法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2020/01/20 12:58:22
法人番号:2130001013473

株式会社ヤマシナ

ねじを換え、ものづくりの総コストと総重量を低減

冷間鍛造による産業用タッピンねじ・ボルトを製造・販売する。「ねじを換えれば、ものづくりの総コストと総重量の低減ができる」をキーワードに、ユーザーのニーズ・課題を把握し、その課題を解決する高付加価値のネジ・ボルトを提案・設計から試験・量産・販売まで行う。2017年には創業100周年を迎え、保有する図面は20万点以上、蓄積された技術・ノウハウで不良ゼロが必然とされる自動車関連メーカーとの取引により培われた高品質・管理力を有する。

お問い合わせ

その他のアピール

【企業の強み】
2017年におかげさまで100周年を迎えます。現在保有する図面は20万点以上、歴史に裏打ちされた技術とノウハウ、経営基盤を有します。不良ゼロが必然である自動車関連メーカーとの取引により培われた高い品質とその管理能力・設備も強みです。東京証券取引所二部上場企業であり、財務面でも自己資本比率が82.5%と磐石な安全性を有します。


【事業内容】
冷間鍛造小型部品、特に産業用ねじ・ボルトを中心に製造・販売しています。お客様は、自動車メーカーをはじめとするその部品メーカーが65%、家電・弱電メーカーが30%、その他は建築・インフラ領域です。お客様の課題を把握した上でそれを解決する付加価値高いねじ・ボルトを、提案・設計から試験・量産・販売まで行なうメーカーです。

【業種】
金属製品製造業

【製品・技術の強み】
「ねじを換えれば、ものづくりの総コストと総重量の低減ができる」をキーワードに新製品や技術の開発をすすめています。ある産業機器メーカーへの提案では、現在使用のねじから弊社製の特殊タッピンねじにスイッチすることで、0.8t以下の薄鋼板のバーリングが不要となり、その加工コストと管理コストの低減につながり年間5,000万円のコスト削減が見込めるとのお話をいただいています。この他、自動車向けのM6以上の金属用タッピンボルトや、樹脂用タッピンボルトの開発など、開発力とそれを形にする製造技術力を有します。

【代表者メッセージ】
販路拡大、原価低減を実現するシナジーを目的としたM&Aを積極的に実施しています。これらには海外展開を目的としたものも含まれます。本邦においては、より付加価値の高い差別化できる製品の開発を目指し、お客様の設計担当者や研究所と連携し、これを実現する開発活動を実施しています。付加価値の高い強い商品を作り、本邦での競争力向上とブランドの確立を実施しながら、アジアを中心とした販路拡大を積極的に進めていきます。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
国内は営業所が京都、愛知、埼玉、熊本にあり、物流やVA提案の拠点としての役割を担っています。高度な技術相談は、本社に技術開発・設計要員が10名常駐し、お客様の課題解決を行います。そのための試験・研究設備を本社内に設置しており、試験などはお客様の立会いによる実施・相談も可能です。海外に進出している日系企業の本邦担当からの依頼があれば、当社の現地担当と緊密な連携をとり、日系企業の海外拠点での課題解決を行います。

【シェア・ランク】
10位以内(自動車用においては5位以内)

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
1969年通商産業大臣賞 2016年関西ものづくり新撰

【メディア記載】
日刊工業新聞社 関西の優良ものづくり企業111社 京都産業21 製品開発型京都企業ガイドブック

【証明・許認可】
ISO9001,ISO14001

【共同研究・開発実績】
本田技研工業㈱ (樹脂用たっぴんねじ) その他、ルーティンで実施。

【知的財産】
特許登録第5777939「陽極酸化膜生成方法」他

【主要取引先:実績(国内)】
(株)デンソー(タッピンボルト、特殊ねじの量産)、アイシン精機(タッピンボルト、特殊ねじの量産)、(株)ダイキン、(株)日立、(株)パナソニック、(株)オムロングループなど、大手自動車部品メーカーや弱電機器メーカーへの納入多数。

【主要取引先:実績(海外)】
中国国内、タイの日系企業への納入多数

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 近畿本部
お問い合わせ

類似する企業はこちら