法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2020/04/03 15:33:42
法人番号:7010601041988

株式会社アニマルステムセル

再生医療の国内普及に貢献

「犬の幹細胞による獣医師主導型治験」の運営及び治験薬 (幹細胞) 製造を行っています。この度、脂肪由来幹細胞の治験を開始。脂肪由来幹細胞の安全性及び有効性を確認するために治験を受託しました。

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

幹細胞治療の可能性
幹細胞自動培養装置
これまでの人手による細胞の手動培養を自動化することで、生産コストの低減と品質向上および管理・モニタリングを強化するとともに、競走馬や畜産動物など大型動物向けの大量培養や、試験用幹細胞の受託生産を行っています。
本装置では、ヒトの間葉系幹細胞の培養が可能なことも確認しており、今後適用範囲を拡大するととともに、本装置の要素技術については、モジュール化・さらなる小型化を目指しています。
再生医療技術を用いた不妊・繁殖障害の改善
加齢やストレス等で精子運動活性と精子生産能力が低下した、精子不動症、精子無力症、精子減少症の雄個体に、牛・犬・馬など各種より採取した間葉系幹細胞を投与することにより、その精子生産能力を回復・向上させることが期待できます。
加齢性および難治性の不妊・繁殖障害に対する間葉系幹細胞を用いての新規治療法の開発において、「精子運動活性および/又は精子生産能力の向上方法」を見出し、これに係わる特許出願を行っています。
ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト
再生医療分野における幹細胞自動培養の装置コンセプトと、デンソーウェーブ社が開発してきた医薬・医療ロボットや自動車産業にて培った品質管理技術を融合させ、クリニックなど小規模な医療機関でも導入が可能な小型で安価なロボットシステムの構築を目指しています。
これにより、国内クリニックや海外市場において、無人化・品質均一化でのロボット培養が可能となり、より安全かつ安価に再生医療の提供が可能となります。

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 販路支援部
中小機構のインキュベーション施設入居企業
お問い合わせ