法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2022/07/09 11:44:31
法人番号:5013201001001

株式会社EBAC

温度制御が必要な機器や設備をオーダーメイドで製作

医療・研究機関向けの低温理化学機器を製販事業を展開している。冷蔵・冷凍設備の設計から施工までを一貫生産するほか、現代医科学技術の基礎から応用までの幅広い分野に対応している。技術革新に合わせてiPS細胞やDNAといった細胞等の保管・輸送の研究開発を進めており、環境熱学のプロとして現代医科学技術に貢献している。

お問い合わせ
メイン画像

その他のアピール

【企業の強み】
研究機関や大手企業からの納品依頼に関して、熱環境学のプロとして、極低温から高温まで様々な要望に対応できる技術力を備えています。

【事業内容】
主に全国血液センター、医療・研究機関向けの低温理化学機器製造販売、冷蔵・冷凍設備の設計から施工までを一貫して行っております。

【業種】
低温理化学機器製造販売

【製品・技術の強み】
高温槽(+300℃)から極低温槽(-196℃)まで幅広い製品がラインナップされております。

・保存用大型低温室(+10℃~-70℃)
・実験用恒温恒湿室(30℃~-40℃、40%~95%)
・超大型超低温槽(-80℃)1000L~5000L
・組織細胞搬送用極低温容器セルシッパー(-196℃)※空輸可能

【代表者メッセージ】
当社は創業47年、環境熱学の知識と技術で、現代医科学技術の基礎から応用に至る幅広い分野で、必要不可欠な装備として貢献を目指してまいりました。昨今の技術革新に合わせ、当社もiPS細胞やDNAといった細胞等の保管・輸送の研究開発を進めております。既にインドネシアやベトナム、イラク等への納品実績が御座いますが、今後さらにアジアを中心に海外展開を進めてまいります。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
総務部内に新規取引先対応担当を配置し、大手企業や海外企業からの問合せの窓口とします。また海外のお客様の対応はソウル事業所の社員が致します。技術的な相談には、技術部の担当が応対し、必要に応じて直接出向くことによって問題解決いたします。新規顧客への対応の指揮は社長が執ることとし、情報の収集・管理を含め、海外の取引先にも誠実に対応致します。

【表彰・メディア掲載】
【メディア記載】
東京新聞一面掲載「探訪 都の企業 血液製剤運ぶバッグ」(平成25年7月31日)

【証明・許認可】
ISO9001
ISO13485

【共同研究・開発実績】
大阪大学(iPS細胞ストック専用輸送容器、2013)

【主要取引先:実績(国内)】
日本赤十字社、帝人ファーマ、北里第一三共ワクチン、新菱冷熱工業、千代田化工建設ほか大手研究機関、大手ゼネコン多数。

【主要取引先:実績(海外)】
国内ディーラーを通じて、血液輸送バッグ、急速凍結庫(エアーブラスター)、低温恒温庫を海外に納めさせて頂きました。

【展示会出展情報】
JASIS2017/9/6-8(予定)
日本血液事業学会(福岡)2017/10/31-11/2(予定)

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 関東本部
お問い合わせ