法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2019/11/20 11:17:11
法人番号:2120001001974

株式会社新日本テック

微細精密加工と機能性金型部品で、貴社のものづくり課題の解決に貢献します

超精密加工技術を武器に超精密金型、ダイヤモンド金型部品、かす上がり防止レーザ加工、SNフッ素コートなどを製造。また焼結ダイヤモンド(PCD)の加工技術を応用し、SiCなどの高硬度材料のダイシングに有効なPCDダイシングブレードも製造、販売している。ダイヤモンド金型部品、PCDダイシングブレード、かす上がり防止レーザ加工はともに世界トップシェア。

【企業映像】以下のサイトからご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=ipCsXg9S-Pc
https://vimeo.com/227834294

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

電子部品、精密機器、医療機器、光学機器の微細精密加工はお声掛けください。
当社は、金型(プレス・モールド)と特注金型部品の製作で多様に高度化する要望にきめ細かく対応する一方、独自の機能性金型部品(商標取得)により、金型の長寿命化やメンテナンス工数の削減、トラブルの削減による生産性の向上や省エネルギー・省資源等の付加価値を提供します。
独自に開発する機能性金型部品で、貴社のモノづくり課題を解決し、生産性向上に貢献します。
金型の長寿命化やメンテナンス工数の削減、トラブルの削減による生産性の向上や省エネルギー・省資源等のニーズに対応できます。

その他のアピール

【企業の強み】
当社は、創業して以来一貫して技術開発力と微細精密加工技術を磨いてきました。現在は、電子部品や光学部品、精密機器、医療機器用の超精密金型(プレス・モールド)の設計製作や、特注金型部品、機能性金型部品の製造を行っています。
多様に高度化するものづくりのリクエストに、超精密金型と特注金型部品できめ細かく対応すると同時に、ニーズであるものづくり課題の解決にも機能性金型部品で対応し、生産性向上に貢献する企業を目指しています。平成25年には、本社工場に天皇皇后両陛下の行幸啓を賜りました。

【事業内容】
(株)新日本テックは、スイッチ部品やコネクタなどの電子部品、カテーテルなどの医療機器、レンズなどの光学機器の製造に必要な超精密金型(プレス、モールド)や超精密金型部品の製作を得意としています。設計から部品加工、組立までの金型一式工事から、支給図面の金型部品加工、単工程加工の受注や、独自のレーザ加工やフッ素表面処理も手掛け、高度に多様化する顧客ニーズにも、きめ細かく対応します。本社工場(大阪市)、鳥取工場(鳥取県東伯郡)、岡山工場(岡山県津山市)に拠点を持ち、日本全国と海外との取引も行います。

【製品・技術の強み】
電子部品の製造に使用する超精密金型(プレス・モールド)の製造や、超硬合金・PCD(焼結ダイヤモンド)・工具鋼等への超精密加工技術(切削、研削、放電加工、ミガキ)を得意とします。独自の機能性金型部品として、かす上がり防止レーザ加工、冷却スプルーブッシュ、PCDダイシングブレード、撥水・撥油・非粘着フッ素コーティング「SNフッ素コート」、遮熱hat(ハット)等を保有し、多数の特許や、ものづくり日本大賞などの公的機関の認定や受賞も多数保有しています。国家技能検定取得など社員の技術向上も支援しています。

【代表者メッセージ】
当社は創業以来、一貫して技術開発力と微細精密加工技術の向上に努めてまいりました。
絶え間なく進化し、変わり続けるものづくりに対応するため、当社はものづくりのリクエストとニーズにお応えする「旬のネタ」を取りそろえ、美しい職場から明るく元気に良い製品をお届けする「寿司屋型ものづくり」を推進しています。
貴社課題の解決に効果を発揮し、貴社の生産性向上にきっとお役にたてると存じますので、まずは何なりとお声かけをお願いします。
私たちは時代のニーズを先取りし、微細精密加工技術で豊かな未来を切り拓いてまいります。


【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
当社は、ISO9001(2008年版)、ISO14001(2004年版)の認証を取得し、大手企業との取引や、海外企業との取引にも対応可能な、品質環境マネジメントシステムを構築し、活用しています。海外への事業場設置は考えていないが、海外取引に精通する商社との連携により、海外との取引にも積極対応しています。当社製品の性能や、効果の検証には、公設試や大学等との共同研究により、効果を示すデータの採取と提示に努めており、顧客が採択し易いよう敷居を低くする努力も鋭意行っています。

【シェア・ランク】
PCDダイシングブレード:世界シェア1位
かす上がり防止レーザ加工:世界シェア1位

【表彰・メディア掲載】
【認定および表彰】
平成21年経済産業省中小企業庁「2009明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社(日本のイノベーションを支えるモノ作り中小企業部門)」選出
平成21年近畿経済産業局「2009年KANSAIモノ作り元気企業100社」選出
平成24年2月新連携事業計画認定/ 平成24年2月「第4回ものづくり日本大賞」優秀賞受賞
平成25年4月「第25回中小企業優秀新技術・新製品賞」優秀賞受賞
平成25年6月本社工場に天皇、皇后両陛下の行幸啓を賜る
平成27年9月遮熱hatで「“超”モノづくり部品大賞」奨励賞を受賞
平成28年6月遮熱hatで一般社団法人プラスチック成形加工学会第3回技術進歩賞を受賞
平成28年6月近畿経済産業局から「地域中核企業」に選出され、先進的光学部品展開の実用化支援事業に参加
平成28年8月遮熱hatで大阪府立環境農林水産総合研究所の大阪発の優れた環境技術「ゴールドエコテック」に選出
平成29年1月遮熱hatが経済産業省近畿経済産業局「関西ものづくり新撰2017」に選定
平成29年6月近畿経済産業局から「地域中核企業」に再選出され、次世代光学製品共創ネットワーク構築に分科会リーダーとして参画
平成29年11月社長和泉が大阪市から「平成29年度 大阪テクノマスター」に認定、顕彰
平成29年12月経済産業省から「地域未来牽引企業」に選定
平成29年12月「遮熱hat」が大阪府経営革新計画承認企業の認定(大阪府指令経支第1086-79号)
平成30年3月社長和泉の投稿論文「SiC半導体基板用PCDダイシングブレードの開発」が砥粒加工学会から熊谷賞を受賞
【メディア記載】
日経ものづくり2013年8月号に技術記事掲載/ 日刊工業新聞2013年3/ 26~29まで4連載記事掲載
一般財団法人日本立地センター様が産業立地や地域開発等に関する諸事業を掲載する機関誌「産業立地」2016年11月号関東記事に掲載、その他掲載多数

【証明・許認可】
ISO9001(2008年版)、ISO14001(2004年版)

【共同研究・開発実績】
熊本大学、大阪大学、産業技術総合研究所、大阪府立産業技術総合研究所、岐阜大学他と研究実績多数

【工場(国内)】
本社工場(大阪市)、鳥取工場(鳥取県東伯郡)、岡山工場(岡山県津山市)

【主要取引先:実績(国内)】
電機、精密機器分野の大企業との取引多数

【主要取引先:実績(海外)】
中国、シンガポール、台湾企業との取引有

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 近畿本部
お問い合わせ

類似する企業はこちら