法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2020/06/02 09:53:49
法人番号:1100001023030

株式会社協和精工

特注ブレーキ開発・製造、半導体製造装置・医療機器向け精密加工部品製造

OA機器、産業用ロボット、福祉車両、電動車椅子等を中心にはお客様毎にカスタマイズしたブレーキを供給。
また、半導体製造装置や医療機器向けの精密加工を得意とし、大型部品加工から手のひらサイズまで短納期で加工可能。

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

事業分類
ブレーキ開発・製造
弊社のブレーキは、1社1社、お客様の要望を汲み取って作り込む。
大手の画一的なブレーキではお客様自らが分解する等して大きさや厚さといった加工を行う手間を要する上、ブレーキの品質保証も難しくなる。しかし、弊社はお客様毎にカスタマイズしたブレーキを供給するため、お客様は品質を維持したまますぐに製品に組み込むことができる。
また、脳手術用の顕微鏡機器に採用されているブレーキは手術現場でブレーキの作動音が集中力を乱すというお医者様の要望に対応するため、約3年の年月をかけて開発をした。このように、弊社では設計・開発も含めてオーダーメイドでの多品種・小ロット生産の体制を構築している。
精密部品加工
半導体製造装置・医療機器等、高精度が求められる部品加工を強みとしている。

大型部品加工から手のひらサイズ部品加工
(最大1800㎜x900㎜まで対応可能)
設備・工程集約で短納期実現
仕上げレスでの安定高品質加工
組立アッセンブリ
部品加工設備とブレーキで培った生産技術で一式請負可能。
部品加工にとどまらず、時には設計から着手して加工・組立までを行うことで、ユニット一式を同社で請け負う。

一例として、日本海周辺海域の150カ所以上に沈められている地震津波計がある。
地震津波計は、地震が生じた時に心臓部である「地震センサー」が揺れを感知して、正確な情報をいち早く関係各所に伝える重要な役割を担っている。地震津波計の製造には水深8000mという過酷な環境の中で25年保証に耐えうる高度な技術力が求められるが、弊社はその技術力が認められて「地震センサー」ユニットの組み立てを請け負った。
また、宇宙産業関連でも国際宇宙ステーションに搭載されている金属の溶融実験装置の一部について、弊社自ら設計・加工・組立を請け負う等、実績を積み上げている。

その他のアピール

経済産業省「地域未来牽引企業」に選定
国際規格ISO9001取得
新・ダイバーシティ経営企業100選受賞
グットカンパニー大賞優秀企業賞受賞

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 関東本部
お問い合わせ