印刷用ページ 株式会社エコウッド
> 株式会社エコウッド 木材・プラスチック再生複合材の製造および販売
廃木材・廃プラスチックの再生複合材メーカー

株式会社エコウッド

木材・プラスチック再生複合材メーカー。廃プラや廃木材をリサイクルしたエクステリア向け建材は、ルーバー、ベンチ、フェンス、壁面、手摺等として使用されている。再生複合材「エコMウッド」は建築解体材と廃プラスチック主原料として腐れ・蟻害をほとんど受けず、同じ製品へ再生可能である。2002年、北九州エコタウン構想の課題に取り組むため「木材・プラスチック再生複合材」の生産・販売会社として操業開始。特許登録に「目隠し蓋及びその製造方法」など。

企業の強み

創業から一貫したこだわりは「環境」「品質」「技術」の3つ。
環境 : バージン原料を使用する人工木メーカーも多い中、当社はあくまで「資源の再生」というリサイクルの理念を貫きながら商品の開発と事業展開を進めています。
品質:お客様に満足してもらえる商品をお届けする為の品質保証体制の確立を目的とし、ISO9001、JISマーク表示認証他 幅広い公的認証を取得しています。
技術 : 顧客・市場のニーズを素早くキャッチする目とそれをスピーディーに商品化する生販一体となった企画力と技術力があります。

事業内容

当社は、木材・プラスチック再生複合材のメーカーです。エクステリア向け建材として、ものづくりの過程で副産物として出る廃プラスチックや廃木材をいかにリサイクルするか。北九州エコタウン構想の「限りある資源の再生」という課題に取り組むため、2002年に「木材・プラスチック再生複合材」の生産・販売会社として操業を開始しました。廃木材と廃プラスチックの粉砕から、造粒、成型、加工、品質保証、出荷まで一貫して行っています。

製品・技術の強み

当社が生産する木材・プラスチック再生複合材「エコMウッド」は環境、安全・快適性能、意匠性を併せ持つ次世代型リサイクル建材です。
環境性能 : 主原料として建築解体材と廃プラスチックを使用。(リサイクル率90%) 使用後の製品を再粉砕し、同じ製品へ再生可能です。
安全快適 : とげ・ささくれの発生がなく腐れ、蟻害をほとんど受けません。適正な滑り抵抗値で歩行快適性と安全性を両立しています。
商品技術 : 単層中空・無垢・発泡、二層中空・発泡、アルミ再生木複合等 様々な基本技術とこだわりの「木質感」を実現する加工技術があります。

代表者メッセージ 代表取締役社長 石本 康治

当社は創業以来「循環型社会の構築」=「限りある資源の再生」理念の基、JIS A 5741他公的認定に基づくエクステリア建材商品の開発・生産・販売を主に行って来ました。お陰様で創設13年を迎えることができ、本分野におけるご評価は頂けたと自画自賛しています。製造工程はホームページをご覧頂けると幸甚ですが 1.木粉化技術 2.プラスチックを溶融し木粉と混練押出しペレット化技術 3.ペレットを再溶融し所望の押出し成型技術 4.成型品を加工する技術 より構成されています。分野に拘らず、お客様とのコラボによる更なる技術革新と共同開発を熱望しています。

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

営業拠点として、東京事務所、関西営業所、西日本営業所を開設。現在7名の営業担当にてお客様の問い合わせに対応しております。技術的なご相談には製造部の生産技術課が対応致します。

自社の製品・技術一覧

表彰・評価・認可 等

表彰·メディア掲載

【表彰実績】
第1回 九州環境ビジネス大賞 優秀賞(2009年)、第12回 福岡産業デザイン賞 ゲスト審査員賞・奨励賞(2010年)

【メディア記載】
TVQ九州放送「北九州きらめき企業」(2013年8月)、読売新聞「企業ファイル」(2013年3月)、RKB毎日放送「志・情熱企業」(2012年11月) 他

会社情報

企業名 株式会社エコウッド (カブシキガイシャ エコウッド)
代表者氏名 代表取締役社長   石本 康治
本社所在地 〒808-0021    福岡県 北九州市 若松区響町1-12-1
電話番号 093-751-2424
設立年月日 2002年
資本金 3億円
従業員数 46人
ホームページURL http://www.eco-wood.jp
工場(国内) 福岡県北九州市
主要取引先・実績(国内) お客様情報については、全て非公開とさせて頂きます。
主要取引先・実績(海外) 実績あり(間接)