法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2022/11/17 13:58:58
法人番号:6230001009937

株式会社KMC

アルミ押出用補助工具と鍛造用金型を両軸に業容拡大

☆アルミ押出用補助工具と自動車部品向け鍛造用金型製造の2軸で事業展開☆
【アルミ押出用補助工具】
100mmを超える厚物の特殊鋼を対象とした当社独自の溶断加工技術により、従来の機械加工に比して大幅な低コスト化を実現
【鍛造用金型】
9台のNC旋盤系装置と3台の立型マシニングセンタなどの設備を効率稼働させる生産体制を敷いており、顧客の求める小ロット品や短納期に関する要望に対応

お問い合わせ
メイン画像

アピールポイント

アルミ押出用補助工具
特殊溶断加工による低コスト化の実現
100mmを超える厚物の特殊鋼を対象とした当社独自の溶断加工技術により、補助工具の低コスト化を実現致しました。補助工具の形状や厚みはダイス形状や押し出す形材により様々ですが、一般的な形状加工(マシニングセンタやワイヤーカットによる加工)と比べ、80%を超える時間短縮を実現しました。熔断の加工面は機械加工と比べ遜色のない仕上がりです。
なお、溶断加工により製作された当社の補助工具は20年を超える納入実績があり、今なお精度、品質向上に向け日々進歩しております。

その他のアピール

【企業の強み】
当社は2011年に「知的資産経営報告書」を策定することで社員とともに自社を点検し、当社の強みを以下4つに集約をいたしました。
1.長時間無人化加工による製造能力
2.当日作業量を平均化するための多能工簡易版を更新
3.顧客短納期に対応できる社員協力体制
4.永遠の小企業であるためのバランスのとれた管理体制
以上の強み(知的資産)を競争力の源泉とし、設備の高機能化、独自の管理システムの構築と共に、変化に対応できる能力を備えた社員づくりに励んでおります。

【業種】
アルミ押出用・自動車部品鍛造用金型製造

【事業内容】
当社の主な事業内容
①アルミ押出用補助工具製造45%(売上高比率)
②自動車部品鍛造用金型55%(売上高比率)

【製品・技術の強み】
①のアルミ押出用補助工具の形状加工工程に、従来の機械加工に代えて溶断加工(当社独自の加工技術)を用いることで大幅な加工費の削減を実現(BK,BOの約80%に対応可能)
②の自動車部品鍛造用金型製造に関しては、当社独自の生産情報管理システムにサポートされた9台のNC旋盤系設備と3台の立型マシニングセンタ等の設備を少人数で効率稼働させる生産体制を持ち、小ロット品、短納期対応に強みをもちます。

【代表者メッセージ】
 当社は汎用工作機械、各種専用機の製造を祖業とし、事業環境の変化とともにアルミ押出用金型・補助工具の製作、自動車の変速機向け鍛造金型の製作へと事業分野を転換、拡大して参りました。
 昨今の経済環境は全体として必ずしも右肩上がりではありませんが、特殊溶断加工と高硬度材切削加工の分野で培った加工技術と管理ノウハウを発展させ、新分野、新製品へ即応できる集団となり、お客様のニーズに応じた加工のご提案、高品質な製品の製造に励んで参ります。
 また、全社員が毎日元気に出勤できる環境をつくり、ひとりひとりが仕事を通して自己の成長と社会への貢献を実感できるようにサポートすることで、社会からの信頼を高め、社員の幸福と企業の永続を図って参ります。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
2004年 ISO9001取得、2011年知的資産経営報告書作成、CNC三次元測定機導入
2012年 経営革新計画の承認により、複合加工機(5軸)1台導入
2013年 ものづくり補助金利用により、M付CNC旋盤1台導入
2014年 ものづくり補助金利用により、新生産情報管理システム・立型MC1台導入
2017年8月 エコアクション21認証取得
2018年3月 高岡市新技術・新製品開発等支援助成金 補助事業「鍛造型リシンク加工における窒化層の効率的な除去方法の確立」を実施

社員一丸となって、切削条件、工具、加工法の改善と標準化に取り組み新分野、新製品へ即応できるものづくりに挑戦し続けています。

【シェア・ランク】
アルミ押出用補助工具は、現顧客先において約80%を占有しております。自動車部品鍛造用金型は、全量がつかめないため不明ですが当社の受注数は年々上昇しています

この企業は以下の支援機関から推薦されています

高岡信用金庫
中小機構北陸
お問い合わせ

類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。