法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2016/11/30 18:10:37
法人番号:2240001036645

株式会社ワイテック

自動車の軽量化に貢献する部品メーカー

自動車部品を製造している。1952年の創業以来、積み重ねた経験、ノウハウを活用し、自動車の軽量化とコスト抑制につながるシャシー部品などを開発し、実績を上げている。マツダ車のサスペンション部品、リヤ側のアンダーボデー部品の生産について、国内外を問わず、ほぼ100%担当している。マツダをはじめ、広島大学、広島県西部工業技術センターと共同研究・開発した実績がある。金型、組み立て冶具の設計、製作も手がけている。

お問い合わせ
メイン画像

その他のアピール

【企業の強み】
多様化するお客様のニーズにお応えするため、新技術・新工法を積極的に挑戦して具現化してきました。その技術は当社の得意とする金属加工技術を更に進化させ、新商品へのビジネスを拡大しております。また、自社で保有するサスペンション部品の開発能力、金型・組立治具の内製能力を駆使して、高品質・短納期・低コストでの自動車部品を提供致します。

【事業内容】
1952年創業以来、金属加工を基軸に自動車部品開発・製造を行ってきました。自動車部品のプロ集団として豊富な経験を活かし様々なニーズにお応えします。また、環境やグローバル化など新しい時代の要求にも柔軟に対応しながら創造力とスピードを武器に21世紀のグローバルサプライヤーとして、さらなる進化をつづけます。

【業種】
自動車部品製造、金型及び組立冶具設計製作

【製品・技術の強み】
シャシー部品の最適構造の開発。特に「低コスト・軽量トーションビームの開発」に自信を持っています。トーションビームの重量の多くを占める中間ビームに着目し、従来の厚板板金構造からクラッシュドパイプ構造に変更する事で軽量化。加えて、残留応力を抑制する工法を開発し、低コスト化を実現しました。
・軽量化:従来(7.4㎏)、新構造(5.8㎏)約20%の軽量化
・低コスト:従来(液封→加熱→冷却→脱スケール)、新工法(プレス加工のみ)約20%コスト低減

【代表者メッセージ】
自動車業界においては、地産地消の動きが着実に進んでいます。弊社が保有している海外拠点を活かしながら、且つ必要な経営資源を手当てすることで、日本国内から海外へと更に生産をシフトされるお客様の期待に応えて参ります。海外展開を成功させるためにも、国内において商品力や技術力をより確かなものとします。これらを基盤に、販路の拡大やお客様の海外生産に適合する商品を提供して参ります。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
営業部に英語・中国語が堪能な社員を各1名、より技術的対応が可能な人材を技術本部に4名在籍させ、海外顧客との窓口として対応しています。今後も更にグローバル人材の育成が最重要と認識しています。商品開発や生産技術、営業など、お客様とのインターフェイスを担う人材や、海外拠点において国内と変わらぬ品質・コスト・納期を実現出来る人材の育成を行なっています。また、海外拠点で活躍する現地人スタッフを、日本に呼び寄せて教育・訓練することで、日本流の取り引きを海外展開出来る様に取組んでいます。

【シェア・ランク】
マツダ車のサスペンション部品、リヤ側アンダーボデー部品の生産を国内外を問わずほぼ100%担当しています。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
拡販、VE/VA表彰多数あり

【メディア記載】
2013/9/8 テレビ新広島 「情熱企業」~新たなる価値の創造
2014/3/8 RCC中国放送 「Eタウン」 マツダメキシコ新工場の戦略!海を渡った家族に密着
2013/3~8 中国新聞、日刊工業新聞、型技術など 金型製作時の高精度加工の追及

【証明・許認可】
品質マネジメントシステム : ISO/TS16949
環境マネジメントシステム : ISO14001

【共同研究・開発実績】
・マツダ(株):「シャシー部品の共同開発」(1992年~継続中)、「ホットスタンプの適用開発」(2010年~2011年)
・広島大学:「画像処理による自動車部品の外観検査」 (2009年~継続中)、「ハイテン材の成形性に関する共同研究」(2009年~2010年)
・広島県西部工業技術センター:「CFRPを適用した自動車部品の開発」(2009年~継続中)
・広島国際大学:「高齢化に備えた人間工学的手法による職場改善と全社的作業改善チェック体制の構築」(2005年~2009年、以降自主的な生産性向上活動として継続中)

【知的財産】
・中空部材及び中空部材の製造方法(特願2013-533458)
・筒状体の成形方法及び成形装置(特開2011-031261)
・トーションビーム式サスペンション装置(第5383382号)
・車両のサスペンションサブフレーム構造(第5518344号) など

【工場(国内)】
本社・海田工場(広島県)、中野工場(広島県)、防府工場(山口県)、石見工場(島根県)

【工場(海外)】
FYCC(中国・長春)、NSY(中国・南京)、YKM(メキシコ)、YTC(タイ)

【他主要拠点】
オートテクニカ本社・海田工場(広島県)、オートテクニカ小野田工場(山口県)

【取引形態】
量産受注、試作受注、治型具受注、共同開発、技術支援、ライセンス契約、他

【取引条件】
弊社条件による

【主要取引先:実績(国内)】
・マツダ株式会社
・ダイハツ工業株式会社
・トヨタ自動車株式会社
・トヨタ自動車九州株式会社
・トヨタ車体株式会社
・日産自動車株式会社
・富士重工業株式会社
・三菱自動車工業株式会社
・豊田通商株式会社
・住友商事株式会社
・マツダスチール株式会社 など

【主要取引先:実績(海外)】
・マツダ海外法人(米国、メキシコ、中国、タイ)
・ワイテック海外法人(中国、メキシコ、タイ)
・一汽豊田
・現代自動車
・フォード
・ベントラーオートモーティブ
・サミットグループ
・タイサミットグループ など

【展示会出展情報】
2009年 東京モーターショー
2009年 広州モーターショー
2009年 上海展示会

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 中国本部
お問い合わせ