法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2022/05/02 10:52:35
法人番号:8011101062755

株式会社RSC

放射線遮蔽技術の向上に貢献します。

中性子やガンマ線の遮蔽技術を用いた遮蔽材メーカーです。原子力発電所、医療施設、航空・運輸など様々な分野における放射線遮蔽の課題に産官学に渡る幅広いネットワークで対応します。

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

事業紹介
当社の特徴
1.透明体中性子遮蔽材に関する製法特許取得。(特許第6955490号(P6955490))
2.透明体中性子遮蔽材の更なる進化を求めて研究・開発しております。
3.当社が長年蓄積してきた透明体中性子遮蔽材の製造ノウハウを提供いたします。
4.複雑形状及び性質の異なる材料での複合遮蔽構造における放射線遮蔽解析シミュレーション・評価を行います。
5.お客様のご要望によっては販売促進に関するご提案も積極的に行います。
当社の取組み
1.蓄積してきました技術ノウハウと人材ネットワークを生かし、お客様のご要望に適応した放射線遮蔽材の開発をいたします。
2.産業・学術両面を視野に入れた技術開発コーディネーターとしての活動を展開してまいります。
3.日本の優れた放射線遮蔽技術を世界に発信してまいります。
4.産学に渡るネットワークを生かし、放射線遮蔽材に関する委託研究に積極的に取り組んでまいります。
主な実績
【納入実績】
(1)防衛省:陸上自衛隊化学防護車用透明体中性子遮蔽板24両分納入
(2)防衛省:陸上自衛隊化学防護車用透明体中性子遮蔽システム(二次ガンマ線遮蔽機能型3両分)
(3)防衛省:陸上自衛隊化学学校へ中性子遮蔽衝立納入
(4)日本原燃株式会社:放射性廃棄物保管容器を納入
(5)日本原燃株式会社:放射線監視カメラ用放射線防護システム(二次ガンマ線対応型)納入
(6)台湾電力株式会社:中レベル放射性廃棄物保管容器納入
(7)日本原子力研究開発機構:ホットセル配管用遮蔽プラグ充填工事受注
(8)日本原子力研究開発機構株式会社:コンクリート壁貫通孔充填工事受注
(9)日本核燃料開発株式会社:放射性廃棄物圧縮ペレット収納容器(370缶)

【共同及び委託研究実績】
(1)独立行政法人海上技術安全研究所:セラミック系放射線遮蔽材の中性子及びγ線特性評価
(2)独立行政法人海上技術安全研究所:ホウ素含有セラミック系放射線遮蔽材の中性子及びγ線の特性評価
(3)東京電力株式会社ホウ素含有放射線遮蔽材と最適遮蔽システムの研究
KRAFTON™ 導入実績
防衛省陸上自衛隊補給統制本部:2000年3月~2001年3月
化学防護車用透明中性子遮蔽材(1560×600×60)×8/1車両
   KRAFTON-C1 24両(2000年3月)KRAFTON-C2 3両(2001年3月)

1999 年JCO臨界事故に際し防衛庁(当時)は陸上自衛隊化学防護車用放射線遮蔽材として当社が開発したKRAFTON™シリーズの採用を決定。現在も27 両が配備。東日本大震災に際しても、指示命令系統車両として出動。
日本原燃株式会社:2003年5月
対放射線カメラシステム用レンズフィルター及びボディ用遮蔽材
レンズフィルター:KRAFTON-C2 ボディ用遮蔽材:KRAFTON-N5

ガンマ線・中性子同時遮蔽システムで、レンズフィルター部分は弊社が製法特許を持つ透明体中性子遮蔽材KRAFTON-C1、ボディ部分の遮蔽には、KRAFTON-XP5を使用しています。原子力研究所東海試験炉4号(JRR4)を使用し、カメラの放射線耐久テストを実施した結果、遮蔽システムの高い信頼性が確認されました。
KRAFTON™ 放射線遮蔽ハウス(セーフティハウス)
放射線遮蔽材KRAFTON™シリーズを使用した作業者を放射線被ばくから守るセーフティハウスです。
確かな遮蔽計算をもとに、あらゆる環境下に対応可能な放射線遮蔽ハウス・構造物など優れた遮蔽システムをご提案しております。

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 販路支援部
お問い合わせ