印刷用ページ 有限会社坂本石灰工業所
> 有限会社坂本石灰工業所 石灰製品製造業
強アルカリ性を抑制した石灰乾燥剤を開発

有限会社坂本石灰工業所

国内トップシェアを維持する石灰乾燥剤を製造・販売。石灰乾燥剤「乾燥剤I・C」は水に触れても熱が出ない撥水加工を施し、特殊な加工をした石灰を使用。強アルカリ性の抑制も行っており、誤って食べても火傷をしない安全性が保たれている。

企業の強み

業界でいち早く石灰乾燥剤の製造を開始したパイオニアであり、トップシェアを維持しています。業務用のみならず、日用品向けなど様々な用途の石灰製品を自社開発し取り扱っています。研究開発型企業として、大学や他社等との共同研究を積極的に進め、常に石灰の新しい用途開発に努めております。

事業内容

創業時は鉱山から石灰を採掘、現在では、石灰を使った製品の製造販売を行っています。特に、50年前から製造を開始した石灰乾燥剤は売り上げの半分を占め、トンの商売よりグラムの商売へ、石灰の高付加価値化を図っています。また、特徴ある石灰を使用することにより、用途に合わせた商品開発を行っています。

製品・技術の強み

『乾燥剤I・C』は、世界初、最高発熱温度50℃以下の安心、安全な石灰乾燥剤です。古くから石灰乾燥剤は、吸湿能力が高く、安価という特徴があり、理想的な乾燥剤として海苔やせんべいなどの食品に同梱されてきました。この特徴をそのままに、水分を急に吸収すると急激に発熱(1分間で300℃に!)するという問題を、約20年間の研究開発により解決しました。「完璧に安全なものをお届けする」ことが、石灰乾燥剤のパイオニアである当社の役割と考えております。

代表者メッセージ 代表取締役 坂本 達宣

食品業界(特に海苔業界)に於いて、石灰乾燥剤は安価で生石灰が持つ強力な乾燥能力のおかげで発熱などの事故が発生しても他の乾燥剤にとって代わることなく現在も使用されています。そのために誤って食べた時の火傷事故は仕方がないことだと諦められているのが現状です。よって開発した発熱しない石灰を使った安全な石灰乾燥剤「乾燥剤I・C」が消費者にとってなくてはならない物だと確信しています。

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

新規顧客への対応は随時、社長に報告し社長の指揮の下、誠実に対応いたします。技術的相談には企画開発室ならびに製造部の担当者が対応いたします。必要に応じてデータの収集や解析を行い、取引先が安心して使用できるような体制を整えております。

自社の製品・技術一覧

表彰・評価・認可 等

表彰·メディア掲載

【表彰実績】
キッズデザイン賞金賞(2008)/ 元気なモノ作り中小企業300社受賞(2009)/ 製品安全対策優良企業表彰(2009)/ 平成22年度九州地方発明表彰(2010)/ 熊本県工業大賞(2010)/ 第4回ものづくり日本大賞(2012)

【メディア記載】
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2009年8月3日放映)/ 他九州地元メディア多数

会社情報

企業名 有限会社坂本石灰工業所 (ユウゲンガイシャ サカモトセッカイコウギョウショ)
代表者氏名 代表取締役   坂本 達宣
本社所在地 〒865-0013    熊本県 玉名市 下273-1
電話番号 0968-76-6165
FAX番号 0968-76-6130
設立年月日 1877年
資本金 500万円
従業員数 80人
ホームページURL http://www.sakamoto-lime.com/
工場(国内) 本社工場(熊本県)、関東支店工場(茨城県)
主要拠点 熊本本社工場、関東支店、広島支店
主要取引先・実績(国内) ニコニコのり(40年前より)、大森屋(40年前より)、大洋食品(40年前より)、浦島海苔(2012-現在)、岩塚製菓(2011-現在)、森田あられ(20年前より)、他
主要取引先・実績(海外) 現在、台湾メーカーと取引交渉中

おすすめタグ 化学薬品・合成素材

展示会出展情報

中小企業総合展2006/ くまもと産業ビジネスフェアー2012/ 産学官連携シンポジウム2012/ 熊大韓国フォーラム2006/ 熊大インドネシアフォーラム2008/ くまもと産業ビジネスフェアー2014(予定)/ 中小企業総合展2014(予定)/ 台北食品展示会2014(予定)/ 上海食品展示会2014(予定)/ パリ食品展示会2014(予定)