法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2021/04/07 12:16:10
法人番号:2122001007695

株式会社ミナミダ

独自アイデアで軽量化したボルトなども開発、提案

アイデア工法で省エネ、省資源、・軽量化を実現する製品を提案。温間・冷間鍛造技術を軸に設計・製造・熱処理・表面処理までワンストップで提供する。シートベルトの重要部品からハンドル、足回り部品まで、自動車分野で培った技術をもとに建築や電機に拡大している。2011年にタイ、2019年にメキシコでの生産も始め、グローバルに展開している。

お問い合わせ
メイン画像

動画

(株)ミナミダ会社紹介
更新日:2021/04/07
 

その他のアピール

【企業の強み】
大型の鍛造機を保有(材料径φ43ミリ×280ミリ φ33ミリ×500ミリ φ10ミリ×無限大)し、インボリュートセレーションやギヤーの連続成形を実現している、また深い穴(L/D 12倍以上)を塑性加工し軽量化を実現している。また2013年にタイ工場(ピントン工業団地)で操業開始し、ユーザー様の現調化ニーズに対応している。日本の工場は大阪府・八尾、大分県・国東の二ヶ所で、より細かい対応が可能です。

【事業内容】
長尺(ロング)の世界最長鍛造フォーマーや大型の多段式フォーマーなどで複雑なギヤー形状や深穴を塑性加工にてブランクを製作し、切削・研削・研磨など(NC,MC)の加工機とプレスでの二次圧造、せん断加工など多数の加工機を駆使し、ネットシェイブでユーザーニーズに合致した製品を生産している。

【業種】
金属部品製造販売

【製品・技術の強み】
本社二次加工工場は恒温室で1/1000台の精度を必要とするセンサー部品を大形鍛造ブランクから研削している、またHv向けの銅端子を線材から連続鍛造と二次プレスで安価に、また高精度に生産している。シートベルトの重要部品からハンドル、足回り部品まで、幅広いユーザー様に供給させていただき、また各電力会社様や重電会社様、ハウスメーカー様向けに認定された特殊金具やロングボルトも供給させていただいております。

【代表者メッセージ】
弊社は国内2工場・3営業所・海外1工場より、タイムリーにお客様対応が可能です。100%受注生産方式で「小ロット・短納期」を実現し、「お客様の困り事を聞く」をモットーに、多種多様な加工機を駆使する優秀な技術陣と共に営業活動を展開し、最適な工法・新技術を生み出し、お客様の困り事を解決する事が我々の求めるところです。また、我々は「地域で一番たのしい企業」と言われる職場をつくり、メンバーが希望とプライドを持て、ワクワクするような企業を目指しております。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
国内3営業所から対応させていただきます、2015年には北米(アメリカまたはメキシコ)に営業所を開設し、2016年には生産工場の建設を進めます。タイ工場は2012年12月より量産開始(冷間鍛造+切削)、2014年2月には拡張工事終了し、複合加工機・サーボプレスを増設致しました。大阪本社では英語対応可、海外からの「困り事」にも対応可能です。

【シェア・ランク】
シートベルト用ラック部品国内シェア 40%
EV用バッテリーボルトシェア 50%

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
大阪の元気なモノ造り企業(2008)

【証明・許認可】
ISO9001取得(2000年3月)、ISO14000取得(2006年4月)

【工場(国内)】
本社工場(大阪府)、第二工場(大阪府)、大分工場(大分県)

【工場(海外)】
Pinthong Industrial Estate 1(タイ)

【他主要拠点】
本社営業部(大阪府)、東京営業所(東京都)、広島営業所(広島県)

【取引形態】
弊社製品の販売、弊社製品に関わる材料の購入、試作開発

【取引条件】
取引形態により別途打合せ

【主要取引先:実績(国内)】
タカタ様(シートベルト部品)、光洋機械工業様(ハンドル部品)、川崎重工様(ピストン部品)、三菱電機様(センサー部品) 

【主要取引先:実績(海外)】
アメリカ・中国・メキシコ・インド・ハンガリーへは日系商社経由で日系及び地場自動車部品メーカーへ販売  タイでは自動車部品一次メーカーへの直販及び日系商社経由での販売

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 近畿本部
お問い合わせ