手建材商社と契約している。

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 関東本部
お問い合わせ

類似する企業はこちら