印刷用ページ ゴールデンダンス株式会社
> ゴールデンダンス株式会社 骨伝導製品製造販売業
骨で音を聴く「骨伝導」技術の専門集団

ゴールデンダンス株式会社

骨で音を聴く技術である骨伝導分野のパイオニア企業。骨伝導は「騒音下でも聴き取りやすい」「鼓膜のダメージを軽減できる」などのメリットがあるほか、難聴にも効果がある。骨伝導を難聴などの対策品として販売する企業が多いが、健常者の鼓膜への負担軽減や騒音下での通信システムなど、新しい骨伝導商品を開発し市場を開拓している。これまでに音楽用骨伝導商品は約15万台、通信用骨伝導商品約1万台の販売した。複数の大学と共同研究する。

企業の強み

当社は、平成14年より骨伝導開発、骨伝導特許取得、商品企画、販売を行ってきており、骨伝導の商品開発から販売に至るまでの豊富な経験とノウハウを有します。商品開発においては、関西医科大学との共同開発にて経済産業省「課題解決型医療機器開発事業」において骨伝導補聴器の開発にも採択され進行中です。また、熊本大学と振動素子の性能評価に関し、産学連携研究をしており、日本音響学会における研究事例学術交流を通じても、複数の大学との技術開発に関する協力関係が構築できており、新規商品開発に関する人脈や協力関係を有しています。

事業内容

骨伝導製品の企画・開発・製造
骨伝導通信機器、補聴器企画・製造および販売
骨伝導振動子の開発・製造・販売

製品・技術の強み

骨で音を聴く技術「骨伝導」。「騒音下でも聴き取りやすい」「鼓膜のダメージを軽減できる」などのメリットがあるほか、ある種の難聴にも効果があり、注目度が高まっています。当社は、骨伝導分野の開拓者として、日本の骨伝導を広めてきました。先行他社は、骨伝導を難聴などの対策品として販売していましたが、弊社は健常者の鼓膜への負担軽減、騒音下での通信システム等、今までに無かった骨伝導商品を世に送り出してきており、市場開拓型の経営により、これまでに音楽用骨伝導商品は約15万台、通信用骨伝導商品約1万台の販売実績があります。

代表者メッセージ 代表取締役 中谷 明子

骨伝導で実現「心こそ大切なれ」--。現在、新しい音声伝達技術として各方面で注目されている骨伝導。鼓膜への負担が少なく疲れにくい、耳をふさがずに通信したり音楽を聴いたりできるなど、数々の特徴が活かされ、 人に優しい技術として注目いただいております。私たちは「人に喜ばれるものづくり、社会に貢献できるものづくり」という基本理念を掲げ、 骨伝導機器の企画、開発、製造販売を目指し、日々向上心を持ち続けて参りました。今、日本だけではなく、海外にも骨伝導が大きく広がりつつある中、 私たちは「ひとりひとりを大切に」骨伝導の可能性をどこまでも、 より多くの方に貢献できるよう前進して参ります。どんな環境にあっても人間は「心」ひとつで必ず世界を変えていくことができると信じ……

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

製品の性能評価や学術的な裏付けを担保していくため、熊本大学や近畿大学、名古屋工業大学、名古屋市工業研究所等の大学や研究機関と連携を図りながら、製品の改良を進めております。現行商品に関しては、今後のニーズの高まりに備えて、振動素子の性能向上を図るべく新型振動素子の開発準備を進めています。加えて、今後の海外展開を見据え、知的財産対応についても強化し、具体的には、コピー商品の氾濫抑止を目的として中国、韓国での特許取得、並びに市場での類似商品との区別化を目的として、欧米での特許取得の取り組みを進めていきます。

自社の製品・技術一覧

イヤーソニックイン 詳しく見る

弱った鼓膜でも聞こえるように音を大きく鳴らすのは一般の補聴器。鼓膜ではなく耳の周辺の骨に直接振動を届けるのが骨伝導です。当商品は長時間使っても疲れにくく、音質がクリアで、キーンという不快な音がないのが特徴です。

