印刷用ページ
> 株式会社佐々木精工 精密部品加工及び自動化設備の設計製作
精密部品加工及び自動化設備の設計製作

株式会社佐々木精工

精密部品加工と自動化設備の設計製作が2本柱。部品加工から装置一式の設計・加工・組立・制御までを一貫体制で対応している。精密部品加工受注は、部品1個から全加工を行う。加工材質についても、鉄系、ステンレス、アルミ、非鉄、樹脂など幅広く対応。同時5軸複合旋盤や円筒研削盤を用い、複雑で高精度の製品加工を実現している。また、設計部門は3次元CADで構想、機構細部まで仕様を完成させて組図を完成させている。九州北部に工場を持つ自動車や半導体、住宅設備など大手企業と取り引きしている。

企業の強み

弊社の強みとしましては、お客様のニーズに合わせた、精密部品加工から装置一式を、設計・加工・組立・制御と一貫体制で製作にあります。精密部品加工受注は、一部品より全加工行っております。部品加工では、フライス、旋盤ものは勿論のこと、研磨、ワイヤー加工、放電加工も可能な設備を揃えております。また、装置を製作しておりますので、製缶・板金加工物も低コストにて製作いたします。加工材質につきましても、鉄系、ステンレス、アルミ、非鉄、樹脂等幅広く対応させていただきます。

事業内容

弊社は1985年の創業以来、精密部品加工及び自動化設備の設計製作を行っております。お客様のニーズに合わせた、精密部品加工から装置一式を、設計・加工・組立・制御と一貫体制で製作しております。精密部品加工受注は、一部品より全加工行っております。 北部九州に工場を持つメーカー(自動車、半導体、住宅設備、食品など)、大手企業との取引を実現させ、私たちの機械は、全国で活躍しております。

製品・技術の強み

精密加工部門は、同時5軸複合旋盤、円筒研削盤を用い、複雑で高精度の製品加工を実現しています。また、設計部門は3D-CADで、構想、機構細部まで仕様を完成させて組図を完成させます。そして、ロボットを使用した加工機、搬送装置や画像処理を用いた検査装置など多岐にわたる経験を元に客先のニーズに対応した装置を提供します。

代表者メッセージ 代表取締役 佐々木 興平

グローバル化する社会の中で、機械を通して、『社会に・地域に』貢献するということを使命に日夜研鑽に努めて参りたいと考えております。私たちは常にチャレンジ精神を忘れず、技術の向上、企業力の強化に努め、社員一人一人が希望あふれる未来へ邁進できるような企業作りこれからも取り組んで参ります。

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

技術系企業として、今まではニーズ提案に対して、弊社が培ってきた技術に基づき製品提供を行ってきましたが、今後は市場ニーズや課題を深掘りし、積極的な用途提案を行い、従前の販路先以外の開拓を積極的に行って行きたいと考えております。また、アジア域に近い九州の地の利を活用し、海外販路の拡大にも努めて参りたいと考えております。当面は、展示会や見本市等の出展を主体に考えて参ります。

表彰・評価・認可 等

表彰·メディア掲載

【表彰実績】

【メディア記載】

会社情報

企業名 株式会社佐々木精工 (カブシキガイシャ ササキセイコウ)
代表者氏名 代表取締役   佐々木 興平
本社所在地 〒879-0627    大分県 豊後高田市 新地1742
電話番号 0978-24-3131
設立年月日 1985年
資本金 1000万円
従業員数 22人
ホームページURL http://www.sasaki-se.co.jp
主要取引先・実績(国内) 自動機(加工機、検査機)納入実績:三菱電機/ トヨタ自動車九州/ LIXIL/ 日立金属/ 住友金属鉱山精密部品(消耗品、試作品)実績:サッポロビール/ ローム/ パナソニック/ 日鉄住金/ ルネサス
主要取引先・実績(海外) 自動車関連企業への納入実績あり。