法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2020/01/29 15:09:13
法人番号:3180001079204

富士特殊紙業株式会社

水性インキの使用、脱・有機溶剤の実現により開発された食品用パッケージ

グラビア印刷による食品用パッケージを製造。世界で初めてプラスチックフィルムに対し水性インキで印刷を可能とし、水性グラビア印刷により環境に配慮したパッケージを生産します。
また、小ロット多品種に対応して必要な数量のみを版を作ることなくデジタル印刷での再現を可能とし、これまで弱点とされていた白の隠蔽性もグラビア印刷とのコンビネーションで克服しています(デジタル・グラビアハイブリッド印刷)。

お問い合わせ

【製品説明】 これまで不可能とされていたプラスチックフィルムへの水性インキによるグラビア印刷技術を世界で初めて開発・確立しました。 素材(フィルム、インキ)の改質のみならず、製版方式、製版技術、印刷技術、印刷機械などの改良により溶剤を極力使用しない印刷を可能としました。 食品メーカーは溶剤を使用しないパッケージを使用することで、消費者により安心・安全な食品を提供することが可能となります。 同時に油性印刷よりも再現性の高い精緻な印刷も可能としました。 【シェア・ランク】 水性グラビア印刷分野では80% 【主要保有施設・機器】 水性グラビア印刷対応印刷機 10台

【製品説明】 核家族、少子化が進むと食品の消費量は必然的に減少し、スーパー、コンビニに並んでいる商品には再封機能を持ったチャック(ジッパー)が要求されます。 同じく、食品を携帯する場合は再封出来るか否かでその売れ行きが大きく変わってきます。 当社はコンバーターとして初めてチャック部分(テープ)から製造し、他社に無い美しい仕上がりと機能を持ったチャック袋を製造しています。 特に2年前に開発したスマートカットジッパー袋(世界で初めてピロー袋にチャックを装着することを可能とした)は、当社独自のチャック製造方法によって成し得たもので、他社には真似の出来ない開発商品です。

【製品説明】 内容物の特性に合わせて、内容物へ密着するタイプ・密着しないタイプを、製造方法に合わせて、チューブタイプ・フラットタイプ(自動充填包装機対応)を選択していただけます。チューブ・フラットのどちらを選択いただいても、フルプリントが可能であり、フィルムが熱収縮することでタイトな仕上がりとなるため、商品の衣装性が上がります。

お問い合わせ