*骨伝導イヤホン*
・イヤホン部がコンパクトかつ耳穴に引っかけるように装着するので奥まで押し込む必要がなく、圧迫感が苦手な方、耳穴の小さい方にもおすすめ。
・「骨伝導」なので、イヤホンユニットに空気穴がなく、防滴仕様。汗や水滴に強く、汚れても水拭きで清潔にご利用可能。

*集音器*
・ON/OFFがダイヤル式で簡単操作。
・高音域、低音域レベル調整ができ自分に合った音質調整が可能。
・単3電池1本で約100時間使用できる。
・ストラップタイプとクリップタイプが簡単取り換え可能。

<商品概要>
骨伝導イヤホン(防滴仕様)+集音器のセット
商品名:イヤーソニックイン(型番:GD-B-SB)
【骨伝導イヤホン】型式:ダイナミック型/ ドライバー:Φ10/ 感度:83±3dB/ 再生周波数帯:50Hz-10,000Hz/ 最大入力:125mW/ インピーダンス:8Ω/ 質量:15g(コード含む)/ コード長:1.2m
【集音器】基準周波数:50~10,000Hz/ 音圧レベル:96±3dB/ 消費電流:13mA以下/ 製品サイズ:幅40×奥行15×高さ68mm(本体)/ 集音可能範囲:約3~5m

表彰・評価・認可 等

表彰·メディア掲載

【表彰実績】
「阿吽」関西ものづくり新撰(2014)・「サウンドボーン」日経優秀製品・サービス賞 審査委員特別賞(2010)・「オーディオボーンアクア」インターナショナルCESイノベーションアワード入賞(2009)

【メディア記載】
2014/7/31電波新聞「近畿経済局 中小企業のものづくり支援」、2014/7/1産経新聞「キラリ中小の力」、2014/6/2日経MJ「骨伝導イヤホン小型化」、2014/2/23 読売新聞「時代をひらく」、 2013/3/29 東京新聞 「ほっとなび」、2014/1/10放映 テレビ大阪「newsBIZ」、2010/11/30放映 テレビ東京 「ワールドビジネスサテライト トレンドたまご」、2009/10/16放映 NHK「おはよう日本・まちかど情報室」

会社情報

企業名 ゴールデンダンス株式会社 (ゴールデンダンス カブシキガイシャ)
代表者氏名 代表取締役   中谷 明子
本社所在地 〒536-0001    大阪府 大阪市 城東区古市3-22-19
電話番号 06-4255-3030
FAX番号 06-4255-3036
設立年月日 2002年
資本金 7400万円
従業員数 6人
ホームページURL http://www.goldendance.co.jp/
主要取引先・実績(国内) 行政/ 日本放送協会、防衛省、東京消防庁、各消防署、各警察署、その他行政機関 他 企業販売先/ 豊田通商、関西電力、NEXCO、ピップ、宇都宮製作 他 店舗販売先/ ヨドバシカメラ、東急ハンズ 他 医工産連携/ 熊本大学、近畿大学、関西医科大学、大阪大学、大阪工業大学、大阪電気通信大学、広島市立大学 他

おすすめタグ 通信機器・部品

展示会出展情報

新価値創造展2014(第10回 中小企業総合展 東京 2014)
開催期間 2014-11-19 ~ 2014-11-21

7a0ad925e4acff9ca9277cdc37b9700b

経営革新に果敢に取り組む中小企業・ベンチャー企業が自ら製造、開発した新製品、サービス、技術等を一堂に会し展示することにより販路開拓、市場創出、業務提携といったビジネスマッチングを促進することを目的としています。今回 の「中小企業総合展 in Gift Show」では、厳選された優れた企業、製品、サービスが結集したブースであることを来場バイヤーに印象付けることができるよう、『SELECT』と題し開催します。 名 称:中小企業総合展 in Gift Show 日 時:2015年2月4日(水)~6日(金)     10:00~18:00(最終日は17時まで) 会 場:東京ビッグサイト     第79回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2015 内 出展者数:約100社(予定) ホームページ:http://shinkachi.smrj.go.jp

中小企業総合展 in KansaiおよびTokyo
新価値創造展2014 in Tokyo
第16回・第17回関西機械要素技術展
第10回危機管理産業展2014
建設技術展2014近畿
メッセナゴヤ2014

Hong Kong Electronics Fair(2012)
International CES(2009)