印刷用ページ
> Bloom Techonoloy 株式会社
健康食品販売と医薬品研究開発のベンチャー企業

Bloom Techonoloy 株式会社

熊本大学薬学部創薬研究センターの全面的なバックアップを受けてバイオ医薬品の開発、製造、販売を事業として2014年に創業したベンチャー企業。他の製品とひと味違った有効性の高い健康食品の販売を行うと同時に、家畜・動物そして人の受胎率を飛躍的に高める生殖細胞(卵子・受精卵)保存液などの開発、製造、販売に携わる。

企業の強み

弊社は、熊本大学や大手製薬会社との共同研究も行いながら、家畜・動物・人の受胎率向上システムの確立を図っている点に特徴があります、この受胎率向上システムは、1)よい卵子を効率よく測定し選別するキット、2)卵子や受精卵の生殖機能を保持する保存液、3)精子・卵子・受精卵を効率よく保存する機器、の3つのシステムからなり、具体的な開発を進めています。

事業内容

健康食品販売事業、医薬品・生細胞・動物用医薬品研究開発事業

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

会社情報

企業名 Bloom Techonoloy 株式会社 (ブルームテクノロジー カブシキガイシャ)
代表者氏名 代表取締役   齊藤 英樹
本社所在地 〒860-0812    熊本県 熊本市 中央区南熊本3-14-3
電話番号 096-375-5511
設立年月日 2014年
資本金 2870万円
従業員数 4人
ホームページURL http://www.bloom-technology.co.jp/