法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2018/04/02 15:07:08
法人番号:2030001047878

株式会社先端力学シミュレーション研究所

IT技術と日本のノウハウを融合する理研発ベンチャー

理化学研究所の研究成果の普及と実用化を目的とした「理研ベンチャー制度」の認定を受けて、1999年に設立。科学に基づくIT技術と日本独自のノウハウを融合した高度な技術を、さまざまな商品としてまた、コンサルティングや技術開発を含むソリューションを提供している。ものづくり分野を主軸にCAE(数値解析技術)とCAD(形状操作)とナレッジマネージメント(ノウハウDB)とを融合したトータルエンジニアリングを基盤技術としている。

お問い合わせ
メイン画像

その他のアピール

【企業の強み】
ものづくり分野を主軸にCAE(数値解析技術)とCAD(形状操作)とナレッジマネージメント(ノウハウDB)とを融合したトータルエンジニアリングを基盤技術としています。我々は理研発のITS(Information Technology on Science):即ち科学に基づいたITという大きな武器を持っております。新中長期計画の実現の暁には、単なるソフトウエアの開発販売会社ではなく、ものづくりのソリューションを提供する会社として、真に豊かな社会発展に寄与したいと考えています。

【事業内容】
株式会社先端力学シミュレーション研究所(ASTOM R&D)は、理化学研究所の研究成果の普及と実用化を目的とした「理研ベンチャー制度」の認定を受けて、1999年(平成11年)に設立されました。ものづくりにおける技術の変革が加速度的に進むなか、科学に基づくIT技術と日本独自のノウハウを融合した高度な技術をさまざまな商品として、また、コンサルティングや技術開発を含むソリューションを、下記のような事業を通してお客様の問題解決を支援しております。

【業種】
情報サービス業

【製品・技術の強み】
競合相手は国内ソフトウェア・メーカーではなく海外ソフトウェア・メーカーです。海外のパッケージソフトはシミュレーションだけであるのに対して、当社は高付加価値で、ものづくりを統合的にサポートするような製品・サービスの提供を目指しています。

【代表者メッセージ】
日本の製造業は曲がり角に来ており、
①後進国の工業化
②IOTなどの情報化の波が押し寄せてきている。
”もの”から”こと”への流れが加速しており、必然的に情報技術の活用が生き残りの鍵となっている。ASTOMは、ものづくりの種々の課題に対してソリューションを提供する会社として、日本の製造業の復活を担っていきたいと思っています。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
販路開拓に向けて体制整備を実施いたします。
具体的には、
①商品販売事業の専任責任者を置く
②HPなどの広告宣伝を拡充する
③展示会出展数を増やす
④代理店との関係を蜜にする
⑤営業販促資料を増やす
などの施策実施を進めます。

【シェア・ランク】
世界唯一の静的陽解法を採用したソルバーとプリ・ポストシステム

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
産学官連携功労者賞(文部科学大臣賞)受賞/ 第1回埼玉チャレンジ企業経営者表彰「特別賞」受賞/ 第2回渋沢栄一ベンチャードリーム賞「特別賞」受賞/ ほか多数

【メディア記載】
手軽に使えるプレス成形シミュレーションとクラウド活用(2015年プレス技術3月号)/ CAE活用によるトライ回数削減への取り組みとメーカーとしてのCAE活用支援(2013年プレス技術)

【共同研究・開発実績】
「金型の見込みモデル生成装置および方法(特開2012-119010)」、「リムロール成形解析シミュレーション方法及びリムロール成形解析シミュレーションプログラム(特許第5503338)」ほか

【主要取引先:実績(国内)】
電着塗装解析プログラムの開発(自動車メーカー)/ 水素燃料タンク応用解析(自動車メーカー)/ 風車翼の流体・構造連成解析(電力関連)/ 三次元弾性体中の屈曲断層動的断層解析(官公庁・公的機関)/ 鉄道総合シミュレータ開発(官公庁・公的機関)/ イノベーション基盤シミュレーションソフトウェアの研究開発(国立大学)/ 複合材料統合化シミュレーションプラットフォーム連携シミュレーション機能強化(国立大学)/ 構造-流体連成問題評価解析(鉄道関連)/ 他多数

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 関東本部
お問い合わせ