印刷用ページ 株式会社有紀
> 株式会社有紀 製造業
電気要らずの環境配慮型自動ドアを世界に拡販

株式会社有紀

電気を使わない環境配慮型の自動ドア「オートドアゼロ」を製造している。ドアの前の踏み台に体重をかけるとテコの原理で滑車が持ち下がり開閉する仕組み。大手サッシメーカーの製品に合わせて設計にも対応している。JR東日本、ネクスコ総研、日章工業など共同研究・開発の実績が複数ある。国際展開については、電力供給の不安定な海外地域にも需要があると見ており、ゼネコン大手や商社など11社の販売代理店や関連商社の日伸などを通じて拡販する計画。

企業の強み

引戸に関する市場において競合製品が少なく、全国の主要政令都市に代理店・施工店がある事で、国内外に拡販出来る環境が整っており、さらに他の追随を許さない独自性のある製品で新たな市場開拓が出来ます。また、大手サッシメーカー各社の商品にあわせた設計ノウハウがあるのが当社の強みです。

事業内容

電気供給することなく、ドアの前の踏み台に体重をかけるとテコの原理で滑車が持ち下がり開閉する自動ドア「オートドアゼロ」の製造。
「オートドアゼロ」は電力供給に依存しない環境対応商品のため、エネルギー環境に配慮し、CO2排出量を削減に取り組み、CSRについても関心が高く理解されております。国内企業や公共施設と海外において社会生活基盤と社会経済産業基盤の未整備による電力供給の不安定な地域で公的要素が強い施設に対して、国内においては大手ゼネコン、商社など11社の代理店による販売と関連商社日伸を通して直売をしております。

製品・技術の強み

安全性と電源レスを実現した省エネより一歩先の未来の扉を優しく開く自動ドア「オートドアゼロ」は、従来の自動ドアとは異なり、電気エネルギーを利用しないまったく新しい自動ドアです(独自開発のパンタグラフ式機構、踏み代20mm、荷重20Kgで30Kgの引き戸の開閉可能)。従来の自動ドアでは実現できない次のような事も実現可能です:
①無電源(電気工事費、ランニング電気コスト一切不要、電気を使用しないので電磁波を一切出しません。漏電、感電の可能性はありません)
②安心・安全(立ち止まってもドアに挟まれることなく、ゆっくり通っても確実に開きます)
③高いメンテナンス性(構成部品が簡潔なので保守が容易である)

代表者メッセージ 代表取締役 橋本 保

「安心・安全・エコ」をテーマに電力・化石燃料への依存からの脱却の一端を担うため、ドア・扉を中心とした建材領域で画期的なサービス・技術を創出し、開発・販売を国内のみならずグローバルに展開することで、世界のエネルギー環境に配慮し、社会としてよりよいエネルギー・環境技術の商品を提供し続けてまいります。

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

本社営業部に専任の営業担当を配置し、大手企業をはじめとするお取引先様との問い合わせ窓口としております。技術的課題・問い合わせには技術スタッフが対応し、お客様の問題を共有し、課題解決に向けた手段やご提案を提供しております。海外の取引先にも誠実に対応致します。

自社の製品・技術一覧

表彰・評価・認可 等

表彰·メディア掲載

【表彰実績】

【メディア記載】
LEADER'S(2014)、福島民友(2013、2012)、福島建設工業新聞(2013)、BSジャパン「アジアの風」(2012)

会社情報

企業名 株式会社有紀 (カブシキガイシャ ユウキ)
代表者氏名 代表取締役   橋本 保
本社所在地 〒965-0053    福島県 会津若松市 町北町上荒久田字宮下63
電話番号 0242-39-2308
FAX番号 0242-32-1274
設立年月日 2001年
資本金 6000万円
従業員数 9人
ホームページURL http://www.yuki-s.jp

展示会出展情報

新価値創造展2015
開催期間 2015-11-18 ~ 2015-11-20

Cb2d5a864891c9d95a2823b4666589b9

より広い販路開拓へ
既存商品の販路開拓のみでなく、新市場・新事業創出をも支援します。特に、新しいチャレンジ、サービスを生み出す取り組みに対し積極的に支援します。

開催テーマ
新価値創造展2015では、3つのテーマを掲げ開催します。
 医療機器、介護・福祉、予防・診断など、健康長寿社会で活きる新ビジネスを
 環境、エネルギー、住宅、建材、防災など、地域コミュニティの再生・発展で新ビジネスを
 部品、加工、機械、宇宙・航空など、ものづくり・技能ネットワークで新ビジネスを

【建築・建材展2015】
会場:東京国際展示場『東京ビッグサイト』
日時:2015年3月3日(火)~6日(金)10:00~17:00
(※最終日は16:30まで)