法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2021/06/28 14:59:35
法人番号:5110001019610

三星工業株式会社

独自製品で進化し続ける機械メーカー

高次元の攪拌力と他社比2倍の処理能力を持つプロペラレスの遠心式ミキサー「ハイ・ローター」シリーズを開発。
工作機械、産業機械の設計、製作のほか、機械部品の加工を手がける。また、新たにFRP(繊維複合材料)の成形に着手! 機械部品の高強度・軽量化にチャレンジ!

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

自転公転式撹拌脱泡装置「ハイ・ローター シリーズ」/【機械システム事業部】
概要
①ハイ・ローター:液体や粉体材料を容器に入れ、本装置にセット。高速の自転と公転を発生する機構により、短時間で撹拌・分散・脱泡処理を同時に行える。原材料を混ぜる工程で、分散、脱泡を行う目的を持たれた企業様に貢献します。
②機械システム事業部:お客様の専用生産設備(加工・検査・組立・搬送・洗浄)を設計から製作、設置まで一貫した設備導入サービスを提供する【機械システム事業部】は国内外を問わずものづくりの生産活動を支援致します。機械設計は蓄積された技術やアイデアを提供、電気設計は複雑化・多様化する制御方法にお応えします。加工工程は装置の架台などの大型部品や小型の機構部品の製作、組立工程では経験値と技術力で緻密で正確な組立作業を心情としています。産学連携を活用し新しい産業への開拓も積極的に進めています。
特徴
①ハイ・ローター:自転:公転比率が2:1により材料に高いせん断力を与えて低粘度材料はもとより、比較的高粘度の材料まで撹拌や均一分散、脱泡処理が同時に行える。

他メーカーの装置に無い「アウターリング方式」を採用し、容器を4個セットすることができる。
また、量産設備向けに開発を進め現在の最大サイズは20L容器が4個入るモデルで国内最大(※当社調べ)です。
FW成形によるFRPパイプ成形・加工
FW成形によるFRPパイプとは?
①FRP(Fiber:繊維 Reinforced:強化した Plastics:プラスチック)とは、エポキシ樹脂やビニルエステル樹脂などの熱可塑性樹脂に、ガラス繊維やカーボン繊維などを入れることで強化したプラスチックの総称です。

②CFRP/GFRPとは?
一般的に使用した繊維の頭文字を取って区別されることが多いです。

例. GFRP:ガラス繊維を用いたFRP
   CFRP:カーボン繊維を用いたFRP 
   BFRP:バサルト繊維を用いたFRP
   AFRP:アルミナ繊維を用いたFRP など

③メリットは軽量・高強度!
例.CFRPの場合
・引張強度:鉄の約4.5倍
*繊維の巻き角度により異なる

・比重:鉄の1/5

GFRPの場合
・引張強度:鉄の約2倍
*繊維の巻き角度により異なる

・比重:鉄の1/4

④その他メリット
・錆びない(酸化しない)
・繊維配向を変えることで自由度の高い強度設計が可能!
 *以下、「三星のFW成形!!」で解説
・絶縁性(GFRPの場合)
・腐食しずらい(エポキシ樹脂の耐薬品性が高い)

⑤デメリット
価格が高価!

特にCFRPではカーボン繊維が高額であるため、必然的に加工品のCFRPも高額になります。
基本的にFRPは材料費よりも成形工数が単価の大半を占めるため、GFRPであっても金属と比較すると何倍も高価なものになります。

★使いたいところにピンポイントで!!
上記の通り、FRPは高価であるため、金属やプラスチックから全て置き換わることは不可能です。

「多少費用が掛かっても強度を上げたい!」、「軽くしたい!」などの需要がある部品、部材、分野に対してご検討いただければと思います。
三星のFW成形!!
フィラメントワインディング(FW)成形とは、FW装置にてガラス繊維、カーボン繊維等をボビンから繰り出し、レジンバス内で熱硬化性樹脂(エポキシ樹脂など)を含浸させて、マンドレル(心金)に任意の角度で巻き付けた後、マンドレルごと加熱炉に入れて樹脂を加熱硬化することで、GFRP、CFRPのパイプを成形する技術です。

