法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2021/08/06 12:39:04
法人番号:4120001140845

あっと株式会社

独自の毛細血管血流観察装置で国内外に展開

独自開発した毛細血管の血流観察装置「血管美人」を製造、販売している。国内の医療機関をはじめ、薬局チェーン、大手自動車企業の健康保険組合、大手サニタリー企業の商品開発部門を中心に、約400台の販売実績がある。海外でもシンガポール・台湾・香港などで販売しており、中国での拡販も加速している。大阪大学医学系研究科、千葉大学予防医療センター、至誠館大学とそれぞれ共同研究・開発した実績がある。毛毛細血管血流観察装置と毛細血管画像数値化システムで特許を取得している。

お問い合わせ
メイン画像

動画

毛細血管スコープ
更新日:2021/08/06
毛細血管スコープ

その他のアピール

【企業の強み】
非侵襲で簡易的に人体のありのままの状態において、バイタルデータを取得する検査・観察装置は他に見当たりません。また、ハードとして安価なマイクロスコープを利用しての高繊細な毛細血管画像の取得技術を他社が真似をする事は申請者の特許により困難です。さらに、得られた画像を数値化するシステムは大阪大学医学系研究科との共同研究での成果物として得られた特殊なアルゴリズムがあって初めて成功したもので、このようなソフト面からも、申請者技術について容易に他社が競合できる技術ではないと判断しております。
①ハードウェア開発実績
*毛細血管観察装置「血管美人」を自社開発、2003年より順次改良しながら販売。
*2015年より、PCと連携した毛細血管自動解析システム「CAS」を販売開始予定。
②画像処理アルゴリズム・システム開発実績
*毛細血管状態数値化アルゴリズム開発、同、システム開発
*近赤外線・静脈認証アルゴリズム開発
*画像明瞭化・輪郭抽出アルゴリズム開発
*医療画像診断アルゴリズム開発
*自動連続画像処理・大量解析システム開発
その他、高度かつユニークな画像処理技術を多数保有、いずれも外部ライブラリ等に頼らず1からC言語でのプログラミングを実施しているため、独自性(ブラックボックス性)、製品への組み込み等で優位です。
特に血管関連の可視光・赤外線での解析ノウハウは他社の追随を許しません。また、多数の大学や医療機関と連携を行っているため、研究体制の構築が可能である事はもとより、最新の医療画像診断技術の適用、臨床データの入手容易性などについても優位性があります。

【事業内容】
あっと株式会社の主要な事業は、毛細血管血流観察装置「血管美人」の製造販売です。2009年の会社設立以来、すでに約400台を販売しています。(前身の株式会社健康科学研究会からの累計販売実績は約2千台)主要な販売先は、医療機関や薬局チェーン、大手自動車企業の健康保険組合、大手サニタリー企業の商品開発部門などです。大手サニタリー企業の商品開発部門では、商品の効能評価用として採用されています。製品の普及活動としては、展示会や学会への出展を実施しています。また、次期製品(毛細血管状態の数値化システム)の事業化に向けて、大阪大学医学系研究科等との共同研究も行っています。

【業種】
製造業

【製品・技術の強み】
毛細血管画像データ1000枚以上を蓄積し、2万人以上の毛細血管観察を通して生活習慣との関連性を見出し、毛細血管画像を数値化するなど毛細血管画像を分析する独自のノウハウが申請事業の技術基盤となっています。2013年10月大阪市イノベーション創出補助金の採択を受け、11月より大阪大学医学系研究科河口准教授と毛細血管の数値化の共同研究に取り組む。2014年2月に研究成果として、毛細血管画像の数値化において一番の課題であった毛細血管画像の二値化に成功し、2014年8月にそのアルゴリズムを搭載した毛細血管数値化システムを開発した。
①ハードウェア開発実績
 *毛細血管観察装置「血管美人」を自社開発、2003年より順次改良しながら販売しております。
 *2015年より、PCと連携した毛細血管自動解析システム「CAS」を販売開始予定です。
②画像処理アルゴリズム・システム開発実績
 *毛細血管状態数値化アルゴリズム開発、同、システム開発
 *近赤外線・静脈認証アルゴリズム開発
 *画像明瞭化・輪郭抽出アルゴリズム開発
 *医療画像診断アルゴリズム開発
 *自動連続画像処理・大量解析システム開発
その他、高度かつユニークな画像処理技術を多数保有、いずれも外部ライブラリ等に頼らず1からC言語でのプログラミングを実施しているため、独自性(ブラックボックス性)、製品への組み込み等で優位です。特に血管関連の可視光・赤外線での解析ノウハウは他社の追随を許しません。また、多数の大学や医療機関と連携を行っているため、研究体制の構築が可能である事はもとより、最新の医療画像診断技術の適用、臨床データの入手容易性などについても優位性があります。


【代表者メッセージ】
2年の上海留学と3年の香港駐在経験を活かし、中華圏にも販路開拓を行ってきた。今後は大阪大学との共同研究により開発した毛細血管画像分析システムと共に日本での臨床データを取得した先進的な毛細血管・血流の状態に良い変化を与える健康商材の海外への販路開拓を目指す。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
中国語、英語での対応可、定期的に中華圏の展示会を視察

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
Innovation Weekend Grand Finale 2014で「NTT Communications 賞」、大阪府スタートアッパー企業認定 サンブリッジ賞 梅ケ枝中央会賞
、KDDI∞Labo × OIH 審査員賞

【メディア記載】
日経ヘルス2014年12月号(日本経済新聞)、2010年8月号臨床検査(医学書院)、たけしのみんなの家庭の医学(朝日放送)

【証明・許認可】
大阪トップランナー育成事業認定、
大阪市イノベーション創出補助金採択、
ものづくり・商業・サービス革新補助金採択、
大阪府成長志向創業者支援事業 “Booming” 採択、

【共同研究・開発実績】
大阪大学医学系研究科“毛細血管画像数値化システム開発”
千葉大学予防医療センター“毛細血管画像数値化システムの臨床研究予防医療における毛細血管画像の変化とシステムの検証”
至誠館大学“毛細血管画像数値化システムの臨床研究アスリートのコンディショニング管理”

【知的財産】
毛細血管血流観察装置 特許第3905524号
毛細血管画像数値化システム特願2015-85879

【主要取引先:実績(国内)】
薬局、ドラッグストア、国保連合会、健保組合など

【主要取引先:実績(海外)】
シンガポール・台湾・香港などで販売実績あり

【展示会出展情報】
健康博覧会 2013年(主催:UBMメディア株式会社)
会期:2013年3月13~15日
会場:東京ビッグサイト

また、学会にも積極的に出展することで、「血管美人」のより一層の普及に努めています。

< 学会 >
一般社団法人日本未病システム学会
臨床検査部会 未病臨床検査セミナー 2008年6月28日(大阪国際交流センター)
臨床検査部会 未病臨床検査セミナー 2009年10月30日(千里ライフサイエンスセンター)
近畿地方会・臨床検査部会 未病臨床検査セミナー 2012年8月4日(神戸常盤大学) 
近畿地方会 2013年7月27日(大阪大谷大学 )
全国大会  2014年11月1~2日(千里ライフサイエンスセンター)

一般社団法人日本統合医療学会
2012年大阪大会 2012年2月8~9日(大阪大学)

一般社団法人日本臨床衛生検査技師会 
中部圏支部 医学検査学会 2014年9月27日~28日(富山国際会議場)

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 近畿本部
お問い合わせ

類似する企業はこちら