法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2020/03/06 15:53:16
法人番号:1120001135063

株式会社システムサポート

質へのこだわりが常識を変える。

医薬品、基礎化粧品、食品、ファインケミカル分野などの商品開発研究所・生産工場などへ流体摩擦を応用した微粒化技術による高圧微粒化装置を製造、販売する。微粒化技術は、超高圧ノズルを通過した高圧エネルギーを帯びた突入原料液が滞留原料液に突入することにより、突入原料液と滞留原料液の境界面に「流体摩擦」を発生させ、その速度・圧力落差によるせん断力で微粒化。原料液同士の流体摩擦による微粒化で不純物・気泡を含まない純粋な微粒化を可能にした。

お問い合わせ
メイン画像

その他のアピール

【企業の強み】
キャビレス湿式型微粒化装置システマイザーは、強度、耐蝕性、熱耐性、耐久性など対コスト性能が高い装置です。高圧シリンダとプランジャーとの間に使われているシール(パッキン)においては、ピスト運動よるエネルギー付加や熱にも耐えられる高密度ポリエチレンを採用しており他社のものに比べ部品寿命は10倍以上です。また、高圧シリンダボディにおいては、戦車などの砲身にも使用させている析出硬化系ステンレスを採用しております。製品になる原料液だけでなく装置に関しても高品質をお客様に提供します。「質へのこだわりが常識を変える。」をモットーに日々研究開発に励み、お客様と接しています。ナノマテリアルはまだまだ未知の世界であり、微粒化装置においてもまだまだ用途分野があるはずです。私たちと共に「常識を変える。」新たな価値を生み出しましょう。

【事業内容】
弊社は大阪にあります湿式型の高圧微粒化装置を製造・販売しておる会社です。キャビレス湿式型微粒化装置システマイザーの特長としましては、原料液同士の圧力差(最高圧力:250MPa)と速度差(最高速度:マッハ1.4)による流体摩擦を応用した微粒化方法であり、ボールミル(粉砕機)のようなメディアを使用しないので、コンタミネーション(金属異物)やキャビテーション(気泡混入)を含ませない純粋な処理が可能な装置です。用途分野は、医薬品・化粧品・エレクトロニクス分野と様々な分野に実績がございます。


【業種】
生産用機械器具製造業

【製品・技術の強み】
キャビレス湿式型微粒化装置システマイザーは、医薬品・化粧品・ファインケミカルの分野で活躍しています。微粒化装置業界においては、キャビテーションやメデイアへの衝突エネルギーを用いた微粒化方法が主流でした。しかし、私たちはどちらのエネルギーも用いない画期的な方法を開発しました。原料液同士の圧力差と速度差による流体摩擦を応用した微粒化方法”フルイフリクションシステム”です。超高圧ノズルを通過する事により得られる高圧エネルギー(最高圧力:250MPa/最高速度:マッハ1.4)を帯びた突入原料液が滞留原料液(背圧範囲:5〜20MPa)に突入することにより、突入原料液と滞留原料液の境界面に流体摩擦を発生させ、その圧力・速度落差によるせん断力で微粒化。原料液同士の流体摩擦による微粒化なので、不純物・気泡を含まない純粋な微粒化が可能です。原料液に対しても、装置に対しても、余計な負担をかけません。高品質を目指す研究開発ご担当者、ぜひ評価テストさせて下さい。

【代表者メッセージ】
毎年東京ビックサイトで開催されるインターフェックスジャパンには、業務提携商社ブースにて出展させて頂いております。出展だけでなく、医薬品・化粧品・食品・その他の展示会場があれば出向き、飛び込み営業をかけています。また異業種交流会やビジネスマッチングのイベントがあれば積極的に参加し、某大学教授の方とお知り合いになり、産学連携の提案もさせて頂いております。まだまだ他分野で高圧微粒化装置が活かせるはずです。今後は、さらに技術力を磨き、安全・安心・高品質が求められる産業に貢献するとともに、新たな事業・分野に展開を進めてまいります。どんな相談も承りますので是非よろしくお願い致します。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
・㈱ノリタケカンパニーリミテド社と連携
エレクトロニクス業界への営業活動の強化
・㈱ミューチュアル社と連携
食品・化粧品・医薬品業界への営業活動の強化
・「リポソーム生成装置における試作・開発」をテーマにものづくり助成金の採択。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】


【メディア記載】


【証明・許認可】
経産省 生産性向上設備投資推進税制 A型 認可取得

【知的財産】
商標登録証 登録第5736489号 商標:システマイザー

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 近畿本部
お問い合わせ