法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2021/05/04 10:42:55
法人番号:5012701009132

株式会社ティービーエム

水を守り、グリーン電力を生み出す! 日本初の環境技術

当社の「フード・グリーン発電システム」は、飲食チェーン、レストラン街、食品工場など、食関連施設の水質浄化を行い、浄化の過程で分離回収した油脂を原料に発電し、グリーン電力を社会に供給します。
「水を守り、新エネルギーを生み出す」このシステムは、SDGsに貢献しながら、持続可能な社会の実現に取組む企業の皆様とともに、新たな環境インフラとして普及して参りたいと存じます。

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

フード・グリーン発電システム 3つの脱炭素効果
①未利用油脂のエネルギー利用による 脱炭素効果
飼料化やBDF化など既存技術では再利用不可な110万トンの未利用油脂もTBM技術でエネルギー利用が可能!
[効果]
未利用油脂 110万トン/年
 ・一般市民の廃食油(10万トン/年)
 ・グリストラップ浮上油脂(30万トン/年)
 ・食品工場の油泥(70万トン/年)
→ 重油代替カーボンオフ燃料 66万トン
→ 180万t-CO2の削減
②水処理負荷減による 脱炭素効果
未利用油脂の約半分は排水に含まれその処理にエネルギーが使われる(1Lの排水油脂処理に7.5kWh 消費)
[効果]
水処理される排水油脂量 55万トン
→ 400万MWhの電力消費
→ 185万t-CO2の削減
③産廃処分量減による 脱炭素効果
未利用油脂の約半分は 汚泥として産廃処分されている(1tの汚泥処理に0.13t-CO2)
[効果]
産廃処分される排水油脂量 55万トン
→ 7.15万t-CO2の削減

カタログ・パンフレット・提案資料

【事例紹介】飲食店の排水油脂を用いた都市型バイオマス発電「フード・グリーン発電システム」.pdf

その他のアピール

[認定歴]
・経産省 新連携支援事業 (R2 20200708関東第74号)
・NEDO 新エネベンチャー(H25~H28年度)
・渋沢栄一ビジネス大賞 大賞受賞(H31 埼玉県主催)

この企業は以下の支援機関から推薦されています

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
お問い合わせ

類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。