①形状:φパイプ、六角パイプ、□パイプ、板形状などの成形が可能です。
*円柱などは成形できません。

②強度設計
お客様の要求される強度に応じて、繊維の巻き付け角度を調整することで強度設計いたします。
要求強度をお教えいただくか、既存製品の材質・寸法等をお教えいただくことで、繊維の巻き角度をご提案いたします。

③繊維・樹脂の選定
お客様の要求される強度、耐熱性、絶縁、もしくは導電性などに合わせてご提案いたします。
また、繊維・樹脂の支給による試作・製作も承ります。

④FRPの機械加工・組立・仕上げ
弊社では成形したFRPに旋盤・研磨等の機械加工を実施いたします。
その後、金属部品との接着や、組立まで対応いたします。
特に組立では、社内の強度試験データを基に、要求に耐えうるFRPと金属部品の接着方法をご提案いたします。
また、必要に応じて仕上げの塗装、外注になりますがめっき処理もご検討いただけます。
★三星の強み!!
★①:自社でGFRP、CFRPパイプの成形から機械加工、金属部品との接着・接合、塗装などの仕上げ処理まで一貫して対応できるところがFRP他メーカーと異なる弊社の強みです。
 特に、組立工程では専用機の組立で培った技術によりFRPと金属部品の高精度な組立が可能です。
*場合によっては、一部外注委託する場合もございます。

★②FW装置も自社製!
社内設備のFW装置も全て自社製であるため、お客様のご要望に応じて、治具製作、改造、ソフト変更など柔軟且つ、スピーディーに対応いたします!

「家の製品に直接巻いて補強して欲しい!」、「こんな形状に成形できないか?」など"ざっくばらん"にお問合せください。

三星工業㈱では、お客様と二人三脚で新しいテーマに取り組み! 試作から量産までお手伝いさせていただきたいと思っております。機械部品等の高強度化・軽量化をお考えの皆様、是非、お問い合わせください!
【スピンドル事業部】
事業概要
工作機械の要となる主軸(スピンドル)の製造を行う【スピンドル事業部】。国内大手から中堅までの工作機械メーカーへオーダーメイドのスピンドルユニットやビルトインモータータイプ、また主軸であるスピンドルシャフト単品など研磨の必要な精密部品も生産しています。
【パーツ事業部】
事業概要
幅広い産業分野の機械部品の請負加工を行う【パーツ事業部】は自動旋盤、大型フライス、大型複合加工機、研削盤など有し宇宙・航空機部品から、半導体装置、真空機器、工作機械向けの中~大型の精密機械部品の加工を得意としています。JISQ9100を取得し品質管理体制を整え安定した高品質部品の製造基盤を構築致しました。

カタログ・パンフレット・提案資料

三星工業様-FRPカタログ-0914.pdf

トウプリプレグ総合カタログ.pdf

動画

三星工業㈱のフィラメントワインディング成形
更新日:2020/10/02
【投稿動画】
三星工業㈱の所有する自社製フィラメントワインディング(FW)装置の紹介、製品例等を開設いたします。

その他のアピール

1948年設立の機械メーカー。主に工作機械、産業機械の設計、製作のほか、機械部品の加工を手がけており、機械システム事業部、スピンドル事業部、パーツ事業部の3部門で事業展開している。機械や機械部品の設計・製作でノウハウを蓄積しており、技術力に自信がある。容器の回転によって生じる遠心力を活用したプロペラレスの遠心式ミキサー「ハイ・ローター」シリーズを開発。商社を通じて海外に拡販しており引き合いがある。十年ほど前から、FRP(複合材料)の成形・加工も行っている。自社製の成形機にて、試作から量産まで一貫して行い、自動車メーカー、鉄道総研殿、王手電機メーカーの試作実績がある。主な取引先は、ファナック、シチズンマシナリーミヤノ、オークマなど国内大手との取引実績多数。

