印刷用ページ
> エネフォレスト株式会社 業務用機械器具製造業
空気感染対策を目的とした空気殺菌装置のメーカー

エネフォレスト株式会社

製造販売している『エアロシールド』は、高い殺菌効果を持つ「UV-C」ランプを使用しており、大半の菌種・ウイルスに対して有効で、耐性菌をつくらず、常温での殺菌が可能など紫外線殺菌の優れた特性を持っている。病院や介護施設、保育園や幼稚園のほか、食品工場やオフィス、ホテル、公共施設などで広く導入されている。日本の空気感染対策の普及は先進国の中では遅れており、「感染が起きる前に対策を徹底する」をテーマに取り組みを進めることで社会貢献を目指している。

企業の強み

感染症分野における様々な研究機関・専門家との連携体制を築いています。空気殺菌装置メーカーの最前線に立つ企業として、最新の研究結果や学術的根拠に基づいた『本当に効果のある製品』を開発できる環境が大きな強みです。同時に、空気感染に関する啓発活動もおこなっています。また大手臨床検査会社である(株)ビー・エム・エルと業務提携しており、精度の高い空気中の浮遊菌測定を実施し、実際の施設環境に応じた最適な対策をご提案できます。

事業内容

空気感染対策を目的とした空気殺菌装置『エアロシールド』のメーカーです。医療・介護施設から食品工場・一般企業まで、人々が安心して生活できる環境を「空気感染対策」を通じて実現します。私たちの生活を守る空気殺菌装置のメーカーとして、「感染を未然に防ぐために必要なことは何か?」を常に考え、研究し、社会のニーズに合った製品開発をおこなっています。製品導入後のメンテナンスなど、お客様に安心頂ける環境を提供できるサポート体制も整備しています。

製品・技術の強み

エアロシールドは、米国疾病対策センター(CDC)による医療の世界基準「CDCガイドライン」に準拠した製品です。同ガイドラインは有効な空気感染対策の一つとして「紫外線による空気殺菌(UVGI)」を挙げており、エアロシールドは同ガイドライン和訳版に掲載された国内唯一の製品です(※1)。
人が生活する広さの空間でも89.6%の浮遊菌減少を実現(検査:(株)ビー・エム・エル)し、第三者機関にも実用性を評価頂いています(※2)。
※1:「結核菌の伝搬予防のためのCDCガイドライン(2006年)」に当時の製品名「エアシールド」として掲載
※2:日本工業技術振興協会・CTAの評価「競合他種の殺菌装置と比較して極めて大きな優位性を発揮するものと考えられる」

代表者メッセージ 代表取締役 木原 倫文

感染症が世界規模の問題として捉えられる中、日本国内でも社会の様々な場所で感染対策の必要性が認識されつつあります。『エアロシールド』開発以来、国内の感染対策の現場に関わって参りましたが、近年は「感染が起きる前に対策を徹底する」という気運の高まりを一般企業にも強く感じます。しかし、身近にある空気は感染対策全体を左右する重要な要素であるにも関わらず、日本は先進国の中でも空気感染対策が普及していません。国内企業の空気感染対策への取り組みは、世界へ「感染対策先進国・日本」を発信する大きな意義を持つものと考えています。

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

製品の販売から施工、導入後のメンテナンスまで全て対応させて頂きます。詳細につきましては弊社管理部までお問い合わせください。お問い合わせの内容に応じて、弊社営業担当または販売代理店がご説明にお伺い致します。

表彰・評価・認可 等

表彰·メディア掲載

【表彰実績】
H20年度 「異分野連携新事業分野開拓計画」(経済産業省)に認定、九州アントレプレナー大賞受賞(H20年2月)

【メディア記載】
NHK、OBS(大分放送)、OAB(大分朝日放送)、TOS(テレビ大分)、大分合同新聞、中小機構九州本部(動画:www.youtube.com/watch?v=CVggG73q9uE)

会社情報

企業名 エネフォレスト株式会社 (エネフォレスト カブシキガイシャ)
代表者氏名 代表取締役   木原 倫文
本社所在地 〒870-1161    大分県 大分市 大字木上394-12
電話番号 097-588-8120
設立年月日 2006年
資本金 1000万円
従業員数 8人
ホームページURL http://www.eneforest.co.jp/
主要取引先・実績(国内) 九州電力(株)、日揮触媒化成(株)、株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング、慶応義塾大学病院、大分県立病院、大分大学病院、など多数
主要取引先・実績(海外) 無(国内の展示会で海外関係者の方から引合いを頂きましたが、各国の法制規制への調査に時間が必要であり、当面は国内に専念します)