法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2019/11/04 11:07:30
法人番号:3290001017788

株式会社九州電化

微小加工から大型製品まで多種類のめっき加工

表面処理の先端技術で重粒子線ガン治療装置用部品などの加工困難な製品の表面処理から豪華客船まで。

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

開発技術
セラミクス複合素材への表面処理
最先端のめっき技術の研究と開発を可能とするため、めっき工場とは別に先端技術イノベーションセンターを増設いたしました。最新の分析装置と開発先任者による新技術開発体制を構築しております。
反射率ゼロの表面処理
光学機器では乱反射光や不要入射光によるゴーストやフレアを防止するため、反射率ゼロの表面処理が求められます。しかし、従来使用されていた梨地黒アルマイト等では、反射率ゼロを達成することができませんでした。
 当社が開発した自社開発の黒クロムめっきは、反射率ゼロを達成しており、現在電子部品の検査装置等へ採用されています。
重粒子線がん治療への貢献
重粒子粒子線治療とは、炭素イオンを、加速器で光速の60~80%まで加速し、これらをがん病巣に狙いを絞って照射する最先端の放射線治療法です。炭素イオンを加速するためには高周波電力が必要であり、導電性の高い表面処理を加速器内面に施す必要があります。当社では、加速器内面に均一な膜厚(50~100μm)で選択的に銅めっきを施す手法を開発し、400kwの高周波電力に耐えうる表面処理を可能としました。現在では、国内に5箇所存在する重粒子がん治療施設において、当社技術が採用されています。
医療機器の開発
重粒子線加速器開発への参画を機に、医療機器分野へのチャレンジを新たに進めています。精密加工技術者や医療分野実務経験者の新規雇用を含めて医療機器開発チームを新たに設置し、2013年に「医療機器製造業許可」した後、自社ブランドでの製造・販売が可能となる「医療機器製造販売業許可」を取得しました。実務におきましては、九州大学との医工連携体制の下、内視鏡外科手術で使用する低侵襲性把持鉗子を開発し、市販化段階にいたっています。更に、福岡大学及び県内公的機関との産学官連携の元、非接触式吸入器の開発にも取り組んでいます。

その他のアピール

【企業の強み】
量産品、大型製品(最大長 3.2m ニッケルホウ素めっき、6m 亜鉛めっきなど)をはじめ、加工困難な特殊品(重粒子線ガン治療装置の部品、XFELの部品、豪華列車・豪華客船の内装品など)の表面処理を幅広く提供しています。卓越した技能者(現代の名工)ほか、めっき技能士を多数有し、ISO9001に準拠した品質保証に加え、トヨタ生産方式による生産管理体制の確立、専門エンジニアによる高性能分析装置を駆使した開発体制のもと、お客様のご要望に応えるオーダーメイドの表面処理を提供。

【事業内容】
各種金属の表面処理を行っており、研究開発部門を設け開発に加え高度な受注内容にも柔軟に対応できるよう、多角的な視野での技術開発を行っています。技術開発により確立された表面処理技術は、ISO9001の規格に沿って品質保証部門、製造部門へ引き継がれ、トヨタ生産方式を手本とした製品の生産管理を行っています。技術開発、品質保証に励む専門スタッフは、企業を支える大切な存在であり、めっき業界をリードする先端テクノロジーを目指して、日々チャレンジを続けています。

【製品・技術の強み】
電力、電気製品・装飾、楽器製品・乗り物・建築、インテリア製品・医療機器、ほか幅広い分野から受注あり。金・銀・錫・銅・ニッケル・クローム・亜鉛・硬質クローム ・銅ブロンズ・ホワイトブロンズ・真鍮・ 銅スルーホール・アルマイト・無電解ニッケル・リン酸塩処理・電解研磨・機械研磨ほか常時対応可能な表面処理に加え、新規開発を伴う様々な仕様の製品開発案件にも1品から対応可能。

【代表者メッセージ】
従来のめっきの仕事ばかりでは受注維持すら難しい時代であります。めっき分野にこだわらず新規事業を立ち上げることにより、企業の存続発展を図る必要性を感じています。そのためには必要な業許可やISOの認証も取得していきます。医療機器については既に着手し進めているが、今後発展すると言われ福岡県でも取り組みを強化している航空宇宙産業や水素事業への進出も考えております。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
技術開発専属の部門を持ち、専門知識を持ったスタッフによる新技術開発に力を入れております。最先端分析装置を計画的に導入し、従来からの職人の勘に加え同装置を効率的に用いることで、新技術開発、品質保証を数値的に約束しております。ISO9001による国際規格に準じた製品生産体制を構築。加えてトヨタ自動車OBに指導を受けトヨタ生産方式を手本とした生産管理を実戦しております。卓越した技能者(現代の名工)、国家資格である「めっき技能士」を多数有し、めっき技能コンクールへの参加を通し社員の技術力、品質レベルの向上に取り組んでおります。

【シェア・ランク】
普及型 重粒子線がん治療装置 構成部品への選択的銅メッキ 市場シェア100%
他製品については具体的な数値は把握していないが、製品を納入させて頂いた多くのお客様より高い評価を得ています。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
第6回 ものづくり日本大賞 九州経済産業局長賞受賞、全国めっき技術コンクール プレミアムアワード ★受賞(過去全国1位4回)、平成24年度卓越した技能者表彰 厚生労働大臣賞受賞(現代の名工)

【メディア記載】
2014年 日刊工業新聞、2012年 西日本新聞、2007年 テレビ東京系列 ワールドビジネスサテライト

【証明・許認可】
ISO13485認証取得(2016/1)、ISO9001認証取得(2015/4)、第2種 医療機器製造販売業(2013/10)
医療機器製造業(2013/1)

【共同研究・開発実績】
九州大学 医療機器開発(2015年 クラス1医療機器 上市済)、福岡大学 医療機器開発 (現在開発中)、
福岡県工業技術センター 表面処理技術の開発 多数あり

【知的財産】
出願特許 12件

【主要取引先:実績(国内)】
直接納入:新日鉄住金エンジニアリング(株)、日本精工(株)、長州産業(株)、(株)正興電機製作所間接納入:三菱電機(株)、(株)東芝、川崎重工(株)、日産自動車(株)、本田技研工業(株)、九州旅客鉄道(株)、北海道旅客鉄道(株)、九州電力(株)

【主要取引先:実績(海外)】
直接納入:無し間接納入:ウジミナス、ヴァレオ、スタンレー ブラック アンド デッカー

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 九州本部
お問い合わせ

類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。