【企業の強み】
昭和21年の創業以来、品質ならびに技術の向上そして信頼でいる製品づくりに努め、一歩一歩前進してまいりました。最新の加工機械と優れたマイスターの技術との融合によって、精度・品質の高い製品・部品をご提供しております。その成果の1つとして、パーツ事業部では平成14年のISO9001認証に続き、平成24年に航空、宇宙及び防衛分野の品質マネジメントシステムJISQ9100:2009版の審査に合格し認証を取得いたしました。認証範囲は、航空、宇宙及び防衛分野機器用機械加工部品の製造組立です。

【事業内容】
当社は産業機械・工作機械などの機械設計製作および部品加工などを行っております。機械システム事業部(産業機械、専用機械設計製作)・スピンドル事業部(スピンドルユニット設計製作、工作機械部品製作)・パーツ事業部(工作機械・産業機械部品製作)の3事業部でお客様のニーズにお応えしております。今回、ご紹介するのは、機械システム事業部の開発品、プロペラレス遠心式真空ミキサー「ハイ・ローター」シリーズと、FW成形で成形する軽量・高強度なCFRP、GFRPパイプです。

【業種】
機械設計製作(工作機械、産業機械、部品加工)

【製品・技術の強み】
●「ハイ・ローター」シリーズ 容器を自転・公転させることで生じる遠心力で材料を混ぜるプロペラレス遠心式ミキサーです。真空撹拌で撹拌と同時に脱泡も可能。他社と比較して、4容器搭載、量産に適した処理能力と、公転:自転比=1:2、強力な撹拌力で短時間で分散できます。電子材料、医薬品、セラミック、樹脂など混ざりずらい材料に最適です。
●FRPパイプ FW成形でCFRP、GFRPパイプを成形します。金属部品と組み合わせて機械部品の軽量・高強度化を実現します。

【代表者メッセージ】
弊社はお客様の専用機械設計製作や工作機械などの部品加工の下請け型の仕事をメイン事業としています。最近は、お客様のグローバル化及び国内製造業の空洞化が進み従来の事業の延長では会社の存続や成長はできないと思う様になりました。数年前から開発室やプロジェクトチームを作り自社ブランド機械開発や複合材料・航空機産業などの新規事業開拓を進めて参りました。昨年から販売実績もでき始め今年度から営業スタッフを増員し販路開拓積極的に進めています。国内での販売実績をつけて海外への展開をして行きたいと考えています。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
毎年4~5回、新製品及び、新技術を展示会に出展して新規顧客の獲得を目指しています。また、ホームページや、イプロスなどのインターネットを通じての問い合わせも増えてきています。今年から貿易商社と提携して、韓国の展示会にも出展を行いました。ハイ・ローターについては、韓国の代理店にデモ機を設備して海外でのサンプルテストにも対応できます。

【シェア・ランク】
●「ハイ・ローター」シリーズ 業界シェア 国内5% (自社調査2015) 
●FRP セーフティブロック(安全棒) 業界シェア 国内80% (自社調査2020)

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
MADE IN 上越=「ハイ・ローター」シリーズ

【メディア記載】
日刊工業新聞

【証明・許認可】
ISO9001認証取得(パーツ事業部)
JISQ9100認証取得(パーツ事業部)
ISO14001認証取得(全社)

【共同研究・開発実績】
特許第4903916号 ハイ・ローターアウターリング方式
他 海外2件

【主要取引先:実績(国内)】
ファナック、シチズンマシナリーミヤノ、オークマ、日本電気硝子、ブリヂストン、京セラ、リケン、日信工業、SMC、神戸製鋼所、荏原製作所、大平洋特殊鋳造、三機工業、大森機械工業、東芝機械など

【主要取引先:実績(海外)】
「ハイ・ローター」海外商社(韓国)にデモ機設備、サンプルテストの実施、引き合い有

この企業は以下の支援機関から推薦されています

上越市
中小機構 関東本部
お問い合わせ